2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 兵録 | トップページ | ネタバレ »

2016年2月21日 (日)

旧記

2011軍機房4

不連続変化の時代 THE AGE OF UNTHINKABLE
coldsweats01 2011/10/23 19:55:57

 

ジョスアクーパーラモ著 講談社インターナショナル すこし遅いのかもしれないが読んでみた

 

これは知性の地政学というべきものかもしれない。キッシンジャーassociatesの人間。中国に数年間住んでいてタイム誌の編集長

 

不確定性と柔構造のDEEP SECULITYの提唱者。

 

よんでみてなるほどとおもうことが多い。しかしかれのOPENな個人の開かれた系の重要さを肯定すればするほど彼がすごした現代シナの個人のありかたが凄まじく乖離している、それになんの言及もないとすると、かれの主張と現代のシナのありようの背反を隠す。
著作はかれが凄まじいシナのagentとする疑いがはれない。

 

もし閣下がこの著作をよんだらどのような感想をされるだろうか?情報将校としてのコメントは」十分に興味がある

 

その2:ロシア艦隊が24隻津軽海峡を通過して舞鶴に寄航
海自と合同演習をした。プーチンの実権把握は吉か凶か?プーチンはいろいろあろうとも対シナで実権を再度持とうとしたと思えなくもない。民主主義、独裁を超えたある意味で毒を飲むことをよしとした稀代のリーダーと私にはおもえる。これにたいして日本はどうこたえるか、クーパーラモに対する日本の答えがここにある。民主党がその気概、センスありやなしや日本の分岐点せまる、その気配ありだ!

 

よっこいしょ(^o^)
snow 2011/10/25 21:13:37

 

久々に書くとするかね(^o^) 何が善人、何が悪人などwww
「価値」は相対的なものであるというのが前提であるw 「天皇と原子爆弾」大森実著など古い本をペラペラめくっているが、、、ローズヴェルトは日本を意図的に追い詰め、戦争に仕向けたから悪人だ!と日本人からは見られてもしょうがない。逆にアメ公にとってはニューディール政策ののちに大戦争に参加し、経済を大繁栄に!戦争に勝って世界的な覇権を確立した大指導者であるwww

 

何を基準に置くかを明確にして、その人の是非を唱えるべきである!

 

田中角栄にしろ、汚ジャワにしろ、金権汚職に関しては決して綺麗な人ではない!それで、検察の捜査が入ろうとすると、やたらと周辺で秘書が自殺したり、関連会社の人が変死したり、事務所が放火されたりと、、、おれはあの汚ジャワの懐刀と言われ、岩手から衆院に出て落選した高橋というのにあったことがある、、、
いかにも謀略を見てきた人間だった、汚ジャワの全部を知ってるんだが、本も書かずに棺桶まで持っていくんだそうなwww

 

おれはそこらへんは全くやめて欲しいね!政治家や権力者が金にまとわる噂が絶えないのは歴史上当たり前のことだwwwただ、もうこの時代、人を殺さないで欲しいよ、、、

 

正直なところ言ってみよう(^o^)
snow 2011/10/30 20:27:43

 

昔から、あんたみたいな人は何人か来たwww(^o^) 「私は士族だ」Koji氏とかw「戦争はもう起こらないのだ」柳なんたらとか長文で長々書く変な人がたま~にきたんだよw その中でも非常に紳士的だとは思うが、やっぱりここには陰謀論は全く相手にされないんだな~
馬鹿にされるんだなwww

 

そのたびに、ここの住人というか、一揆の会のメンバーが「いい加減にしなよ」「また書いてるよwww」と紳士的に書いたあと、閣下が「迷惑ですよ」と閉めてたんだな~

 

もうcrownはいない、だからsnowやcoldsweats01さんが、heart01さん最近サボっているけどw墓参りをしてるんだよwww草むしりをして、線香をたまに上げてるだけだよ。ここに陰謀論を書いたって、誰も読まないし、自衛隊の人も読んでないと思うよ、、、

 

crownのネットお墓に変なもんをあげないでくれるかwww(^o^)  純粋水爆の技術的なことをきちんと書いてここに載せるくらいの話ならいくらでも乗ってやるよwww

 

それならpenさんにしろcoldsweats01さんにしろ、school氏にしろ相当な知識をもってるから、反応してくれるだろうよ、、、

 

JFK暗殺の公式文書(^o^)
snow 2011/11/19 09:05:10

 

penさんどうもです(^o^) JFK暗殺の公式文書が公開されるのは、たしか2039年でしたよw 相当、先ですよ、、、スーパードライの宣伝にでていたw落合信彦氏は笑っちゃうトンデモ本を出したりしていますが、1980年代後半から毎年出していた「今、世界はこうだ」みたいな題名の本は、サッチャーやらミッテランやら、ミロシェビッチだなんたらと世界の要人やあぶねー政治家たちと会って対談しているwww

 

その本だけはおもしろく読ませてもらった。小学館がよくそんなのセットアップできたものだ、、、どういうつてであれだけの連中と会えたのだろうか?

