2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 二百八 | トップページ | 二百十 »

2019年2月24日 (日)

二百九

第209話

#「玄峰、翻弄」

駻馬の如し 本陣突入する飛信隊。鎧も全くまとわないのに信は自ら先頭に立ち、矢の雨を先駆けする。子どもながら豪胆ぶりを発揮する新・千人将に騎兵達も士気が燃え上がり、突撃をする。 遠くで見ている廉頗、本陣の玄峰も名も知らぬ無謀の将に光るものを感じる。

 が、無謀がまかりとおるほど戦場は甘くはない。

策もなしでそれほど死にたいか。。。家康だったか。 そんな無謀の突撃など玄峰には通じない。拒馬槍みたいな仕掛けであっさり騎馬隊の動きを封じ、飛信隊騎兵の騎馬の大半を殺す。馬に乗れない騎兵は歩兵より鈍重で、隊長の信が吼えようともくじかれた士気は取り戻すのは至難。かろうじて羌瘣が踏みとどまる。

 見るに耐えないと玄峰が抹殺命令を下す。たちまち選りすぐりの騎兵達が殺される。そして、被害は信や楚水さんにまで及び絶体絶命にして最終回が迫る。⇒大体、奇襲にしても陽動の仕掛けがないとね。王騎将軍だって飛信隊の奇襲の前に左軍を出して陽動を使ったのに。信は学んでないか。

 しかし、運は何故か信に味方した。煙幕が飛信隊の後ろまでかかり、その煙の中から玉鳳隊が突撃してきた。

 信のまえにいる魏兵を槍で突き殺しながら、お前達に遅れを取っていたとは恥ずべきことだと何気に王賁が信に聞えるように呟く。

quotation:義風捫虱堂「キングダム 第209話」 100613 

 

φ(・ω・ )メモメモ 当時述懐

 この頃「桶狭間戦記」最終章がヤンマガで連載決定したので、今川義元と織田信長の戦いの結末まで連載するそうなので筆気がたぎってたなぁ。。。 「キングダム」はここ数年は連載すること疑いないので安心しています。今をおいて他にないと感想記事を綴った。

« 二百八 | トップページ | 二百十 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百九:

« 二百八 | トップページ | 二百十 »