2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 兵録 | トップページ | 兵録 »

2016年2月16日 (火)

兵録

2010軍機房6

snow 2010/10/01  八つの国力(^o^)

 

サミュエル・ハチントンの8つの国力のたてわけですね(^o^) 「人口」「産業・経済力」「軍事力」「政府の指導力」「国民の伝統的資質」「世論」「外交力」ですね、、、

 

「政府の指導力」「世論」「外交力」が心配ですのうwwwあの時のサッチャーさんは強かったwなにしろ「鉄の女」ですからw指導者というのは別に「優秀」である必要はない!
そんなのは優秀な官僚がいれば良いんだよ。ただ、人の「心」がわかる「大情熱」で「信念」の人であればいいんだ、いまの日本にはそれで十分だ、、。

 

平成の西郷どん、龍馬、勝海舟よ!出でよ!

 

snow 2010/10/02 渋谷のデモに行ってきた(^o^)
代々木公園の「尖閣諸島は日本の領土だ!チャンコロ死ね」集会、デモに行ってきたよ(^o^) 田母神閣下も演説していたよwww1時間の集会、1時間のデモで渋谷を練り歩いたwたまに列の外に出て、人数を見たり写真を撮ったが軽く2000人以上はいた、、、
六本木のフリチベデモが1500人だったから、そんなもんじゃないw楽に倍はいたよ、、、
集会の時に発表2000人だったが、その後わらわら増えていったし、通行人が拍手をしていたりする、、、外人たちもやたら写真に撮っていた。
 何しろ日の丸が何百本も林立して「尖閣諸島を守るぞ!日本人は戦うぞ!」と拡声器とシュプレヒコールをあげながら、数百mもの隊列を作っているのだから、、、4列縦隊で一個団100列はあった、、、それが5、6個あるんだから、、、50人のチャンコロが日本の領事館前でデモをやって各局がシナ人が怒りまくっているかのように歪曲した工作報道をしている。そんなものと規模が違う、、、
 最後は、NHKの前だからwww「NHK解体!NHK解体!」と大騒ぎwww
警備員なんか2つのスタジオ前に6名ずつしかいない、100人ずつで突入したら朝のニュースから報道できないだろうなwww

 

 チャンコロの動員されたデモ、ペテンオリンピックの応援と違って、みんな東京都周辺から自腹で自発的に3000人集まったのだ!

 

 何でも実際に見てみないとわからないものだ(^o^) ネット世代が台頭してきて、マスゴミなどと言うもんは過去のものになりつつあるのがよくわかるよwww

 

snow 2010/10/06   「守れ!我が領土、国民決起集会」に行ってきたよ(^o^)

 

 文京区区民センターの「国民決起集会」に行ってきたよ(^o^)比較的年配の方が多かったかな?500人以上来て、立ち見で満員だった。

 

 印象に残った話を少し書いてみる。最初に登壇した山谷えり子議員は「竹島の1km先で韓国がボーリングしている」と訴えていた、自衛隊さんがさっさと奪還すればいいのにね~。自衛隊の軍事力というのは核を除けば東アジアで最強なんだぜ?

 

 ミンスの長尾という議員も来ていて「これからどのように動けばいいかよくわからない」などとぬかすのでw大きな声で「ミンスやめりゃいいじゃん」と言ってやったwww
あちこちから笑いがでたwみんなもやじりだしたので「くやしいです」とか言いながら演壇を下りたw菅ガンスに頭突きでもくれてやって離党すればいいのにね~。沖縄選出の下地さんも来ていた。

 

 ミンス、菅ガンス政権を打倒しろ!と言う熱気があるのだが「自民がだらしなかったからだろ!」と言う意見も大勢を占めていた、みんな、議員の演説中に好き勝手なことをバンバン言うwww

 

 平松氏という防衛研究所の元室長が「みんな尖閣、尖閣と言うけど、それよりも石油リグは東シナ海の中心にある、そちらの方が軍事的に危険だ」と地政学的なことを言われたいた。山東、上海、海南の艦隊がそこを基点として大東諸島を制していると、、、

 

 元空将の佐藤氏はおもしろおかしく時間の関係で10分にしろというので資料はお見せできませんがと言いいながら、軍事的なお話をされた。首になってから14年、作戦を練りに練ったそうだが、与那国に陸自一個中隊、下地に一個飛行隊、石垣に海自のミサイル艇を置けば大丈夫と言われていた。西村元議員は、よく言えばおおらか、悪く言えば抜け作wでも、貫禄のある人だった

 

拓大の宮崎教授はおもしろくシナ人の本質について語られた。「日本人はいい人と悪い人がいるでしょう?中国人ってのは悪い人ともっと悪いやつしかいないw」 「彼らは風呂敷を広げるけど、それを包む能力に欠けている、今回はどうするか私は見物してみようw」
「日本の技術者がみんな引き上げたら、連中は何も作れない、それに引き替え、中国から輸入しないといけないものは、、、レアアースなんて一年分も備蓄があるから、他の国にすればいい、その他はね~、、、割り箸と備長炭かな?」と会場を笑わせていた。

 

最後に決議案が発表された。
最初の部分は略
一、尖閣諸島はじめ重要な離島には自衛隊を配備する
一、領土、領海が侵犯された場合には自衛隊が軍事力を行使できるように法整備を急ぐ
一、集団的自衛権の行使を認め、日米同盟を強化する
一、中国の核戦力に対応するために核武装の検討を早急に始める
右、決議する
平成二十二年十月五日
第四回「守れ!我が領土」国民決起集会

 

snow 2010/10/10  父も祖父も、曾祖父も\(^o^)/

 

昨日、今日と「菊と龍」相良俊輔著を読み返した、、、。北九州の出身の「菊兵団」「龍兵団」の北ビルマでの敢闘を描いたドキュメンタリーだ。蒋介石をして「拉猛、ミートキーナの日本軍を範とせよ!」と言わしめ、それを傍受した将兵たちが「こりゃ逆感状だw」と言ったほどの戦いだったのだ!辻参謀が「15対1」という著作で書いてあるほどの戦力差で、最後まで戦い抜き、玉砕した。

 

 あとがきで著者はこう書いている「私は『菊』と『龍』を美化したり英雄化するつもりはない、いわんや、かつての帝国陸軍への郷愁でもない、『菊』と『龍』の歴史は日本民族の血の歴史であり、魂の慟哭でもあるのだ」と、、、

 

 ずいぶんと前、イスタンブールの軍事博物館に行った時、軍楽隊のCDを買った、その演奏は、毎日1400から行われている、おれはそれが大好きで、いままでイスタンブールには4度行ったが、7回くらい見に行ったwww日本に帰っても一日中そのCDをかけたりしていた、、、

 

 その中で好きな曲があったので、トルコ語辞典を買ってきて訳してみたwwwいま辞典も、その歌詞カードもないので記憶の彼方にある、しかもポケット辞典(7000円もした!)なので語尾の変化などがあるとわからなくなるのだが、こんな感じだったw

 

トルコ民族は偉大な民族
トルコ民族は強い民族
トルコ民族は勇敢に戦った

 

父も祖父も、曾祖父も♪

 

でもいまの日本人にできるかな>できるかな???

