2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 去記 | トップページ | 去記 »

2018年12月23日 (日)

去記

2012

 

    • 祭祀、祭器を保護する国家にしてはどうか。  ヒズボラ、パレスティナが国連から国家として認められた。これは国連の悪しき例になるだろう。
       テロリストすら輩出した彼らに国家をつけたら大問題。当然にアメリカ、イスラエルは事の重大さを理解して強硬路線に出る。民俗、民族として生きるか、国民として生きるか、人類社会の永遠の課題だ。

 

    • 上流に造るのではなく中流にも造るべきだ。  上流は洪水の時に使う。中流は逆流の備えとすべきだ。
      1.地震天災等による川の逆流が起こった場合。
      2.中流のダムで水とせき止める。
      3.せき止めた水は別の運河や細い川に水を分散させる。その間に上流も水を止める。
      4.中流ダムでせき止められた下流の水を枯らせ、海から逆流していく暴れ水をそこに巡らせる。

 

  • 日本人国籍には更新制度を設けるべきだ!!!

 

    1. http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-6213.html

 

  1. http://getnews.jp/archives/276618

 

これはいろいろ利用できそうだな。。

 

  • 企業献金とか献金問題。 献金はゲリラ問題と同じに扱えばよい。

 

ゲリラを交渉対象としたことが今日のテロ、ゲリラを跋扈させている。ゲリラが交渉相手となれば、ゲリラ&テロを送り込んだ国家はテロ、ゲリラは交渉相手なのだから自己責任はそっちだと言えるわけ(=自分たちはそんな責任はない)

 

 すなわち献金した企業、組織団体を責任相手としたことが政治献金問題の混迷の一環になったのだ。

 

 献金した相手はどうあれ、政治家の金銭問題は送金した相手ではなく使った政治家個人の問題として処理すればよい。そのためには政治家の使った金の制限と使用途を明らかにすることが必要だ。

« 去記 | トップページ | 去記 »

金甌論」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去記:

« 去記 | トップページ | 去記 »