2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 旧記 | トップページ | 旧記 »

2016年2月 3日 (水)

旧記

軍機房2009 

 

書いている人が違う。

★<サイコパス>の定義にこれほどあてはまる人物はない。
なおかつ、それを認識しているひとが少ない。。。

 

> 特徴 [編集]
良心の異常な欠如
他者に対する冷淡さや共感のなさ
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が全く無い
過大な自尊心で自己中心的
口達者で浅薄な魅力
(犯罪心理学者ロバート・D・ヘアの定義によるもの)

 

> サイコパス人間とナポレオンの人命の価値は同じですかね?

 

も一つ言うのを忘れとった(^o^)
たとえば閣下は、陸自で隊員を訓練、指揮し信頼と尊敬を受けた
日立でも仕事を通して会社と社員のために利益という価値を作り出した
退職後は、著作を通し多くの人たちを啓蒙し、周囲の人たちには温情を持って接し、尊敬を受けている
多くの人たちに利益与えている存在

 

サイコパスは社会に悪影響や実質的な被害を与えている
どちらが社会にとってよい存在なのかは自明www

 

ただ、それでも「価値」は相対的なのね(^o^;)
左巻きの狂信者たちからすれば、、、
「松村は軍国主義者で日本を戦争に巻き込もうとするテロリストだ~~~!」と見えることでしょう\(^o^)/
悪人に誹謗中傷されるのは善人の誇り!

 

ついしん・・・「価値」ってのをうるさく書いたけど、これに迷っているから、現代の文明はおかしくなっているのよwww
論文の最後に書いた「真・善・美は間違い」と書いたやつね、、、
デカルトやカントあたりがおかしくしたんじゃないの?
1足す1は2は真実だが、どう生かすかによって医学が進歩したり、原爆を発明して無辜の市民の上に落とすかは人間が決める事なんだ!
「真」は「価値」ではない!

 

日本軍の残虐のウソを書きまくって、戦後日本の世論をリードした国賊、朝日の浅海一男とその子分、本多勝一を支えた日本法曹界において、そのサポーターであった連中が最高裁判官になっている。国賊は処断すべし。20090826

 

 こんな大変な時期に「政権交代」なんて言っている奴らがどれだけバカか?麻生さんにしばらくやらせて、リーマンショック以来の景気の事とこのインフルエンザを無事にさせてから政権でも何でもやればいいのよ、、、

 

  本質はアメリカの巨大な核を含む軍事力の支援の中で、姑息に生き延びようとする穏便・無気力主義で同じ穴のムジナである。約60倍の外国国力に囲まれていたプロシャのフリードリッヒ大王は7年戦争を起こして苦戦しつつも、ついに列国から威信と尊厳を獲得し、ドイツの生みの親となった。日本も、もう穏便主義に別れを告げたいもの。「苦難挑戦党」が欲しいね。

 

 政治哲学者ジョン・ロックは「自然状態にある人間社会は牧歌的な平和」である。それ故政府は民衆を抑圧する可能性が高い(政府は敵性)から国民は政府権力を制限しようとした。彼は典型的な清教徒でアメリカ憲法の出発点となった。だから皮肉にも馬鹿な政治家を生んだ。ちなみに歴代米大統領で戦争を起こさなかったものは、たった3名である。
 トーマス・ホッブスは「自然状態にある人間社会は闘争状態」だから、強力かつ優れた統治機構が必要と考えた。欧州諸国の考え方である。 敗戦日本はアメリカ型を導入したが、実態は「お上」政治をおこなう矛盾政治である。今日、必要なのは「国民の第一の下僕は政治家(フリードリッヒ大王)」であり、フリードリッヒやナポレオンのような全権を持つ名宰相であろう。そのための日本型の宰相選抜システムを創造したいものである。少なくともスイス型が優れているようだ。

 

ミンス盗が「政経交代」を連呼しているあのCMを見ると腹が立つ!⇒あのCMを見ていて、どこかで覚えがあるような気がしたのだが、これは前回の2005年9月の総選挙における、小泉純一郎の「とにかく郵政民営化」「まず既存の仕組みを壊さないとダメ」という主張と基本的に同じである。
この小泉氏の論調は単純で覚えやすく、「もしかしたら何か変わるんじゃないか」というあまり根拠のない期待を持たせ、しまいにはマスコミの報道も巻き込んで「郵政民営化さえ実現すればすべてが解決する」という集団的錯覚を起こさせてしまった。
そんなに都合よく話が進むはずもなく、「結局何も変わらないじゃないか」という失望感だけが強く残ることになった。今回は自民党が大幅に議席を減らす見通しだが、これはこの失望感からの反動だろう。

« 旧記 | トップページ | 旧記 »

戦場の匂い 」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧記:

« 旧記 | トップページ | 旧記 »