 

これの繰り返しなんだなwww

 

大和民族も同じだわい!その勇武を断絶させてはいけない\(^o^)/

 

尖閣に陸自を配備すべきかどうか?(^o^)

 

coldsweats02 2010/10/14 そりゃー尖閣諸島に配備できればよいのだが

 

 下地島に米軍共同訓練用の基地をつくって与那国島に官民共用の同等施設と陸自の兵站、支援部隊、海自の基地もつくったうえで機会をみてやるしかないかな。碁詰めで段階的にしかし速度は必要だがやろうとすればできる。韓国のようにわめいたあげく部隊をはりつけるのは相手が日本だから可能にさせている。竹島の韓国部隊のようなはりつけ方は伊予さまがいうようにシナ相手では足をすくわれる可能性が高い。政治家連中の発想は竹島のそれと同じだから不確定要素があろうとも軍事的要件をきちんと踏まえてかんがえぬいておかなければならない。それが今の保守議員にもできてないし日本国民もおなじと思うよ。あとひとつはいくら自衛隊がちゃんとやろうとしても命令する政府が継戦する場合犠牲に動じない強固な信念と意志がなければ、なにもできないよ。今回程度でこのざまでは日本民族はどこにいったの?みたいではありませんかね

 

note 1
 尖閣諸島で一番大きい魚釣島でも面積は3.82 km2、東西に細長い島で、だいたい山手線の原宿-渋谷の線路沿い地域くらいの広さしかありません。硫黄島の面積が23.16 km2だから、本当に小さい島ということです。しかも最高部は標高362 mとかなり高く、島全体が崖の塊のようなものです。飛行場や港は作れそうにありません(最先端の技術で、膨大な時間と費用を掛ければ作れるかもしれませんが、現実的ではないでしょう)。
 鰹節工場があった時には、280人くらいの住民がいたらしいので、一個中隊くらいは無理すれば(大変な補給の手間を掛ければ)駐屯できるでしょうが、ここから出撃して何かできるかというと、???です。だって船舶とか航空機とかまともに使えませんからね。
 むしろ無人のレーダー観測基地とかにしておいて、石垣島とかの海上保安庁の巡視艇基地を増強し、不法操業船を片っ端から拿捕した方がよいでしょう。もしレーダー基地を不法占拠されたら、伊予さんの言うように海上封鎖して兵糧攻め。そのくらいだったら、今の自衛隊でも十分できるでしょう。

 

snow2010/10/15
 沖縄の司令だった佐藤元空将が「守れ我が領土!国民決起集会」でこう言ってたよ(^o^)
「与那国に陸自1個中隊」「下地に1個飛行隊、ハーフでも良いよ」「石垣に海自のミサイル艇」と言ってましたよwww

 

 ただ、漁船を擬した工作船がたくさん来て、漁民のまねをした軍人が尖閣で好き放題しますよwwwだから、陸自の人が駐屯していた方が良いのです。そして、掘っ立て小屋に住むよりは、30mくらいは穴掘って、コンクリで固めた陣地を作って、食料弾薬を貯蔵していれば良いんですよ、、一個中隊どころか1個小隊でも良い、チャンコロが上陸できなければいい、、、

 

 いないと、漁船で乗り付けて上陸するよ?それをミサイルでいきなり吹っ飛ばしたり出来ないよ?だから、実行支配していないとダメなのです、、、

 

new 2010/10/15
とりあえず無人のミサイルレーダー基地みたいな感じにして、駐屯可能な最低限の施設を作り、後は近辺の島に機動揚陸艇を揃えるとか・・

 

 不審(魚)船は片っ端から拿捕して、「今度は返しませんよ」ぐらいの確固たる意思を政府が見せたらいいのかもしれませんが。

 

eye 2010/10/15 鼻っ柱をとっ捕まえて、股間を蹴り上げろ
1.尖閣諸島を中共海軍を拘束するための不沈戦闘艦として位置づける
2.可能であればそのまま陣地防御、不利になりそうであれば撤退が可能な宿営地付き陣地を構築する
3.緊要地形である尖閣に押し寄せてきた中共海軍を陸軍部隊が拘束している間に、海軍機動部隊が側面から打撃する

 

ということを思いつきました。基本的に尖閣諸島は基地というよりも陣地として考えております。また、尖閣に陣地を構えるのは「敵に取らせるために我が取る」という考えに基づいています。緊要地形は敵にとらせて敵の機動を鈍らせることに本質があるとのことですので、そのための誘いとしてこちらが先取するということです。

 

 またこうしておけば、実効支配をしているものは誰かということを世界に知らしめることができますし、中国が尖閣に乗り込んできた場合、中国に「侵略者」のレッテルを張って国際的に孤立させることができると思います。

 

slate2010/10/15 実効支配の概念
陸戦と海戦では実効支配の概念が異なる。陸戦では地上部隊が土地を占有可能。しかし、海戦は決戦しかない。海では艦隊が主役。空母艦隊の管制能力が戦域を支配する。力を継続的に投射するのが海の実効支配。陸戦の概念は海戦には使えない。

 

snow2010/10/15 なぜ海戦は陸地の近くで行われるか?(^o^)
海戦というものは陸戦のためにあるからですよ(^o^) アルバカーキ提督が艦隊とは、戦闘艦隊と補給船団、それに海兵隊から成り立っていると言われたけどwww全くその通りだ、、、

 

 また、例えばニューギニアやルソン島のような大きな島嶼じゃ、大陸における陸戦と変わらないwそれを大陸国家、海洋国家という一つの理論で考えることは出来ないよ、、、

 

 沖縄戦の時、アメ公の大艦隊が沖縄を囲んだ、しかし、菊水作戦によって恐ろしいほどの被害を受けた、泊地としていた慶良間諸島が損傷艦でいっぱいになるし、陸上戦でも被害が甚大で、持ちこたえられるかどうか不安があり、一時引き上げて軍を再編成して、攻略すべきとの意見が出たくらいだ

 

いまのシナとシナ海軍がそんなことが出来るわけがない!尖閣を無人島にしておくのはバカげているし、陸自一個小隊でも駐屯させるなら、掘っ立て小屋に住まわせることは、さらにばかげている、、、金門島の戦いを見よ!対岸からのあの猛砲撃に耐えられたのは、陣地を要塞化していたからだ\(^o^)/

 

crying 2010/10/15
>また、例えばニューギニアやルソン島のような大きな島嶼じゃ、大陸における陸戦と変わらないw

 

 この考え方で前の戦争で敗北した。大陸国家の概念で考えている。しかも地政学を無視している。地域の環境と地形を無視した結果が将兵の餓死と病死。アメリカはニューギニアやルソン島のジャングルを海と認識した。ジャングルの環境が陸戦の概念ではないことをアメリカは知っていた。

 

金門島は大陸国家同士の戦闘。海洋国家と大陸国家の戦闘から見るべき。しかも地域の環境を見なければならない。閣下はこのことを重視していた。

 

snow 2010/10/15 一つの理論では説明できないよ(^o^)
マッカーサーはラバウルを無視した、なぜなら陣地化され、10万の将兵が畑を作っていたからwww制空権、制海権なんかアメ公が握っていたけど、上陸して戦ったらとんでもない損害を受けるのがわかっていたから、、、

 

 ルソンなんかも山下閣下は自信を持っていた、しかしバカ大本営がレイテ決戦なんて言い出したから、大切な師団を引き抜かれ海没させられた、それでせっかく築いた陣地を捨てて山に籠もる事になった、、、。沖縄だって、せっかくの師団を台湾に引き抜いた。陸上側が持久戦をとっても、海上の上陸側は持久戦が出来ないよwww島嶼の戦いというのは持久戦なんだよ?船団を半年も水上に浮かべられるわけがない、、、。かならず母港に帰らないといけない(^o^)

 

それと台湾が大陸国家かね?変なこと言うなぁ、、台湾軍は内陸部に攻めていくつもりも力もないよwww

 

new2010/10/15
我々は海洋国家の理論で行動しますが、中国は大陸国家の考え方で行動します。ですので相手は必ずしも海洋国家の理論どおりに動くとは思えません。相手の作戦には大陸国家としての考えが強くにじみ出てくると思います。

 

 そうであればそれを逆手にとって、陸地の占有=尖閣諸島の占領を目指してくる中国を刺激するための誘いとして我々が先手を打って尖閣に陸軍部隊を派遣し、陣地構築を始めるべきだと思います。そうすれば土地の占有が第一の中国にとっては看過できない事態となるでしょう。これによって中国の迂闊な開戦を誘うことができると思います。

 

 また、ミッドウェー海戦のときはミッドウェー島にアメリカ軍の航空隊がいたために、日本海軍機動部隊は注意が逸れてしまいました。これと同様の失敗を今度は中国に強要してやることができるのではないかと思います。

 

 尖閣諸島は航空機は無理みたいですが、今の時代は地対艦ミサイルというモノがありますので地下にサイロを掘って火力攻撃のプラットフォームにすることができるのではないかと思います。鈍重な中国の戦闘艦では回避行動が遅れるため命中もかなり期待できるのではないでしょうか?

