2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 兵録 | トップページ | 兵録 »

2016年2月 9日 (火)

兵録

軍機房2009-師走

1217
--コスト削減を他人に強制しながら、自分は贅沢三昧。これでは信用を失うのは当たり前。民主党は自らの給料をコスト削減する努力を行わなかった。民意を優先するなら、政治家の給料削減と議員削減をするものだ。
来年には民主党政権は吊るし上げかな。

 

--人間が国家レベルで間違いに気付くのに100年以上の歳月が必要になる。民族性が生まれるのは、三世代の継続した経験が必要になる。
 イギリスが海洋国家であることに気付くきっかけは百年戦争。実際には116年。この時の間違いからイギリスは大陸から距離を置いた。
 日本が朝鮮半島に主権を置いたのが1910年。日本人も人間だから、国家レベルで間違いに気付くなら2010年以後。日本の夜明けは2010年から始まることになる。ただし、さらに15年は必要だろう。私は見れないかもしれない。その時は変わりに見てもらえれば良い。

 

1222

 

「I'm still alive!」これは誰の名言だったですかね。●●の心境です。 思えば、チャコンコロの科挙の制度(官僚の選抜試験制度)を導入し続けていることが、日本の国家制度の失敗なのでしょう。国家公務員試験制度を廃止する勇気のある政治家がいないのは残念です。世界の公務員選抜制度を研究したいもの。

 

@@ コピペだってなんだって貼る!これを見た自衛隊の方が、友人に知らせようよ!ブログで書こうよ!

 

         ★★ 民主党3ヶ月の輝かしい実績 ★★

 

  [ 選挙前 ]                    [ 選挙後 ]

 

子供手当てを出します         → 財源は地方に負担させます
高速道路無料化します        → 鳩山の地元・北海道限定の無料化です
事業仕分けで9.1兆円のムダを削減 → 財務省の主導で6000億円むしり取りました 
埋蔵金を発掘して財源に充てます  → 埋蔵金はありませんでした
ムダを削減するので増税の必要なし → 健康を盾にタバコ税と酒税をアップしました
国家公務員の天下り根絶      → 郵政の3役に天下りのボスを配置しました
国家公務員の人件費2割削減   → 法案を再来年以降に先送りしました
暫定税率を廃止           →  名前だけ変えた新税を導入して帳尻を合わせます
赤字国債を抑制します        → 過去最大の国債発行をさせていただきます
クリーンな政治を            → 総理自身が億単位の脱税をしています
内需を拡大して景気回復      →  株安&円高 デフレ宣言
沖縄基地を国外移設させます    →  日米同盟よりも社民党との連立を優先します
法人税を減らします          →  不況のため断念します
官僚支配から脱却します       →  所信表明演説の作文でさえも官僚まかせです
年金制度は破綻しています     →  年金制度は破綻していません
年金記録照合:2年で完了します  →  4年かけても半分以下の処理が限界です

 

@@バックヤードの警備は不審者の侵入阻止と検品のためにあるのだ!品物や情報の盗難を防ぐために、、、顔パスで通ろうなんて慮外者以外の何者でもないのだangry。

 

> > メディアの民主党離れが始まった
> > それはまだまだなんとも言えないなwww
> マスゴミってのは少し接した事があるけど、畜生根性のクセに図に乗ってるwww自分たちがエライと思ってるんだなw

 

 だから逃げ始めたと見ています。潮の変わり目や季節の変わり目のように、大きく変わる前に逃げ支度を始めた段階でしょう。
後で逃げれば立場が悪くなる。しかし、今から少しずつ批判を強めれば誤魔化しが可能。視聴者に向けて、メディアは常に冷静な分析で中立だと言える様にしている。

 

1223

 

昭和23年12月23日0時1分6秒、巣鴨において騎士道の知らないカーボーイ占領軍が日本の勇士7名に対しA級戦犯と汚名を着せて死刑のボタンを押した。「黙祷!」

 

1224

 

純科学的に評価するとしても、その前提となる使用環境、兵器の常用状態、敵の対応手段・方法についての設定状況を抜きにして討議できない。その前提についてご意見を提示された上で議論に参加したい。レーザーについても同じです。一般的に兵器オタクと称される人々は、兵器を単品で評価され勝ちですが、陸軍では個人兵器でない限り、組み運用、部隊運用するのが原則。だから組み運用、部隊運用運用の平準的常用運用を設定しなければ、兵器の性能価値を評価できない。個体兵器を扱うとしても、マン活動を重視したマン・マシン・システムとしてとらえ、相手の対抗策も可能なかぎり複数手段の組み合わせ運用を含めて多様に考えなければならない。

« 兵録 | トップページ | 兵録 »

戦場の匂い 」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵録:

« 兵録 | トップページ | 兵録 »