2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 兵録 | トップページ | 兵録 »

2016年2月10日 (水)

兵録

2010軍機房1

2010-1-27
>あのさ、普天間から移設しないといけないのに、基地移設反対の稲嶺市長をミンスはなんで押したかね?負けたら負けで、勝ったら矛盾に陥る、、、どうして押したのかね?
つまり、ミンスってのは最初からわかってたけど、手と足がバラバラ、それを頭が理解していないし、統率しようとすらしていないwwwみんなが口を開けば開くほど、矛盾だらけになる(^o^;)NHKや議員がバカなこと言っているけど、戦略上、普天間か辺野古以外ない!

 

 自民の求心力のなさからして、政界再編があるかもしれない
それなら3月中だな、、、

 

 夏の参院選の手伝いをしたことがあるが、もうこの時期、事務所も立ち上げて、色んなところにあいさつをして、握手しまくっている頃だ、、、党首が脱税、無責任、幹事長が逮捕となると、、、そんな政党が勝てるわけがないと思わないかね?

 

1-28
eye稲嶺氏は地元の教育委員会の要職に就いていた期間が長いようなので、おそらく日教組が稲嶺氏支持の立場をとったのではないでしょうか。日教組は民主党の支持団体でもあるので「稲嶺氏を推薦せよ」と、党に圧力を掛けたのではないでしょうか?政策が一致したというよりも、そうした勢力関係による推薦だと思いますね。

 

 ところで、普天間の話題で最近すっかり影の薄くなった「嘉手納基地」ですが、ここに集約しようととかいう話が出てこないのがなんか気になります。敷地面積は羽田空港の2倍で、極東地区でも最大級の基地なのだそうですが、嘉手納に集約って言う話は聞きませんね。嘉手納だけでは足りない、ってことなんでしょうか?

 

>いや、島袋氏は自公の支持を受けてないんよwwwだから、てっきりミンスも稲嶺を支持してないかと思っていたんだが、、ポッポは最近、「バッジを外す外す」とあちこちで言いまくっていますから、、、苦労知らずのボンボンは近いうちにやめるんじゃない? で、後のヤクザ(汚沢)は逮捕されると、、、

 

 あ、でさ、世界各地の空港ってめちゃくちゃ大きいよw
羽田とか成田とか小さい小さい、、

 

 読んでて「あれ?どっかでこの戦闘みたいなのを読んだな?」と思ってよく考えると「長沙作戦」佐々木春隆著、光人社文庫と気がついた
「シナは広いのう」との印象があるが、案外山がちで作戦を実施する場所と言うのはかなり限定されているのだろう。今は「教科書が教えない日露戦争」を読み始めた、これもおもしろい(^o^)

 

1-31
◆ 「キリキアの門とか地名に注意しなさい。そこは緊要地形なんだ」さらに、「都市も戦場も同じ場所で発生する。なぜなら、生活が容易なエリアと移動が容易な地形だからだ」と話してくれた。

 

2-4
◆日本人は戦争ができるか」。

 

「今年は変化の年」と閣下も言われていた、、昨年からいろんな方と話をしたが、みんなそう言っていた。「価値観の大きく変わる時だよ」「政局なんかに右往左往せずに自分を鍛え磨く時だよ」さまざまなアドバイスを頂いた、、、

 

 いよいよですね、何もかも変わる、よく変えればいいのだ!

 

★★だから、君は自分で自分をほめられる人になれ!
だから、君がみんなの太陽になれ!

