2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 一百六十一 | トップページ | 一百六十三 »

2019年2月23日 (土)

一百六十二

第162話

昌文君、言うのが遅すぎる(# ̄З ̄)

#「摎の正体」

 アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 太刀筋すら見えない龐煖と王騎の一騎打ち! それでも龐煖の大矛は王騎のカラダを傷つける。そのたびに秦の王騎を憎悪する趙兵は龐煖大将軍と歓声を上げる。⇒まあ、実際に王騎は長平の戦いの後に趙王都を包囲しているからなぁ。。趙兵にとって見ればあの人でなしと憎さ百倍だろう。。。

 飛信隊は結局、王騎将軍の一騎打ちの舞台に戻ってしまいました( Д) ゚ ゚。。。 本陣攻撃に参加しないのを気に病んでいる兵士もいましたが、軍令にはそむいていない筈なのでまあ大丈夫でしょう。

 趙本陣では依然として後退していました。趙荘は総大将の一騎打ちですら彩りに過ぎない(大笑い)。⇒某アニメで誰かもそう思っているだろうなぁ。 趙軍の司令部は趙荘がいる本陣なので総大将の一騎打ちにも動じません。しかし、それは王騎も分かっているので、歩兵全部と信頼できる騰の精鋭騎馬隊が趙荘に襲い掛かっています。

 さて、龐煖が王騎を押している。信もそれを見て驚き、飛信隊の面々は仲間を虐殺した龐煖を睨みつける。そして、龐煖が口を開く。

 身体に受けた傷はいえても心に受けた傷はいえない。王騎、お前も思い出せ、九年前の奴の死をと珍しく饒舌な武神だったが…、

 凸(`Д´メ) 黙れとばかりに王騎将軍が龐煖を斬りつける。龐煖はかろうじてかわすが、頬に大きな傷が出来る。それをみた秦兵が喊声を上げるが、信は奴の言葉に気を取られていた。 王騎は安心しなさい、私の心の傷も癒えていませんよと不敵な笑みを浮かべる。

 

昌文君、言うのが遅すぎる!!!

 咸陽では政が昌文君から六将の一人・摎の正体を知る。素性が大変複雑であるが、それは昭王が口にするのを禁じさせていたからだと。そして、王騎にとって大きな存在であったことを話し始める。しばし目を瞑って、昌文君が悲しい表情を浮かべて正体を告げる。

六将の一人・摎は女でした。そして、王騎の妻になる筈だったのです。

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! 美しすぎるぞ!!! なあんか信と女副将が被りそうな気がして。。。

 quotation:義風捫虱堂「私の心の傷もいえていませんよ。」 090619

« 一百六十一 | トップページ | 一百六十三 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一百六十二:

« 一百六十一 | トップページ | 一百六十三 »