2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 略葉 | トップページ | 道葉 »

2016年6月16日 (木)

薔薇乙女の義は果たし、王朝の義が再び動く

Photo

 

 

 

ローゼンメイデンとキングダム追記

 ローゼンメイデンなんだが…。 

 

 ウルトラジャンプ連載以来、一回しか読んでいない。 クランプの某漫画も復活リメイクしているが、こちらはサイドストーリーなバラ乙女のようなのでちょっと興が乗らない。 

 

 (;-ω-)ノ むしろアニメ三期が先じゃねえのかよと今でも思ってる。 ストーリー的に伏せネタはやり切ったので十分であるはずの漫画のはずだ。

 

 キングダムの側だが…、どう考えても今回の騒動は羌瘣が原因である。 今更だが特強なのだが結構、感情が脆いと思う。 さらに言えば信とリンクすることが多いために今回のような騒ぎになるとだれも止められずにいってしまう。 

 

 (゚ー゚; このような事態を防ぐための飛信隊分派、羌瘣隊が結成されそうな気がする。

 

 尾平は追放されちゃうならば羌瘣隊に入るか、それとも壁のあんちゃんに入れてもらえるように信か貂が交渉する??

 

 馬鹿だが大馬鹿で突き抜けてやがるなとかお頭が信を評価してくれたらいいんだが…、(;´д`)トホホ…ないわ!

« 略葉 | トップページ | 道葉 »

薔薇乙女13話完は過誤!」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇乙女の義は果たし、王朝の義が再び動く:

« 略葉 | トップページ | 道葉 »