 

なんか、そんな内容の一節があった(もっと色々長かったが忘れた)

 

閣下は亡くなられる前に「一揆のみなさん、戦争学を世の中に広めてください」と訴えられた、、、
この掲示板を読まれている方、閣下の著作を読まれた方は、みんな「一揆」の方々です(揆を一つにした集まり)
お互いがんばりましょう\(^o^)/
2-7
>>戦争学は戦争に勝つ目的だけではなく、無意味な戦争を発生させない・戦争を素早く終わらせて被害を少なくする知恵が存在するからだ。病気にならないためには、病気になる原因を知り健康を維持する生活を実行することと、病気を早期発見して素早く完治させることに似ている。

 

地上戦の戦闘速度は、最大でも時速24kmが限界だ。戦車は最大速度が時速80kmなので、おかしいではないかと思うだろう。これには根拠がある。

 

戦車隊を例に挙げれば、
1:戦車隊指揮官は自分が搭乗する戦車の指示。
2:周囲に対する警戒。
3:部隊全体に対する指示。
4:自分が搭乗する部下からの報告・分析・判断。
5:指揮下部隊からの報告・分析・判断。

 

戦車隊指揮官は、これらのことを同時進行で実行することが要求される。人間は10万年前に誕生して以来、脳の処理速度は変化していない。人間は真偽が混在した情報資料から、瞬時に真実のみの情報だけを抜き出して分析・判断することはできない。最初から入力・分析・判断・出力のサイクルに限界が存在している。

 

戦車隊を指揮しながら遮蔽物に潜んだ敵兵の待ち伏せを見つけるには、訓練したレベルで戦闘速度は時速24kmが限界になっている。訓練したレベルで時速24kmなのだ。

 

戦車は装甲車の時速80kmなどは、行軍用の移動速度であり、戦闘目的の速度ではない。もしくは、戦場内で遮蔽物から遮蔽物へ迅速に移動する時に必要とされている。

 

02-8

 

弾丸の性能の概念は、水平弾道で目標を貫通することが良い弾丸だろう?」と問うてきた。私は「そうですが、違うんですか?」と答えると。

 

弾丸とは震えながら飛ぶ方が殺傷能力が高い。弾丸が震えながら飛ぶと弾道が悪くなるし、貫通力も低下する。当然命中率が低下する。しかし、人体に命中した場合は、弾丸が体内で踊る(タンピングアクション)。それは体内の臓器を傷付けて殺傷能力を高める。人体を貫通した時は、出口は入り口よりも倍以上の穴を開ける

 

ヨーロッパの弾丸の性能はアメリカの概念とは異なる。ヨーロッパは戦争を繰り返した経験から、命中率が悪くても弾丸の破壊力を高めている。人体に命中すると、神経や血管を破壊して戦場復帰を困難にする。つまり、死ななくても以後の戦場に参加できなければ死んだも同然と考えている。

 

生きていても、手足が使えなければ兵士として参戦できない。社会生活も困難になるから、敵国の社会生産率を低下させられる。これがヨーロッパの概念だ。AK47の弾丸は弾道が悪くて命中率も悪い。しかし、人体の破壊力では圧倒的だ

 

私は閣下から銃の性能に関して問われると思っていたが、まさか弾丸の性能を問うてくるとは思わなかった。

 

2-10
>>理由は、5.56mmだと貫通力は高くても、殺傷力は低く、薬物を使用して興奮状態にある民兵から撃ち返されたり、人命を重視しない(=負傷した味方を救出しない)発展途上国の正規軍を相手にした場合は、あまり効果がなかったからだと聞いております。
私個人は、「もしかしたら、新たに6.8mmという市場を作るための兵器メーカーの策略か?」などと思ってしまいましたwww

 

閣下の話を追加すると、

 

「大口径で薬莢を短くすれば反動が軽くて弾数が増える。ただし、射程は短くなるがね。」「地上戦の決戦距離は300m以内。それ以上長くしても当たらんよ。」が、ありました。

 

>さらには人一倍の読書量からくる「ホンモノを嗅ぎ分ける嗅覚

 

 お褒めいただき、ありがたく思えるし、浅学を恥ずかしくも思います、子供の頃から本を読んで、30歳までに3000冊読めば、研究者以外はのんきに趣味で本を読めば良いと思います、研究者は読み続けないといけないので大変でしょう、めんどくさいもんね
狭いボロアパートには置く場所もないし、金も無いから古いのばかり読んでるwww
10年前の「軍事研究」なんかもう2度と読まないんだけど捨てるのももったいないと置いていると「わ~!なだれだ~!」ってなるのねwww