 

ところでもうすぐ年末、coldsweats01さんやschool氏と都内で忘年会でもしませんか?\(^o^)/

 

F35の話かw(^o^)
snow2011/12/14 01:02:55

 

penさんw(^o^) いきなり金属疲労の話かよwww
F35の亀裂の話がしたいんだろ?おれは、空自はF22がだめになった段階でF35買うと思っていたがね?
昔から、一番高くて、一番性能の良い奴をほしがる子供みたいじゃないかwww

 

ただ、おいらが嫌なのはいつまでF4じいさんを酷使するつもりだよ!先進国でスクランブルなんかに使ってる国なんかほぼ無いだろ?

 

Re
coldsweats01 2011/12/17 11:44:00

 

基本設計終了後の機体耐久試験での金属疲労が多いのがよくあることなのかは知らないが比較的少ないことであるならかなりの問題でしょう。十二試艦戦の空中分解は零戦の戦術思想の結果であることから緒戦はマイナスをおぎなってプラスででたが52型でアウトとなった。また紫電から紫電改が足まわりだけの改良ですんだことは基本設計がOKであったことによる。このことがF35の機体重量運動性能に影響をあたえる場合エンジンが単発であることから効果的なstrikerとしてながく生き残るためには基本設計をかえなければならないかもしれないですね。問題だなー

 

開発の成否を決めるもの
pen 2011/12/18 01:46:38

 

開発段階における強度耐久テストNGに関しては、さほどの問題は無いのではないかと考えます。この手の話は良くあることでして、三菱F2とか就役してからも翼の強度問題を引きずったりしてましたけれども現状、問題無いレベルまで仕上げられてます。物理と自然の摂理にさえ反しなければ、金と時間さえあれば大抵のことは何とかなります。

 

拙いのは開発コンセプトの段階で誤った方向性に向かってしまうことですね。

 

零戦の苦闘の原因もここにある訳でして・・・。

 

開発の成否
coldsweats012011/12/18 23:17:04

 

penさま:ありがとうございます。それがききたかったことで明確に教えていただき感謝です。

 

どうにもきになるのはF35のエンジンが一個であることです。

 

F22は長距離を飛行できてなおエンジン双発、推力でF15とおなじコンセプトではありませんか。 自分におはF35の優位性がどうしてもわからん。。。

 

Re: 開発の成否
pen 2011/12/19 00:48:18

 

>どうにもきになるのはF35のエンジンが一個であることです。

 

正直、心配ではあります。
枯れたエンジンであればともかく、F135エンジンの基本はF22用F119エンジンでまだまだトラブルシューティングの最中でしょうから。

 

ただ前例が無い訳ではなく、単発機F16は双発機F15のF100エンジンを用いており、稼働率も満足できるものとなってます。

 

この後に及んでは、開発が上手くいくことを祈るのみですね。

 

正確にはわすれたが
coldsweats01 2011/12/21 02:13:09

 

たしかベクターノズルだったか、戦闘機の格闘性能でこれは制空戦闘機の必須アイテム、F35はもってないだろーな

 

スホーイのコブラにたちうちするには。。心神は考えてるがステルス性がいまのところ
ピンポンだまとサッカーボールみたい。アメ公は試験させてくれないからフランスでやったらしい。僕はイーグルで、F35バージョンをぜひ夏見さんに書いて欲しい!

 

心配御無用
pen 2011/12/21 20:42:41

 

運動性能が勝利の決め手であったためしはありませんですハイ。

 

ごめんなさい
pen 2011/12/22 00:24:45

 

>これは人類の戦争の歴史には運動性能を生かした戦いが無かったのか、それとも運動性能を生かす戦いは無意味なのかどっちなんでしょうか

 

言葉足らずでしたね。申し訳ありません。厄介息子先生のご心配に対する返答でして、空対空戦闘の話です。

 

太平洋戦争にしろ、ベトナム戦争にしろ、米軍は相手より運動性能に劣った戦闘機で空対空戦闘を行い、いずれも勝利してます。

 

勝利の要因は大推力エンジン(太平洋戦&ベトナム戦)と優秀な電子装備(ベトナム戦)を効果的に用いたことでした。

 

今後は空対空戦闘の王道である「不意打ち」を可能とするステルス性と錯綜する戦場の状況認識を容易化する各種センサー&データリンクシステムが必須であり、F35はそれを売りとしてますな。

 