 

slate 2010/10/16
>我々は海洋国家の理論で行動しますが、中国は大陸国家の考え方で行動します。ですので相手は必ずしも海洋国家の理論どおりに動くとは思えません。相手の作戦には大陸国家としての考えが強くにじみ出てくると思います。

 

 大陸国家は海でも面の感覚で行動する。だから海も独占しようと考える。これが原因で海に出ると失敗する。大陸国家は海に出せ、だから島嶼はエサに出来る。

 

snow 22
青山公園の集会、デモに行ってきたぞ(^o^) 狭い公園で、概数を数えたが3000人はいた。主催者発表で3200人だとさ、、、

 

 デモが始まった、おいらは旗も持ってないけど、第一梯団の10列目にいた。デモは黙々と進む、多くに人たちの拍手と、通行人たちの参加を受け入れながら!

 

いきなり前が騒がしくなる「え?何だ?」というと、「シナ人の座り込み!2人よ!」と前のおばちゃん、、。おれは先頭にいたからその騒動を知っている、、。日本人たちが押さえ込んであとは警察が連れて行った。小さな公園に到着、田母神閣下が登壇!小さな滑り台にねwww靴がおれの目の前だwwwさて、これから本番だ!チャンコロの大使館だ!

 

ところがだよ(^o^;)

 

 そのあとがひどかった、警察は大使館の前に5人ずつしか誘導せず20秒くらい「はんた~い!」と言わせたら「後が詰まってますから」と追いやり、詰まってるくせに、1分くらい足止めをさせて次の5人を荷物チェックして大使館前に誘導する。3500人はいただろう、、、
 問題を起こさせないため、デモ隊が解散するようにじらしているのだな、、、おれは第一梯団にいて、全部見ていた、、、「チャンコロは日本から出て行け」とほんの少し怒鳴ったら、チャンコロ大使館の上の方の階でチャンコロの女がニヤニヤしながらビデオで撮影していた。挑発しているんだな、、、
 そのあと、待っているデモ隊を逆にたどりながら「こんな事でデモと言えるのか!警察は5人ごと大使館前に誘導して10秒ものを言わせて追い払っている!これはどこの国の警察だ!」と訴えてまわった、、、警察がおれを囲んで「ここでそれを言わないで下さいよ」と言うがwwwおれは長野でも刑事に「まぁ、ここは穏便に」と言われた人間だwww
 第7梯団まで訴えてまわったが、まだ列は続く。彼らは六本木の街で2時間も3時間も待たされるだろう、、、それが腐った上から命令を受けた警察のやり口なんだな~

 

おれはとっくの昔に返っていっぱいやっているが、、デモはこれからも連続して起こるだろうな~(^o^;)さて、ネットでこれからどうなるかな?(^o^)

 

fullmoon2010/10/17
お疲れ様でした。

 

>そのあとがひどかった、警察は大使館の前に5人ずつしか誘導せず
>20秒くらい「はんた~い!」と言わせたら「後が詰まってますから」と追いやり、
>詰まってるくせに、1分くらい足止めをさせて次の5人を荷物チェックして大使館前に誘導する

 

 これは支那側が決めたルールでしょうし、五人ずつにして写真を撮って面割りをするためでしょう。目立った方は特にデモの後は尾行に注意する必要があると思います。

 

 唯々諾々と支那側の要求通りにせざるをえない?警察って?まさか進んでということはないでしょうね?何かが、どこかが、完全にオカシイ!

 

 関連して、ご参考までに。

 

インチキシナ人、中国共産党への警告nikaidou.com
http://www.nikaidou.com/archives/6623 
>そして日本を甘く見るなとのメッセージを込めています。
>このすぐ対岸が台湾の小金門島です。
 昔はその距離8kmでしたが、今は埋め立てて6kmです。

 

snow けんりょくとのたたかい(^o^)

 

>これは支那側が決めたルールでしょうし、五人ずつにして写真を撮って面割りをするためでしょう。
 目立った方は特にデモの後は尾行に注意する必要があると思います。

 

尾行がどうだとか、訓練受けてないシロウトが何してもだめよ(^o^) おいらは以前、閣下に同行して、ある人物と会った。おいらが話に飽きているので、閣下は「もう官僚に会う時間じゃないの?」とそいつと子分を引き上げさせたwまったくお笑いのハッタリ野郎だったwww

 

「しろさん茶でも飲もうよ」と閣下とホテルのロビーで茶を飲みながら北チョンの話をしたwww

 

その後、「あいつはどうなったですか?」と閣下に聞くと、「あ~官僚の講演会に行ったみたいね、そこまでは確認が取れた」と、、、尾行がちゃんとついていたんだよwww山梨県からね、、、

 

昨日も地下鉄に乗るだろう、発車寸前にポイと降りるw一ブロックを3回曲がる、ついてきた奴は間違いなく尾行者だwwwそんな知識くらいある、ためしにやってみたがそんな「私は尾行者であります!」なんているわけがないw

 

国家権力が人を陥れようとして勝てる個人なんかいない!必ず籠絡される、で、牢屋に入って家族がめちゃくちゃにされ、場合によって命と引き替えに「信念を曲げよ」と言われた時に\(^o^)/ヤナコッタイ!と言えるものが勝者なのだよ、、、

 

note  官製デモ
以前の書き込みで「反日デモは北京政府主導ではないか」としましたが、やはりそのようです。

 

「反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織-香港紙」
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010101700087

 

今日の夜も四川省での新たなデモの映像が流れていますが、確かに行列に並んでいるのは大学生くらいの年代ばかり。「一部の大衆が日本側の誤った言動に義憤を表明した」という。中国政府外務省スポークスマンのコメントは確かに信憑性が低いですよ。皆さんもデモの映像見て不自然な点を探しましょう。

 

fullmoon 2010/10/19 メキシコ湾石油流失の影響拡大
メキシコ湾の事件の影響は、色々言われていましたが、下記をご覧ください。備蓄や防寒の必要性が顕著になって来ているようです。

 

★備えあれば憂いなし★

 

>これからの冬、イギリスや北欧はじめ、ヨーロッパ大陸は大変 なことになります。

 

>高緯度の北海道などでオーロラが見れるようになったら要注意。メキシコ湾流の異変は全世界に波及するからです。少しで も暖かい本州に「いつでも住める手配」ができるようにしておいたほうがいいかもしれません。

 

2010/10/19
軍事学、地政学的視点から愚考しますと、兵士、武器や食料、核攻撃準備など、いわゆる兵坦の動きは、お金の流れに投影されます。ご存じかと思いますが、日本でも、地下鉄サリン事件の前後、異常に株価が変動した会社があります。なお、アメリカが中国マネーで占領されつつありますが「中国の国家ファンドの脅威 古森義久 | 杜父魚文庫ブログ」で簡潔に書かれてあります。

 

そして、英語が読める方はご存じだと思いますが、暖流の北大西洋海流が、その流れを止めつつあります。これは大変な事件なのですが、相変わらず、日本ではまったく報道されておりません。

 

すでにイギリスやノルウェー沖の海流は消滅しております。これからの冬、イギリスや北欧はじめ、ヨーロッパ大陸は大変なことになります。原因は、メキシコ湾で爆発したイギリスBPより流出した石油を抑えるために使われた科学薬品の可能性が高いようです。そのため、メキシコ湾の熱塩循環が失われてしまった恐れがある。

 

ちなみにメキシコ湾で爆発したBPの掘削装置のシステムもシーメンス製です。シーメンスといえば、stuxnetウィルスの感染事件ですが、このスタクスネット・ウィルスは、国家ファンド、つまり各国中央銀行クラスの資金がなければ、開発できないウィルスだと言われております…

 

なお、今回、海流の失われたノルウェーといえば、世界中の植物の種子を保存する銀行がありますが、なぜ、ノルウェーなのでしょうか…いずれにせよ「見えない戦争」に生き残るためには、虫の目ではなく、鳥の目で判断する必要が増えてきている感じがしております。

 

なお、海流の異変ですが、平行して異常気象が多発します。たとえば、高緯度の北海道などでオーロラが見れるようになったら要注意。メキシコ湾流の異変は全世界に波及するからです。少しでも暖かい本州に「いつでも住める手配」ができるようにしておいたほうがいいかもしれません。ああ、北海道は民主党の支持者が多いから、荒井聡国家戦略相あたりがなんとかしてくれるでしょうなあ…

 

冗談はさておき、クラウゼヴィッツいわく「平和とは戦争までの準備期間」が世界の現実。
恐ろしい格言ですが、現実から逃げてはいけないと思います。しかし、マネーパワーでアメリカを占領しつつある中国も、ダムが決壊すると、まず、上海が壊滅しますが、戦術核なみの被害をもたらすと言われております。以上、少し挙げただけでも、偶然にしては色々重なりすぎですね…

 

new 2010/10/20 実効支配の概念パートⅡ
>大陸国家は海でも面の感覚で行動する。だから海も独占しようと考える。これが原因で海に出ると失敗する。大陸国家は海に出せ、だから島嶼はエサに出来る。

 

 ということであれば、陣地を作るだけでなく、対艦ミサイルを配備して島自体をトーチカのような火点にしてはどうかと思いますが、みなさん如何お考えでしょうか?