 

 で、本題、、、戦記物をよく読んだ、俺より読んでるのは厄介息子さんぐらいだろう
従軍記者とかが下士官についていく、「日本兵もチャンコロに悪いことしたなぁ」って、、、
みんな逃げちゃって誰もいない農家に入る。「野戦が長いとこんなの平気にやっちゃうんだよね」とイスを壁にぶつけて壊して炉に入れる。「こんなの、百姓が帰ってきたら困るよね~まぁ、悪い事してるよね」って、、、そんなのばっかりだ!将校がね「兵隊ってのは食糧を隠しているのをよく見つけるんだ」って言う、農民が帰ってきたら困るだろうよ、、、

 

 シナ人を犯したり、意味無く殺したりする軍事的な意味が分からんし、「とにかく寝たい、休みたい、メシ食いたい」と言う兵隊さんが、南京大虐殺なんかするもんかwww

 

 数読むと、「常識」が見えてくる(^o^;)「英雄の絶叫」はすごいですね、、、

 

2-11
>船坂氏の著作は「サクラサクラ」「関の孫六」光人社文庫には「英霊の絶叫」のほか「秘話パラオ戦記」「ペリリュー島玉砕戦」(内容はサクラサクラと同じだけど図と写真、あとがき、14師団の戦闘記録がついてなかったり、チョト違う)がある

 

 渋谷の大盛堂と言う本屋の社長さんだったのだけど、もう本店は無い、新宿の紀伊国屋とあわせてよく通ったよ(^o^) 私はアンガウル戦記の文庫版のあとがきのこの部分が好きです。ちょっと長いが引用しよう!

 

狭心症と動脈瘤のリハビリを行う船坂氏「私は、自宅から最寄の駅までの道のりを、一歩一歩足もとを確かめるように歩いて、懸命に回復をはかった、私には、軍隊時代は何事も1番で通し、血がでるほどの修行をのり越えてきた気概がまだ残っていた。多くの若者たちが闊歩するこの町では、私は奇妙な老人に見えるだろうが、そんなことはかまわない。
思い起こせば、病院のベッドで死の淵、先生や家族の声が遠くに聞こえる中で、私は何度も幻影を見た。私の横たわっているそばで人の気配がするが、それは病院の関係者が着る白い服をつけた人々ではなく、黒ずんだ汚れた軍服をまとった戦友たちであった。私は彼らに顔を向けることなど出来なかったが、確かにこのように感じた。私はそのとき心に決めたのである。私の病状を心配して見に来てくれた戦友たちは、私を簡単に死なせるはずがない。まだ島には遺骨が残っているのだ。私は収集をしなければならない。私は、死ぬことはできない、、、と」

 

おそらく、夏には出る著書に書かれているかも知れない。閣下が戦史を見ていると、19世紀から性能の急激な向上と大量生産が爆発的に行われるようになった。だが戦場では戦死率が低下している。閣下が調べると、原因は兵士達の主武器が破壊されるか機能停止すると戦意を失って後退した。
 例えば、主武器と認識する戦車や装甲車が破壊されると、戦意を失って後退する。損害拡大を怖れたからだ。

 

 私は兵士が音で恐怖を認識することに気付いた。火縄銃の有効射程は30m、発射速度は毎分2発。弓矢は有効射程200m、発射速度は毎分6発。

 

 性能では弓矢が圧倒的だ。それでも火縄銃は戦場に投入された。そして戦局が短期間に変化している。それは発砲音が敵兵士に恐怖を与えたからだ。戦場統計では、15秒間隔で兵士の頭上を弾丸が通過すれば、70%の確率で突撃を阻止できると報告されている。

 

