2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 八十四 | トップページ | 八十六 »

2019年2月16日 (土)

八十五

信!中華一番!!

#「羌瘣舞う」

 甲冑を買って村に帰る途中でのこと。貂と信は羌瘣に会った。再会した信が喜んで、お前はこの辺に住んでいるのかときく。貂は信のほかにもこんな若い奴が戦場に言ったんだと思うが、ふと何かに気づく。 
 羌瘣はその甲冑全然似合ってないと言って、信をがっかりさせた。だが羌瘣は、お前の居場所は戦場、陽の当たる場所でこそお前の剣は最大限の力を発揮すると褒めつつもそれ以外の場所には近づくなと話す。何が言いたいのかわからん信は貂にきくが、貂もわからない。共に戦った誼で忠告しに来た、王宮には絶対に近づくなと言って羌瘣が去っていく。王宮ときいて驚く信と貂が待てと言うが、行けは必ず命を落とすぞと再度忠告して羌瘣が立ち去る。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。そして、王宮に.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 赫力たちに捕まった貂が羌瘣を見つける。貂が王宮の危機を事前に知っていた奴がここにいる時点でこいつも刺客だと分かる。赫力たちが何か用かと蚩尤に問う。蚩尤はその子とは会ったことがあるからこっちに渡せと言う。同業者は始末するつもりだったと赫力たちが蚩尤に狙いを定める。

 信は堅仙たちを7人まで倒す。2人まで減らされた堅仙は体勢を立て直すと言って下がっていった。信は貂を心配して後を追いかける。

 赫力剛拳! 素手で石壁を砕く彼らは気を外に練るう硬化術を駆使する。剣も通さないと赫力たち9人が一斉に蚩尤に襲いかかる。だが、

 Σ(゚д゚lll)スヒン!の一閃で3人まとめて輪切りにされたッ !! 怒った他の赫力も襲いかかるが、瞬時に輪切りにされる。硬化術に剣は効かない筈なのに8人が片づけられ、残る1人が恐怖で震え上がる。守られた貂もその光景に蒼白になり、最後の1人はこの化物がと言って…。。。。 
 回廊を進む信は凄い血の臭いをかぎ取る。そして、貂を見つけた。廊下の血塗れの死体を見た信は羌瘣がやったと即座にわかる。貂に羌瘣がどこにときくが、貂が分からないと答える。先に言ったのではと信が進もうとすると、貂が止める。信にあいつは普通じゃないと貂が戦わないように言うが、信は俺の方が強いと自信たっぷりに答える。

 御部屋で向がベッドで寝ている。傍らにいたはずの政が扉の横に立って剣を構えていた。大きくなる足音を聞き取り、扉の前で止まった時に自ら扉を開けて剣を振り下ろす。その剣を受け止めたのは…、信だった。   

 o(*^▽^*)o再び三人が揃う。                               

 

« 八十四 | トップページ | 八十六 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

うしつぎさん、こんばんは。

「長平の戦い」聞いたことあります。
趙括は兵法に通じていたものの実戦経験がなくて負けたんですよね。
趙括の父親趙ショは名将だったそうですが、息子では勝てないとか言っていたそうですね。
白起が趙兵40万を生き埋めに。日本人ならちょっとできないですね。

政の過去。紫夏という闇商人に命を救われました。
受けた恩恵を次の者へ。政も恩恵を次の者へ与えるのでしょうか。

刺客軍団が勢揃い。羌瘣もいます。
この話アニメではありませんでしたね。
信は刺客相手でも強いですね。

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>「長平の戦い」聞いたことあります。趙括は兵法に通じていたものの実戦経験がなくて負けたんですよね。

 戦国期の名将でベスト3に必ず「入れる」白起相手ではどうにもなりません。なんで趙王は廉頗を下げたのか!! 

 『国を亡ぼすには兵器も兵士も要らない。ただ軍事無能の政治家がいればよい。』

 うしつぎが歴史に親しんで得た数少ない鉄則の一つです。

>趙括の父親趙ショは名将だったそうですが、息子では勝てないとか言っていたそうですね。

 根っからの軍人でなく元は税務署の役人。王の一族だからと脱税しても小役人の趙さんはきちんと罪として部下を処刑した。部下を殺された趙?有名人にして王の一族・平原君が激怒した。
 怒った平原君に趙さんは国のためにも高貴な人がきちんと法を守らないといけないと説明すると、平原君はこの人は偉いと趙さんを中央に推薦したとか。

どっかのハトに聞かせてやりたい話です。その後、軍人として秦軍を破る功績を立てます。息子が不肖でしたが一族は残り、その子孫は三国志の馬超へ繋がります。

>白起が趙兵40万を生き埋めに。日本人ならちょっとできないですね。

 日本人の感覚では無理ですね。年末辺り、このネタを記事にしてみようかな。

>この話アニメではありませんでしたね。

 キングダムは長編のためアニメでは尺が削られる。ただ、うしつぎも一期、二期を見たのですがこの刺客篇を削ったのは正解でした。削ってアニメで綺麗に纏める部分はココしかなかったです。スタッフの好判断だったと今でも思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八十五:

« 八十四 | トップページ | 八十六 »