2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 故記 | トップページ | 戦場の匂い »

2016年1月 1日 (金)

ふみ

2014-1

 

私の日本戦国大名観
国家戦略なら織田信長、数段下げて豊臣秀吉
御家安泰なら徳川家康、上杉謙信
軍略家なら織田信長、伊達政宗(片倉重綱含む)
戦上手なら上杉謙信
外交巧者なら武田信玄

 

そして、器量人なら上杉景勝が至上。

 

( ̄▽ ̄) 御家安泰は日本の平和戦略かもしれんな。

 

こくをこくしてあひるにるいす【鵠を刻して鶩に類す】

 

韓国との付き合い方
•良いところだけ(人情面)だけ褒める。政治面はシカトスルーする
•軍事の人間だけに関係を密にする。
•ODAは一切しない
•門戸開放宣言:政治関連には相手にせず、信頼できる人間だけ商売する。政治に屈服する奴は相手にしない。基準は港湾関係の人間で内陸には敬遠せよ
•対馬に基地を設置する。弱腰丸腰とみなされるから付け上がってくるのを防ぐため。

 

  国防戦略

 

リゼンドル協定が最上の戦略なのだが。

 

その次善の策として

 

国民と政府の離間。文化事業で国家分裂させる。
台湾と軍事同盟: これにより大陸派アジアを海から牽制することで上海に圧力をかける。中国はこれを見過ごせないから朝鮮半島への援助はあてにならないだろう。 合肥からの圧力を益州を領土とすることで減退させる周瑜の戦略と同じである。
そのためにも対馬を強固な軍事基地とすべき。それも海津城のように三万四万ももてる軍事基地にすべきなのだ。

 

笑えるわ
1.http://blog.livedoor.jp/misopan_news/archives/51954402.html

 

目には目を歯には歯を

 

国家(政府)にはパワーバランスを、地域民には金と契約を、避難民には食事と教化を

 

もし欧州で戦争を防ぎたいならば中東、民族の小国家と義による同盟を結んで小さくても数のネットワークによるヒットアンドアウェイで対抗すべきだったのだ。

 

だから日本も中国、韓国、ロシアから守るには大東亜共栄圏を見習うべきだ。領邦国家でなく、台湾、東南アジアによる第三世界を作り上げる。そこから中韓露に手を出さず、志と夢と信義を有する人間に門戸を開いてそれを広げていくべきだ。

 

 国でなく人と付き合う。金より生活、生活より心(信義)による人間との同盟をこそ国家戦略とすべきなのだ。

« 故記 | トップページ | 戦場の匂い »

金甌論」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふみ:

« 故記 | トップページ | 戦場の匂い »