 私はそれを閣下に話し、「弾丸が音を発すると有効ではないか?」と伝えた。閣下は「良いアイディアだ」と、翌日自衛隊に行かれた。「自衛隊歩兵は音の発する弾丸は大歓迎」とのこと。

 

 その後、閣下の助言を参考に「騒音弾」を考案した。だが、テストも行えず眠ったまま。

 

>兵頭二十八と言う変な人がいるw「ヤーボー丼」とか「日本海軍の爆弾」とかへんちくりんな本を出すのだが、まぁ、別宮暖朗と言う人と組んで書くようになるまでは結構古いやつからそろえて読んでいたwww「日本の海軍兵備再考」なんかはおもしろかった、軍オタの中では有名な核武装論者だよ、陸自では通信兵をやってたそうだから頭良い人なんだろう?

 

 ただ、この人は兵器やその運用に関して相当調べ上げている。宗像和広という人と組んで書いていた時の本は良い本が多い。宗像氏の「戦記が語る日本陸軍」は本を探すのに良い本です(^o^)
 大東亜戦争について書かれた本は終戦以降の50年で14000冊だと書いてある、陸軍モノは私家版や重複を除くと2000冊くらいだそうな。こういうのを「研究者」というのだろうな、、ただ、実戦経験や実際に運用経験がある軍人が書いたものは真実じゃなくても事実だと思っているから、そっちの方が楽しいねwww

 

>>本日米軍との演習にさいして陸自の一等陸佐が公然と最高指揮官たるばか鳩を批判したとNEWSがつたえた。最高指揮官たるにその資質、哲学、判断力と気力いずれも最悪の人間にたいしてのこらえにこらえた発言とみる。

 

 江戸時代なら主君をおしこめて座敷牢の処置であるが。文民統制がきいて呆れる。
彼を護ろうでないか!!

 

ここですよ~\(^o^)/ドウガモミレルヨ!
http://www.nhk.or.jp/news/k10015570101000.html

 

2-14
>オモロイ番組を見たよ、、、宮崎パヤオが夢の保育園を作ったそうなw
お庭に山がある、オムツをしたような幼児が必死に登る、わざと落っこちるような高い縁側wでも、やっと立ったような赤ちゃんでもなかなか落っこちない、障子もあるけど誰も破らない、お池を作った浅いのも深いのもぼちゃんぼちゃん落ちているwタノシイって!こどもがひどい眼にあうのを喜んでいるジジイなんだなw
 ジブリ美術館にきた4歳くらいの女の子が「ハウル作ってくれてありがとう」と宮崎ジジイにお辞儀してんのなwwwおれはあの映画はクソだと思っていたが見直した(^o^)

 

 「こどもの時間」という映画がある、10年前見に行った、埼玉の田舎に自然児教育をする保育園がある、暖房なんてものは無い、お庭で園長先生が(見た目は単なる農家のジジイ)が焚き火を燃してるとこどもが部屋からあたりに出てくる、それくらい寒い、プールなんて無い、保護者の土建屋のおやじが、2トントラックの荷台にブルーシートを敷いてホースで水を入れる、そこでみんな遊んで楽しそう!おやつはお魚焼いたの、「これあげる」って隣の子に骨をあげてるし、それをもらった子もむしゃむしゃ食ってる

 

 すごい映画なんだ、、、おむつしたヨタヨタしたのがお兄ちゃんおねえちゃんのまねしたいんだな、畑で無理やりざるに入れた芋を持とうとしてぶちこけてるwwwおもすれ~!