 

 敵を誘いだすだけでなく、拘束してこそ海軍がより有効に打撃できると思うのですが。
また、大陸国家の軍艦は鈍重ですので、ミサイルである程度撃破できるのではないでしょうか?

 

note 6

 

>ということであれば、陣地を作るだけでなく、対艦ミサイルを配備して島自体をトーチカのような火点にしてはどうかと思いますが、みなさん如何お考えでしょうか?

 

 地対艦ミサイルは、車両に積んで移動ができないとあまり意味がありません。なぜなら固定陣地で場所を特定されると、ミサイル攻撃の格好の標的にされてしまうからです。
尖閣諸島で一番大きい魚釣島でも面積は4キロ平方足らず、しかも平地はわずかなので、防衛陣地の一部をミサイル攻撃で破壊して、地対艦ミサイルが発射できなくすることは容易でしょう。パトリオットのような地対空ミサイルで迎撃しようにも、尖閣諸島は他の島々から数十キロ離れているため、基地間の相互支援による防衛は難しそうです。
 対艦のミサイル攻撃を考えるのであれば、自由に移動できる潜水艦とに搭載する方が懸命です。フォークランド紛争の時にイギリス軍艦船を苦しめたエグゾセミサイルも、航空機に搭載した空対艦ミサイルですよ。

 

snow 2010/10/22 そんな紛争を起こさせないために駐兵するのだw(^o^)

 

自衛隊が駐屯すれば、チャンコロの工作員は上陸できないwwwただ、掘っ立て小屋に住まわせると、艦砲やミサイルで粉砕されてしまうので、要塞化するのだ(^o^)それで十分だと思いますよ、、、

 

new 2010/10/24  尖閣要塞化について

 

 要塞化するのは人員がやられないようにするためであって、対艦ミサイルの防護ではない(防護できない)ということですね。

 

 中国が来なければそれでよし、よしんば襲撃してきてもさっさと脱出してその間に敵艦隊を海と空から叩くということになりますね。「目標は制海権の奪取、目的は中国内戦」であれば、中国から挑ませておいて、それを迎え撃って相手をボロ負けさせることで中国共産党の面子をつぶすことができますね。

 

coldsweats02 2010/10/30 僕はイーグル

 

尖閣ビデオでカットされたのは多分中国漁船に乗り込んで逆にらちされそうになったので海に飛び込んで難を逃れた海保隊員をもりでついてなますにしようとした連中の悪行のシーンだとおもいますよ。。

 

これがようつべで全世界にながれたら壮観だろうなーー

 

 町工場の親方さまに教えていただいた夏見正隆の僕はイーグル、まだ①ですがよみました。
 すごい感激!組織の上の連中の道徳的、人間的頽廃;いまの日本いやもっと酷い状態を徹底的に描いてくれてます。ここででもぞっとしたのはそこに登場する腐ったやつらが
カリカチュアとして書かれていた、とおもったのだが戯画ではなくてまさにそのままの姿ではないのかと。。。時代はさらに悪化してますね。S2000がでたころの月刀さんのころではない。

 

不審船に銃撃して撃沈、晒し者にしたようなことは仙谷だったら銃撃禁止、にがすでしょうから。このような政権の存続を日本国民は絶対にゆるしてはならない!!

 

coldsweats02 上陸軍のちがい

 

飛行場はなくとも地下迷路をうまく構築して硫黄島とおなじにやれば米軍マリーンとちゃんころ上陸軍の違いが全世界にあきらかになるじゃん??

 

\(^o^)/ 2010/11/06 デモに行ってきたよ(^o^)

 

行ってきたぞ(^o^) 今回も第一梯団の先頭にいたwスタッフなのか草莽崛起と書いてあるウインドブレーカーを着たお姉ちゃんとお話しながら旗を持つ。「あ!あなた、この間の人でしょ」とおばちゃんが話しかけてくる。おれが各悌団を回って「大使館の前で荷物チェックして5人ずつだぞ!これのどこがデモだ!どこの国の警察だ!」と怒鳴って回ったのを憶えていたのだ、、、

 

もう一本旗を持ってくれと何たら議員の旗が来たので「おい、おっちゃん、あんた持ってくれ」と前のおっちゃんに頼んだら「あんた誰なんだ?議員か?」などとぬかしやがるw「おれは田母神のマネージャーだ、これ以上何を持てというのだ」と肩掛けかばんに手ぶらのクセにえらそうだwww俺はあんまり言いたくなかったが、わざと大きな声で「田母神閣下に聞いてみろ、おれは松村陸将補によくしてもらった者だ、議員なんてのは権威とか権力で人を判断するんだよな~」と言ってみた。すると、前を歩いていた年配の議員が、若手の議員を呼んでおいらの持ってる旗の1本を手渡した、、、議員だろうが、首相だろうが、庶民と何が違うというのだ?おれはそんなの嫌いなんだwww

 

なんだかんだで1時間歩いた「長野は酷かったんだよな」と隣のお姉ちゃんに話をしてると、前の列の議員が「私も行ったんだよ、頭はたかれちゃったよ、あの時はひどかったよね」と話しかけてきたwww

 

その後、交通会館前で街宣があるといっていたが、さっさと帰って今家で飲んでるwwwスタッフに「今日は何人?」と聞くと4000人くらいじゃないですかと言っていた。1万人行かなかったか(^o^)チョトザンネン、、、

 

「勝利を決めた名将たちの伝説的戦術」

 

fullmoon 2010/11/08 尖閣偵察飛行映像
http://www.youtube.com/watch?v=z-YbqSXke1g&feature=player_embedded#!

 

大阪の八尾飛行場でセスナ機を借り、八尾ー那覇ー尖閣と22時間を掛けての偵察飛行とのことです。尖閣の実像がわかる素晴らしい映像です。

 

飛行した方は、世界で一機だけ現役で飛行する零戦を保有する、ロサンゼルス近郊、CHINO飛行場のテナントのオーナーで、パイロット養成の教官だそうです。若いときから小型機で世界を飛び回っているユニークな人物で、意気に感じる熱血漢とのことです。

 

fullmoon 2010/11/09 6枚目と7枚目をご覧ください。

 

http://jp.reuters.com/news/pictures/cslideshow?sj=2010092884254-2165-JP.js&sn

 

「これからの陸戦戦術」という富士学校機甲科部の教本の最後の頁にはこう書いてある
「虎は、夜間獲物を待ち伏せする。ライオンは、雌で待ち伏せし雄が獲物を追い込む。豹は、獲物が徒労するまで機動追撃する」

 

snow 2010/11/13 横浜のデモにいってきたよ\(^o^)/
横浜に行ってきたぞ\(^o^)/このあいだのデモで一緒だった議員から、「あなたニコ動で『現場を報告する謎の男』と出てますよ」なんて言われたwwwたしかに、くっついて撮ってる奴がいたのうw

 

