2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 守勝 | トップページ | 東北の先人達 »

2018年9月24日 (月)

東北の先人達

先週に東北に旅行に行きました前編

共に勉学する年配の人達とツアーを組んで東北の先人達を訪ねに行く。

 

 東北新幹線に初めて乗る。0800に大宮を出発する。窓際で景色が流れる。全てが初めてなので楽しい。 アイスを列車の中で頼んだが、固すぎて食べるのに苦労した。

 

 

 

 壱、盛岡市先人記念館

 

 金田一京助、新渡戸稲造、米内光政をメインとして、その他盛岡出身の文化・学術に貢献した先人達を称えて展示する。 米内光政の書に万世の為に太平を開くの安岡氏の名言を書にしていたのは感慨があった。 新渡戸稲造の武士道が世界中に翻訳されていることも凄いが、国際連盟の外交官として活躍していたことも凄いものだ。

 

 

 

 弐、原敬記念館

 

 平民宰相と呼ばれた原敬の生家に別荘まで移築して建設した記念館。新政府軍に刃向かった東北の諸藩の藩士の家に生まれて屈辱を味わいつつも、苦労して宰相になった。筆まめな人であり、庶民生活に心を砕いたが刺殺された。 
 刺殺された衣服まで展示されていた。刺殺した犯人は数度の恩赦で出獄後、陸軍に保護を受けたと記念館学芸員は説明する。記念館ではハラケイと読むのが正しい。

 

 うしつぎが思うに地政学を理解しないために外交も軍政も後手後手になっていき、憲法の不備と人材育成の問題から戦争への道に転がり落ちたと思う。

 

 

 

 参、花巻新渡戸記念館

 

 夜学の始まりの人だとは知らなかった! 日本の学問が遅れがちなのは明治から未だに直っていないようだ。 太平洋の架け橋とならんと大志を抱き、アメリカで勉強し、国際結婚もし、外交官として働き、ユネスコの始まりも作った偉大な人物。

 

 

 

 肆、宮沢賢治記念館

 

 一番でかい記念館でした。 お土産店も側にある。松本零士名作「銀河鉄道999」のおかげで宮沢賢治の詩が人気になったと知るのは後日。農士でもあり詩人歌人でもある宮沢賢治の世界は宇宙から科学哲学宗教まで及んでいる展示に驚く。

 

 

 

ホテルは愛隣館。どうやら有名らしくサスペンスドラマの舞台にもなったらしい。新鉛温泉は格別でプール並みにでかく、浸かっていると身体が浮く。 浴衣があるのでパジャマがいらなかった。 夕食では肉料理が多めで酒は飲み放題だった。うしつぎはあまり酒は飲まなかったが…。 部屋は五人部屋で、窓から見える山々の自然景観は格別でした。

 

 

 

 後編に続く。

 

« 守勝 | トップページ | 東北の先人達 »

旅行・地域」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北の先人達:

« 守勝 | トップページ | 東北の先人達 »