 

 それを見に行った時、おかあちゃんと幼児だらけだったwそれで会場が暗くなると、「うえ~ん」「こわいよ~!」とガキどもが泣き出す「ったく!ガキつれてくんな!」と思ったが、、、映画が始まるとみんなシーンと必死に見ている、同じ年のこどもが竹馬に乗ってボカン!とぶちこけてるw「泣くぞ!泣くぞ!」と思ってたらヘイチャラで遊びまくっている、、、
小さな木っ端を「これ消防車だ!」「僕の取った!パトカーだもん」と大喧嘩しているwwwでも、二人で押入れに入ってしばらくすると、かくれんぼをしてきゃっきゃと喜んでる、、、

 

 にんげんってかわいいね(^o^)

 

 宮崎監督が「このままじゃ、この文明は滅びる!」と子供のための美術館を運営したり、若手アニメーターのために施設を開設した、未来のこどものために保育園を作った

 

 日本をなめるなよ!オッサンもガンガルから、ジジイもガンガレよ~\(^o^)/

 

***閣下が以前、「しろさん、金正日の母親は売春婦らしいのだが、それを2chで広められないか?」と聞かれたことがある。「2chじゃ、ソースはときかれるので難しいですね」と言った。「古い話だからなぁ、、、」って

 

 鳩山由紀夫と弟邦夫の顔がぜんぜん違う「由紀夫はチャンコロとの不倫によって生まれた子供だという話だが、、、」と閣下が言われた、ソースがなければ広めようが無い、マスゴミでは当たり前のように言われている事なのだろう。
 情報の仕事をされていた閣下の話はいい加減なものではないだろう、インフォメーションとインテリジェンスが違うのは俺でもわかる。汚沢は済州島生まれのチョンだという話が2chで流れている。私は「血は水よりも濃い」ということわざから、それもあるだろうと思う

 

 結局、日本人の宿命として、薄汚い歴史文化を持つシナチョンが隣にいるwww日本人はもう少し「主権」「国益」を基にした「戦略」考えてくださいな(^o^)

 

>いまじゃ、ひとりあたりのDNA鑑定なんて数万円だwポッポ兄弟、由紀夫と邦夫の髪の毛でも何でも手に入れりゃ良い(^o^)手に特殊な薬品を塗って、握手すれば相手のDNAが取れる、害無償の連中が北チョンに行った時、横田めぐみさんの旦那とされる男と握手をしてDNAを取ったりした。

 

 ポッポママの不倫っていいスキャンダルと思いますよwww週刊誌売れるんじゃないですか?(^o^)

 

\\\ メディアも判って無視していますよ。ネタを集めておいて、いつでも叩けるようにしているだけ。民主党政権が終わる時に使うだけ。どちらにしても、今年が民主党の終わり。

 

2-15
この板の尊敬すべきクリティークの中山さまのカキコから抜粋させていただきました。

 

巧言令色仁すくなしか朝日みたいなうそつきははりせんぼんかなー

 

>日本発武士道にない派遣斬り〉 → 「日本発」もうそれだけで非国民

 

>敗戦国興して老後報われず〉 → 負けたくせ何やら朝日は威張り出し

 

>定年前の肩書き言うな居酒屋で〉 → 在日の本名言わぬマスのゴミ

 

2-16
\\\ 連絡情報将校であってそれ以上ですよ。石光真清という立派な軍人がいました。怜悧かつ熱血。。

 

>北朝鮮には「春窮」と言う言葉があるそうですね(^o^)毎年、春頃には食い物がなくなるという話です。細かな数字は忘れたw毎年穀物が500万トンくらい取れるんだけど
例年50万トンくらい足りないそうだ、毎年餓死させれば足りるじゃんと思うのだけど「アイゴー」と嘘言ったりしてるんだろう。

 

金豚は嫌いだけど「人民がとうもろこしのご飯が食べられないのは心が痛む」と言ったのは本心なんじゃないだろうか?と感じた、、、貧乏だから、正規軍も整えられなくて、特殊部隊化した、核兵器もミサイルも作ってなめられないようにした、それでもうまくいかない、、、どうしたらいいんだと1人のチョンが苦しんでいると思う。チョンだから何をやってもだめなのよ(^o^)と結論はそうなんだけどねwww

« 兵録 | トップページ | 兵録 »

戦場の匂い 」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵録:

« 兵録 | トップページ | 兵録 »