 なんだか隣はモンゴル人2人だ。「モンゴル自治区はシナ人はいっぱいいますか?」と聞くと少しいやな感じで「日本にもいっぱいいるでしょう」と言ってた、、、。ペマギャルポ氏が著作の中で「内モンゴルはシナ人だらけでもうダメだろう」と書いていたのを思い出した。
「お国ではデモはやれるんですか?」と厚かましく聞くと「無理ですよ」と苦笑いをしながら答えた、、、
 何でも知らないことは聞くことだよ、、、。1時間テケテケ歩く、多くの人たちが手を振ってくれる、もうね、みんな怒ってるんだ。日本人が立ち上がっても暴動にはならない、江戸時代の一揆や打ち壊しを調べてみwww世界中でこんなに統制の取れた集団行動はないよ
毎週、何千人規模でデモをやってる、こんな事が戦後、あったのか?動員されてるわけではない!勝手に集まって、自腹で来てるんだぞ?
 公園で第5梯団まで拍手で迎えた、3000人という発表だった。「みなさんお疲れ様でした!」と解散したので、公園をあとにした。すると、「君が代は千代に八千代に♪」と背後から君が代の大合唱!思わず振り返って敬礼をしたよ、、、日本人は立ち上がったんだよ(^o^)

 

fullmoon 2010/11/14 東京急行
ミンスには早く消えてもらいたいですね。。

 

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101113/erp1011130021000-n1.htm
ロシア爆撃機を自衛隊機などが追尾。 インタファクス通信によると、ロシア国防省は12日、ロシア空軍の長距離戦略爆撃機「ツポレフ95MS」4機が同日、太平洋と北極海の上空を哨戒飛行し、日本の自衛隊と韓国軍、ノルウェー軍の戦闘機計10機の追尾を受けたことを明らかにした。

 

 飛行は空中で給油を受けながら計約15時間にわたって公海上で行われ、領空侵犯はしていないとしている。(共同)

 

ミンス政権下の航路(ーー;)早く倒閣しないと。。
http://www.mod.go.jp/jso/press2010/press_pdf/p20101112.pdf

 

snow2010/11/14 デモで日本は変わるか?(^o^)
おいらは何で各地のデモに出てまわっているか?それは、おれが大声で叫んでどうなると考えてる訳じゃないwどれくらい集まるだろう?どんな人たちだろう?どういう雰囲気だろう?それを見たいから行ってるんだよwww

 

「雑魚は歌い雑魚は踊る。けれど、誰が知ろう、百尺下の水の心を。水の深さを」と吉川英治が宮本武蔵で書いてる。今回のデモというのは庶民が始めたものだ、誰も動員せず、弁当代どころか旅費すら出ない、自腹で集まってきたのだ!「百尺下の水の心」はここにあるのだ、、、

 

汚ジャワがどうした、ルピ山がどうしたというのは、雑魚が踊り歌っているだけだよwww

 

ノンポリと言う言葉があったように、全共闘世代なんてえらそうに言うけど、動員されてただけじゃないかwwwチャンコロのデモなんか官製だろ?

 

そんなんじゃないんだ!心ある人たちのデモなんだ、しかも、暴動にならず粛々と進む、、、江戸時代以来の法に則った「一揆」なのだ!役人は頭を下げて、訴えを承るがいい!江戸時代はそうしていたのだwww

 

coldsweats02 2010/11/16 民主党篠原議員のブログより転載

 

> 10月22日(金)、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる議論がかまびすしくなる中、私は、慌ただしい日程の合間を縫って西伊豆の松崎町で開催された第16回全国棚田(千枚田)サミットに出席した。この棚田サミットは、最初、高知県の檮原で開催された。1995年、今から16年前のことである。高度経済成長時代、米余りが深刻化する中で、全国あちこちで水田が耕されなくなり、遊休農地化していった。なかでも大規模化が進まず、機械化なども考えられない棚田が真っ先に捨てられた。そうした事態に胸を痛めた方々が、全国棚田(千枚田)連絡協議会をつくり、それが棚田サミットにつながっている。

 

>(ふるきゃらとの縁で棚田学会理事)
 そういう心ある人たちの中に、「ふるさときゃらばん(ふるきゃら)」というミュージカル劇団を主宰している脚本家の石塚克彦さんがいる。あちらこちらの田舎を歩き回るにつけ、棚田が荒廃しているのを捨てておけなかったのであろう。行動力溢れるオーガナイザーである石塚克彦さんの尽力により、石井進会長(東大教授、中世史)の下ふるきゃらを事務局にして棚田学会が誕生した。私も拙書『農的小日本主義の勧め』を教材にしたふるきゃらの勉強会に講師として招かれて以来、応援団の一人となっていた。こうした縁で設立当時の棚田学会の理事を仰せつかり、棚田の重要性を訴え、側面から支援を続けてきた。

 

(忙中閑の棚田サミットへの参加)
 石井先生の後を引き継いだのが、現在の棚田学会会長の中島峰広早稲田大学名誉教授で、今回のサミットの開催に当たって、わざわざ副大臣室にお見えになり、是非参加して欲しいとの要請を受けた。また、旧知の川勝平太静岡県知事も講演されるというので、疲れた体にムチを打って出席した。その日、朝7時半からのEPAに関する副大臣会合を終え、8時26分発のこだまに飛び乗り、現地に向かった。美しい棚田の地は、三島駅から車で2時間弱の遠い所だった。
 棚田サミットの開会式では、地元松崎小学校2年生による「棚田に行こう!」の元気な歌と踊りでの歓迎を受け、川勝知事の基調講演を拝聴させていただいた後、標高120m~250mのなだらかな傾斜地に広がる石部(いしぶ)の棚田を視察した。

 

(江戸末期の来訪者も絶賛した石部の棚田)
 川勝知事は、幕末、日本を訪れた異人は、駿河湾を眼下に富士山を眺望できる石部の棚田の美しさに息を飲んだはずである、と語っておられたが、私も石積みの棚田と逆さ富士のように見える海のコントラストの美しさに感銘を受けた。
 非常に美しい景観を見せる石部の棚田も、江戸時代より前から昭和40年代頃まではきちんと耕作が行われていたが、全国の棚田と同じように、高度経済成長の時代の変化の中で平成11年頃には大変荒れた原野に近い状態になっていたという。その後、先人たちが苦労して気付いた棚田を残そうと地域の有志が立ち上がり、棚田オーナー制度の導入などにより、最盛時の半分近くではあるが美しい状態を取り戻したという。

 

(中山間地域直接支払い、農業者戸別所得補償)
 農林水産省の動きはいつも遅い。棚田に焦点をあてたわけでないが、中山間地域、すなわち過疎地、山間僻地が廃れていくのはよくないと気付き、2001年から中山間地域に対する直接支払いという制度を導入した。これはヨーロッパではとっくの昔から行われていた条件不利地域に対する直接支払いの日本版である。
 2004年、菅直人代表、鹿野道彦NC農林水産大臣の下、私が事務局でとりまとめて打ち出した政策が、現在の農業者戸別所得補償である。野党の提案という形で、ずっとしつこく主張し続けた。民主党の代表は、今の菅総理で6人目となるが、この政策は終始一貫変わらず、政権交代をしてやっと実現にこぎ着けた。これも棚田の保全には有利に働くこととなる。

 

>江戸末期の来訪者も絶賛した石部の棚田)
 川勝知事は、幕末、日本を訪れた異人は、駿河湾を眼下に富士山を眺望できる石部の棚田の美しさに息を飲んだはずである、と語っておられたが、私も石積みの棚田と逆さ富士のように見える海のコントラストの美しさに感銘を受けた。
 非常に美しい景観を見せる石部の棚田も、江戸時代より前から昭和40年代頃まではきちんと耕作が行われていたが、全国の棚田と同じように、高度経済成長の時代の変化の中で平成11年頃には大変荒れた原野に近い状態になっていたという。その後、先人たちが苦労して気付いた棚田を残そうと地域の有志が立ち上がり、棚田オーナー制度の導入などにより、最盛時の半分近くではあるが美しい状態を取り戻したという。

 

