2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 観光記 | トップページ | 心葉 »

2016年5月 8日 (日)

ふみ

諸葛亮は偉大であった!!

修身治国平天下。 中庸でよく言われるが…。

それは所謂、礼を矮小化しているのではないかと思ったのだ。 司馬懿ら親子三代は礼を重んじると言っておきながら保身を礼に用いて自家の富強保険にかけた。功は極めて高いのに天下の安寧を盾に王家を盛り立てようとしなかった。

忠を重んじれば国は破れると慎子は言う。確かに真理であるが、すべてそうであろうか。

諸葛亮は保家を王家に託し、忠を励み、身を慎みて、国家を和教させた。これこそ真に礼と徳のありようではないか。

« 観光記 | トップページ | 心葉 »

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふみ:

« 観光記 | トップページ | 心葉 »