>どっかで聞いたんですがアメリカは欧州とかの戦争で歩兵同士の戦いで勝ったことないとか、アメリカの弱点を示しているかも

 

アメリカ陸軍442連隊のこと調べてみて下さい。
「Go for broke!」(笑)

 

>夏見正隆

 

 

 

以前にもお伝えした通り、大風呂敷を広げて畳まない作家です(笑)

 

軍事力(^o^)
snow 2011/12/22 12:19:18

 

軍事力というものは、crownの本によると4つの要素で考えることが出来るようである(^o^)

 

1 優れた戦闘ドクトリン(得意技を持たない戦術家はいない)
2 兵器の質と量、兵站力(兵器オタはスペックのみにこだわるがそれだけではダメ)
3 指揮官の戦術能力(将棋のアマは決してプロには勝てない、まして素人じゃ全然ダメ)
4 部隊の士気と練度(長年武道の稽古で鍛えた奴と素人がケンカをしたら勝負は明白)

 

 戦闘機の運用も同じで、単純に兵器の性能だけを取り上げても無意味。それを支える基地のネットワークとそこで働く要員の整備、兵站能力、優れたパイロットの戦術能力、優れた戦略に応じた指揮官の指揮能力、あらゆる事の積み重ねがその国の「空軍力」と言うものを形作っている。
 最近、「ドイツのジェット、ロケット機」と言う本を読んでいるが、WW2末期のドイツの工業力や開発に対する姿勢、戦況に応じた生産などがよくわかって楽しい。もっと早い段階でMe262が大量に投入できていればなどと想像してしまうのであるwww

 

そして、戦闘自体は「あらゆる過誤」と「とんでもない失敗」と「運不運」の上に成り立っている、、、要は自衛隊は「日本人」が作った軍隊なので、日本人らしく戦いを始め、日本人らしく奮戦し、日本人らしく勝ったり負けたりするのであるwww

 

西浦氏の「兵学入門」など読むと、「兵学」を自然科学として捉えることをフランスの兵学者ルージュロンの論を引用し否定し、社会科学として捉え分類している。
crownの「もう一つの戦争学―社会学的アプローチで見る戦争」もそれをもとに考え、書かれている

 

歴史を学びなさい(^o^)
snow 2011/12/24 11:14:44

 

いま、中曽根と(まだ生きてたんだなw)評論家、テリー伊藤がなにやら話しているが、90超えてるじじいが良く色々しゃべってる。大したもんだが、70超えて後輩を育てず「俺が俺が」と言ってるのは行き過ぎだなwww

 

総火演にcrownが送ってくださった前日、みんなでワンカップを飲んでたw夜中の12時過ぎにcrownが来られて「おい、いいもん飲んでんな」と笑われたwww
その時に俺がダ~ッとなにやらくっちゃべって、それが終わった瞬間、crownが「じゃ、帰るぞ、明日は何時に来たらいい?」と言われた。「4時半に」と言うとちゃんと来てくださった、、、
みんな3時間睡眠だwww「歴史を学びなさい」とその時言われたのを思い出す。

 

それで、0500に向けて、crownの運転する車はすごいスピードで演習場を目指す
その中で「チベットとウイグルはこのままチャンコロのものになるのでしょうか?」と聞いた
すると笑われて「ウイグル、チベットがシナの版図に入ったことは歴史上無いよ」と、、、
ちょうどその頃、グルジアの問題が起こってcrownとheart01さんやおいらが色々と質問したのだが、「カフカス山中にものすごい年月をかけて補給線を作ったんだが、グルジアがロシアの覇権下になったことはない、ずっとペルシャとトルコの覇権下だった」と言われた

 

何年たっても地勢は変わらない、それが元になった学問が地政学だ。民族も文化もそれからは逃れられない、、、10年50年の動きじゃなく、1000年の動きから見なければならないのだろうな、、、

 

カルタゴもローマも今はない、世界各地の遺跡に立つたびに、滅びた国々と文明に思いを馳せたものだった。インカやアステカの文明なんか謎しか残していないw

 

まぁ、penさん、coldsweats01さん、年が明けたらまた新宿でお会いしましょうwschool氏も何とか都合をつけろよ(^o^)

 

まだ、番組は続いているのだがw「来年はどうなるでしょうか」なんてテリー伊藤が聞いているwwwすると中曽根と評論家がえらそうになにやら言っているw
ドラッカーを昨日読んでたんだが「予測とか予想というものは無意味だ、どうするかを考えろ」と書いてあったwなるへそ、crownも「戦術家の心持ちはただ一つ『剛毅であれ』と言うことだよ」と言われていたなwww

 

どうなるの?ではなくどうするか?だな、、、

« 兵録 | トップページ | ネタバレ »

戦場の匂い 」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧記:

« 兵録 | トップページ | ネタバレ »