(中山間地域直接支払い、農業者戸別所得補償)
 農林水産省の動きはいつも遅い。棚田に焦点をあてたわけでないが、中山間地域、すなわち過疎地、山間僻地が廃れていくのはよくないと気付き、2001年から中山間地域に対する直接支払いという制度を導入した。これはヨーロッパではとっくの昔から行われていた条件不利地域に対する直接支払いの日本版である。
 2004年、菅直人代表、鹿野道彦NC農林水産大臣の下、私が事務局でとりまとめて打ち出した政策が、現在の農業者戸別所得補償である。野党の提案という形で、ずっとしつこく主張し続けた。民主党の代表は、今の菅総理で6人目となるが、この政策は終始一貫変わらず、政権交代をしてやっと実現にこぎ着けた。これも棚田の保全には有利に働くこととなる。

 

(『逝きし世の面影』の伝える田園風景の見事さ)
 この棚田の重要性なり素晴らしさは、江戸末期から明治にかけて日本に来た外国人がとっくの昔に気付いていた。ペリー、ハリス、イザベラ・バート、モース、オルコック等その多くが日本紀行文なり日記を残している。それを渡辺京二が『逝きし世の面影』という名著にまとめて紹介している。皆が日本の礼節や美術品や風景の美しさを賛美している。ペリーは西伊豆の山々をはじめて見たのだろう、「森また森の国」というふうに書き出している。赤茶けたカリフォルニアと比べたらまさに緑の国だったのだ。この近くではプチャーチンが地震の津波で船が大破して、戸田村の皆さんにたいへんお世話になって、川路聖謨との交流が生まれたことが吉村昭の小説『落日の宴』に詳しく書かれている。

 

(開国要求に躊躇した幕末の欧米人)
 この他にも重要なことを指摘している。欧米諸国は通商条約を結べと開国を迫り、下田、函館、新潟といった田舎の港も開かれることになる。しかし、何人かの開国を迫った人達が、自分のしていることが正しいことなのかと疑問を感じ始め、それを正直に書き留めている。
この美しい日本、非常に心の温かい文明化した国が西洋以外にあるとは知らなかった。ゴミも落ちていない。子どもを皆が大事にし、お祭りを楽しみゆったりと生きている。足るを知る人々。こんなにいい理想郷を我々が開国を迫り、別のルールを持ち込むことによって、東洋の楽園が壊れていくのではないか。そんなことはしたくない。仕事としては開国を迫らなければならないけれども、その迫った結果、この美しい理想郷が壊れ、この人情味豊かな国民性が失われ、西洋と同じ何の変哲もない国になってしまうのは耐えられない。
良心の呵責にさいなまれ、悩んでいたのである。できることならこのままそっとしておきたいと心情を吐露している。
(注:『逝きし世の面影』から引用)
 ハリスが、1856年9月4日、下田玉泉寺のアメリカ領事館に「この帝国におけるこれまでで最初の領事旗」を掲げたその日の日記に「厳粛な反省―変化の前兆―疑いもなく新しい時代が始まる。あえて問う。日本の真の幸福となるだろうか」としるした(略)
 その2年後、下田に来泊したイギリスのエルギン使節団の一艦長に対して、彼は「日本人へのあたたかい、心からの賛辞」を洩らすとともに、「衣食住に関するかぎり完璧にみえるひとつの生存システムを、ヨーロッパ文明とその異質な心情が破壊し(略)

 

>ヒュースケンは有能な通訳として、ハリスに形影のごとくつき従った人であるが、1857年12月7日の日記に、次のように記した。「いまや私がいとしさを覚えはじめている国よ。この進歩はほんとうにお前のための文明なのか。この国の人々の質樸な習俗とともに、その飾りけのなさを私は賛美する。この幸福な情景がいまや終わりを迎えようとしており、西洋の人々が彼らの重大な悪徳をもちこもうとしているように思われてならない」。(略)
 自分がこの国にもたらそうとしている文明が「日本古来のそれより一層高い」ものであることに確信をもっていた。しかし、それが日本に「果たして一層多くの幸福をもたらすかどうか」(略)
日本に対する開国の強要は、十分に調和のとれた政治が行なわれ国民も満足している国に割り込んで、「社会組織と国家組織との相互関係を一挙に打ちこわすような」行為に見えた。(略)
(日本の良心の支え、棚田サミット)
 鎖国状態の江戸時代の末期ではあるまいに、「平成の開国」といった言葉が踊り始めた。熟議の国会と言いつつ、与党側の議論も全くせずにいきなり所信表明でTPPが飛び出し、民主党内で議論が沸騰した。GDP1.5%のために98.5%が犠牲になっていいかなどという閣僚も現れた。
開国を迫りながら、日本人の幸福にならないのではないかと心配したヒュースケン。それを今、全国紙の社説の全てが超開国(?)のTPP推進を主張している。こうした中で、美しい風景と日本人の心を残す市町村が、既に5年先まで棚田サミットの開催を決めているのにほっと一息ついた次第である。

 

snow2010/11/16 あの戦争(^o^)

 

ここのところ「作戦参謀とは何か」「戦争を動かした30人の提督」吉田俊雄著を読み返してみた(^o^)

 

 いろんな本を読んできたが、修士論文で「あの戦争は日本人らしく始め、日本人らしく戦って、日本人らしく負けた」と書いた。今回、2冊読み返しながら、少し乱暴だったかなwwwと思った。それ以外言いようがないんだけどね、、、

 

 著者は大本営海軍参謀で終戦時中佐、米内光政、嶋田繁太郎、永野修身の副官を務めた、だから、さまざまな人物評や、当時の軍令部の内実を知っている、、、

 

 結局、永野軍令部総長が「明治の頭で昭和の戦争をやった」と言われたところに尽きるのだろうが、海軍大学校の教育や人事についても、さまざまな問題が存在したことを詳しく書いている

 

 さんざ言われ続けてきたことだが、戦後の日本も、その悪弊とでもいう宿痾をいまだ引きずっているのではないだろうか?「鰯は頭から腐る」とか「日本は現場で持っている」などと言うわな~

 

 何度も書いたが、ビザンチン帝国のマウリス皇帝の「大勢の人々の話を聞き、少数の賢者の意見を参考にし、一人で決断する」と言うのは指導者のあり方の至言である。

 

そんな指導者よ!出でよ!

 

山本七平氏の「聖書の常識」を早稲田の古本屋で50円で見つけて読んでみたw
今ちょうど、 「イスラーム史記」三浦康之著を読み始めたwww

 

我々が知らなければいけないのは、こんなところですよ(^o^)

 

snow2010/12/07 「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない、恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」

 

「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない、恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」
えらく長い題名の本を50円で買ったwww\(^o^)/モフセン・マフルバフというペルシャ人の書いた本だ。

 

ふらりと本を見て、「あ!」と気がつく目を持ちたいもんだwこの本は良い本だった、原価で買うほどではない、50円で見つけるところがおもしろいのだ、、、

 

著者は「サイクリスト」「カンダハル」の監督だ、、アフガニスタンはペルシャから250年前に分離、200年前、第3次アフガン戦争でイギリス軍に勝ち独立した国だ、もとはペルシャだったんだよ、、、モンゴルの支配下だった時もある。

 

で、何でこの本を読んだかというと~、以前、テヘランでタクシーに乗った、「お前はチンかコリアか?」と乗り合った奴から聞かれ、腹が立った!わざと「あんたはパキスタン人か?」と聞いたwww日本人は中国人?朝鮮人?と聞かれると侮辱されたと思うだろうw
それと同じ侮辱的な言い方なんだな、逆にパキスタン人はペルシャ人を嫌っているね、、、

 

すると、「う~んと、運転手はウズベク人、こいつはタジク人、俺はトルクメニスタン人で、助手席の奴はペルシャ人だ」と言うではないかwww

 

そう言うものは日本人にはピンと来ないのよ、だから、アフガンのとなりのペルシャ人の書いた本を買ったんだな~

 

アフガンの悲惨について、これでもかこれでもか、も一つおまけにこれでもか!と書いてある、、、隣人の書いた本だから実感がある、嘘を平気でつくシナチョンの日本人論とは比べものにならない!ペルシャ人は誇り高いよ、、、

 

チャンコロが面子!と言うのと根本は同じかも知れない。昔から大国だったから、その意識が強いんだな~。ただ、接してみてチャンコロなんかよりはるかにまともな連中だったがな、、、

 

アフガンの現在の1面を知るのに1時間で読める良書である(^o^)

 

snow2010/12/08 ペンは剣より強いだと?ネットは核より強いよ(^o^)
イタリア人なんたらブリーニとは、買いかぶりすぎでしょう(^o^) 大著「魔の山」なんか読めませぬ、、ネットでちゃかちゃか打ち込んで数行読めば、知ったかぶり。おいらはそれが嫌いなんだが、そんな時代、、確かに便利だ!

 

ただ、この3ヶ月近くのWeb研修を受けて、確かに意識は変わった、HTMLやらCSSを打つとか、そんなことよりもだ!

 

ネットはドラえもんの四次元ポケットですよ?お金も名誉も、何もかも手に入れられますよ
ただ、ドラえもんハンドがないのでw欲しいものが好きなようにパッと手に入らないだけですよ、、、

 

そのドラえもんハンドの根底にあるのは思想哲学です\(^o^)/そこには高低浅深が歴然とある!卑近な例を出すなら、ホリエもんが「女なんか金でどうにでもなる」と発言したが、「金でどうにでもなる女が集まってきたよ」と言うことに気がつかないwww 核戦争時の通信の確保のためアーパネットは作られた、破壊された拠点を迂回するために、冗長性はあるが、その強靱さは比類無い、、、Sengoku38の流したデータはミンス盗が数万人を使って消そうとしても、絶対に消せない、半永久的にネット上に流れる。

 

おもしろいですよ(^o^)

 

heart 2010/12/09 尖閣諸島問題
尖閣諸島での漁船衝突になる前までは、日本と中国は尖閣諸島の油田を共同開発する事でうまくいっていたそうです。東アジア共同体を最も恐れたのは経済的に疲弊しているアメリカです。尖閣諸島で漁船衝突によって日中の仲が悪くなり、油田を掘る事ができなくなって得をしているのは、日中に石油を売っている石油王ロックフェラーです。漁船衝突の映像がネット上で流れましたが、これも日中の仲を壊す為のものであり、また映像流出により中国側の好戦派(米国と繋がりのある)の力が簡単に言えば強くなったそうです。
中国は恐ろしい程酷い環境問題によって苦しんでおり、日本の技術で助けてもらいたいのが本音だそうです。

 

陰謀論を好まないのであれば、大阪大学の荒田吉明教授による常温個体核融合の話しだけでも興味を持ってはどうでしょうか。これは世界を変えるほどの発明で、火力発電所も原子力発電所も不要になるほどのものです。原料は海水から得られた重水素でありほぼ無尽蔵にあり、エネルギー問題を一挙に解決するものだそうです。既に追試もされており、ガセネタではなく、信憑性も高いそうですよ

 

heart 2010/12/09 話し合いでは何も解決しない。

 

失礼ながら笑っちゃうかな、殺し合い―戦争学を学んでいるにも関わらず、異常な程の危機感の無さとあまりの意欲の無さ、自分の人生の目標すら無いんですか。自分自身の本心は変わらないから本心なんですよ。自分の生きる理由もないんじゃ、生まれてきた意味ないでしょ。いや某腹黒メイドさんなら分かってくれそうだけどね。じゃ正義の人は悪のテロリストと戦って「死ぬ方」になってください(笑)。

 

頭の固い男性はよく勘違いするから教えてあげます。客観的な視点からみた正論は存在しませんよ。合理的って言う言葉は人間にとって都合がいいから、合理的と呼ばれるんです。正論も結局人間にとって都合のいいもの、客観的な視点に立つと何も判断できません。世界をどこまで自分の思い道理に出来るかという支配率の問題です。金持ちならある程度は自由にできるんじゃないかな。後は科学力の問題。

 

ゴルディアスの結び目を解いた物には世界が与えられる、しかしイスカンダル(アレキサンダー大王)は結び目を解かずに両断しました。

 

有名な心理学者ユングはこう言いました。神のような人は醜悪極まりない自分、影を見ることは許されない。影はないものにされるか、何か異常な物に歪められなければならず、善悪の彼岸などと言う事を考えてしまい、結び目を解く代わりに快刀乱麻を断ってしまうからだ。しかしこんな事をやっていると自分のやり方では絶対に解決できない問題があるのだと言うことを認めるしかなくなる。

 

自我と自己、意識と無意識と言われて分かる人は此処にはいるかな。

 

snow 2010/12/10 最近盛り上がってうれしい\(^o^)/

 

みんなが書き込むのでとてもうれしいです(^o^) 「陰謀論」というのもおもしろい、、、
「陰謀」なんてのは人類発生以来あるけど、ある意味本当の「世界的陰謀」などというものが登場する時代になったのかも知れませんねwww

 

たった100年前は、船で大陸を移動していたし、ようやく無線電信らしきものが使われ始めた、飛行機なんてライト兄弟がグライダーにエンジン付けたようなもんが数分飛んだだけだ、、、

 

いまや、大陸間は航空機が結び、高速列車網、道路網が隅々まで走っている。

 

最大の変化はネットですよwww「ペンは剣より強し」と言うけどwアカピ新聞社が徹底的な空爆を受け、社員が死傷し、データベースが破壊されたら新聞はもう発行できない。
ところが、ネットは核戦争で巨大サーバーをやられたとしても、ネット上の情報がすべて消えるわけはない、一度流れた不倫H画像は半永久的にネット上に存在するwwwどんな状況においても迂回して通信するから、通信が途絶することはない、、

 

ネットは核より強しwww そこで現れたのは大前研一氏が「Invisible continent」(見えない大陸)、梅田望夫氏が「もう一つの地球」と呼んだネット空間だ、、、

 

ただ、逆に言えばコンテンツさえよければ世界のどこにいても「中心」になれるwwwイギリスの女子中学生が日本のアニメソングを歌って踊ったら、あんまりかわいいので、ようつべですごい人気になり、日本のTV局が呼んで放映していた、、、

 

ネパール人が日本で料理店を開いたが全然客が来ないwそれで「昼に客は3人しか来なかった、わたしどうなるの」とツイッターで愚痴っていたら、それを見た人が「おもしろいから広めてあげよう」と2万人読んでるツイッターに転記され、今では大繁盛だそうだwww

 

だから、逆説的に国際的陰謀なんてものが存在しにくくなった時代と言えるかも知れない、、、

 

どちらにしろ、所詮、人間がやることだ、「常識的」に考えておかしな事はおかしいよwこの数千年の歴史で天と地が逆さになるようなことは起こっていないよw 明治の教育学者が世界は軍事戦、そして経済戦、最後には思想戦になるだろうと予測していたが、どうもその様子ですよ。

 

ユビキタスコンピューティングソサイティが登場すると言われて久しい、しかし、その時本当に必要となるのは「人間力」だ! いまだ、実体空間と仮想空間の間での「生き方」は経験則として確立していない、今言えることはアメリカ海兵隊が言うように「我々はノートパソコンでもオイルペンシルでも戦える」と自信を持って言うことだろう!

 

snow 2010/12/10 レーザー\(^o^)/

 

秘密兵器というのはある(^o^) ビームウエポンというのは80年代から言われていた
「モスクワの郊外に核弾頭を撃ち落とすレーザー基地がある」とも言われていた、、、

 

閣下は「レーザーはあるんだ」と言われていた、、、実際にミニットマンの基地を案内された方だ、何か知っていたのだろう。「江畑氏の本で、フォークランド紛争時、イギリスの艦艇にスクイーズボックスというものがあり、それはレーザーを照射し、パイロットの目を失明させ墜落させる装置ではないかと言われています、そのことですか?」と聞いてみたことがある。「そんなんじゃないんだ!レーザーはあるんだ」と言われていた、、、だから、秘密兵器というのはあるのだろうwww

 

俺は子供の時、そのTVを見てビームウエッポンに関して興味を持ち、ちょうど1980年何月かのサイエンス紙でレーザーについて書いていたので買った覚えがある、、空気中でのプラズマ化による減衰、曇りや雨天時における不確実性、空中からの発射に際しての大電流の供給の問題が書いてあった、、まぁ、それでも数年前ジャンボジェットからブーストコースのロケットに対してレーザーを発射し破壊する実験に成功している

 

筑波大で研究していたような人間に付けて動きを補助する機器は、実際アフガンでほぼ実戦的に使われている、リチウムバッテリーが持たないのが問題だそうだ。イスラエルは蜂型のテロリスト暗殺ロボットを研究してるという。

 

ただ、やっぱり歴史を見ていて、一般常識から外れた「ひみつ兵器」は存在しにくいね~

 

なんたら水爆を使わなくても、飛び立ってすぐ、数百トンのケロシン燃料積んでる旅客機がつっこんだらビルの数階は崩壊するだろう?戦時中B24がエンパイヤステートビルジングに衝突したことがあるが、ビルは硬構造だったので平気で建っていたそうだ。しかし、B24とジャンボジェットじゃ10倍くらい質量も積んでる燃料も違う、ビルも構造が違う、、あの崩壊には驚いたが、当然だとは思った。

 

ただね、あれ見た瞬間、「あ~真珠湾攻撃」と似たようなものがあるなと感じた。

 

これはおいらの意見だ(^o^) 真珠湾攻撃はルーズベルトは知っていたと思う、しかし、日本があれだけ航空母艦を集中して攻撃を行うとは思っていなかったし、海底の浅い水面で魚雷を使うとは考えられず、また日本の航空部隊の力量をなめていたんだろう、、、
キンメル大将が戦後、「知ってたんだろ!」と文句言ってるくらいだ。

 

だから9・11もFBIだかCIAは知ってたんじゃないの?ただ、あそこまで被害が大きくなるとは思わなかったんじゃない? そんな程度だと思うよ、、、

 

coldsweats02 2010/12/11 国谷のばばーの目が点になった
最近のNHKは酷すぎる。

 

あの田中均でさえ米国に一辺倒の結果、日本の主体性がないなんて話に(議論をまとめる立場のアナがどういうつもりか? 田中の話お気に召さなかったらしいが)田中均がほんとにまともにみえるくらい歪みすぎている放送だな。。。シナのエージェントの寺島実郎がえらそうにいるのも嗤えるどころか。。

 

田中均 みなおしたよ。。ひとりでがんばってるよ。。。

 

rvcar 2010/12

 

これですか・・・見ましたが直ぐにチャンネル変えました。田中は反日ですが、それでもマトモに見える背景に興味を感じました。焦った中国がNHKを用いて誘導している。人権・経済で包囲されて、軍事的に包囲される危機感の表れでは。
衛生誘導の対艦ミサイルはロシアの技術かも。運用思想から見れば、制空権を確保できないことを前提とした長距離対艦ミサイルの様ですね。アメリカ海軍は冷戦期からソ連の衛生誘導対艦ミサイルを想定していました。今では対抗手段を持っています。
その根底のドクトリンは、日本のカミカゼに対抗する陣形。それが武器を変えただけで今も健在。

 

snow 2010/12
反日犬HKなぞ最初から見てないw夜中の相撲は見るけど、、あ、幼児番組の「ピタゴラスイッチ」と「みいつけた」も見るよw

 

そら、どげな兵器かね?(^o^)?何かネットで「弾道弾でアメ公の空母を狙う」とか見たことがあるが、、、そんなアホなことが出来るんかね?衛星で狙うだって?一日に2回しかチキウを回れないという話じゃないか?逆にじっとしてもいられない、、、じっと静止している奴は3万5千kmくらい上からロケットモーターの赤外線を監視してる奴だろ?

 

機動部隊を狙うなら、核兵器を使うしかないだろうにwww通常弾頭だと、旧ソ連が考えたように、中距離爆撃機にたんまり対艦ミサイルを積んでわんさか押し寄せて攻撃する、、、
それしかないし、それを防ぐためにアメ公はイージス艦を作った。

 

弾道ミサイルなんてコントロール出来んじゃないかwwwマッハ20で落っこちてるものを何でコントロールすんの?機動部隊だって20~30ノットで機動している。CEPが100mだとしても数km半径の輪形陣の艦隊に当たるのかい?

 

兵器に詳しいかただれか教えて下さい\(^o^)/

 

coldsweats022010/12/11 エアシーバトル
シナのやっている衛星誘導の対艦ミサイル。これは理屈的におもしろい。有効性がたかいとおもわれるね。

 

これにたいしても田中均はきわめてまともな話をしている。沖縄の戦略的、地政学的価値が日本にとって最高であることを故意に隠しているのがNHKだ。エアシーバトルに巻き込まれるのではない。その渦中の中心が日本なのだ。どこからも逃れることができないのに
どこにいく? 日本。ここでも田中はまとも。。あと全部きちがいかも。。。

 

クオバディス(祈)

 

watch2010/12/22 海保大量処分
「民には知らしむべからず依らしむべし」隠蔽を図ってうやむやにしようとした?政権

 

敵のスパイにとっては情報取り放題で何も手出し出来ない国家

 

同盟の本質について訓示しただけで即処分される風潮

 

行く先は亡国の道???みなさん、どう感じられていますか?

 

rvcar2010/12/22

 

逆に国民に日本人としての意識を呼び戻している様に感じます。ネットでは中国の横暴に拒絶反応が出ており、政府に対する認識も変わっています。沖縄でさえ変化が出ています。未だに沖縄戦の傷は有りますが、自衛隊に対する認識も和らいでいます。

 

真に処罰されるのは民主党政権。

 

watch2010/12/22

 

中国外務省の姜瑜報道官。衝突事案では強気(日本に対しては強気)の姿勢だったが
ノーベル平和賞、世界各国のプレスの突っ込みに対してはうろたえた様子・・。

 

米韓合同演習、米国の空母参加は口先で抗議するも物理的には排除できず仕舞い。

 

チョンゴワも所詮、力の崇拝者。漁船に実力行使され何も出来ないわが国っていったいナニ???

 

coldsweats022010/12/23 SENGOKU38は
やはり立派であったとおもいますよ。この画像をみて国民のみなさまがなにかをわかってくれたらと最初からいままでちゃんとかれは言ってくれたよ。

 

有難いことと私はおもいます。

 

snow 2010/12/26 栄達、栄華、栄光(^o^)
最晩年の出版「名将たちの伝説的戦術」を読んでいるが、栄達(地位)、栄華(金)、そして栄光(勝利)を比較して、栄光こそ永遠ではないのか?との思想に貫かれている

 

現在の日本について以前「小沢を戦車で轢き殺して、日本海に捨てたい」と笑われていたが、集団についてこう書いてある、、、

 

「軍紀を守るのが重要なのではない。頭脳をつかって最良の行動を行う精神が、規律なのである。そこには『義務は目的、権利は手段、責任は保証』の精神が基盤をなしている」と書いてある、これは普通なかなか理解しがたい考え方だが、騎士、武士、軍人の考え方、生き方、信念なのだ。ガンによる死を目の前にして、これからの若者達によりよい生き方をどう考えるかを残しておきたかったのではないのだろうか、、、

 

「みなさん、自分の仕事をTaskではなくMissionと捉えて下さい」と言われたことは決して忘れない。いかにも軍人らしい言い方だが、尚武の文化のある日本人として、おれもそう生きねばと思うのだ(^o^;)トテモトテモ、、、

 

snow 2010/12/27 どうせ読むなら本質を読まねば(^o^)
閣下は、これまでもズバリを明示して下さっている。
「地政学」を学ぶのに良い本は?との質問にマッキンダーの「デモクラシーの理想と現実」を勧められた、「マハンとマッキンダーを読めば地政学は大体良いですか?」との俺の乱暴な質問に失笑されていたwww

 

何でいきなりこんな事を書いたかというと、伊予さんが「地政学!地政学!」言ってるからねwww広く知識を求めた方がええよというのです(^o^)

 

「戦術家の心持ちはただ一つ『剛毅であれ』だよ」って言われたことは決して忘れない、、

« 兵録 | トップページ | 兵録 »

戦場の匂い 」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵録:

« 兵録 | トップページ | 兵録 »