2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 二百三十二 | トップページ | 二百三十四 »

2019年2月27日 (水)

二百三十三

第233話

#「大事な仲間」

Σ((oÅO艸*) 遂に副長が女でしたと飛信隊全員に知れ渡ってしまった。 (ということはホウケンに吹っ飛ばされた時にハチマキが解けた時は誰も見ていなかったんだな→) 什長・朱亥が今までどうして黙っていたんだ、何とか言えと信に怒鳴る。⇒ま、この朱亥さんの気持ちとしては戦場に女が入っているなんてというよりは、女なのに危険な戦場に入れたままで黙っていたのは何でだって感じかな。要するに女のキョウを戦場につれてくるとは何でだと若いときの昌文君の気持ちに似ているんだと思うよ。。 信は答えない。⇒なんか凄く王騎将軍とダブったね。昌文君に問われた時も王騎は答えられなかったからね。答えないというより答えられないのね。 そんな空気に什長・田有がぴーぴーうるせえぞと言う。⇒羌瘣が女だとばれた時点で田有さんがフォローに入るのは予想済みでした。趙戦で姫様だっこしたのはアンタでしたからね。もう気付いたでしょうから

 大人なら少しは察しろと前置きして、女だてら並外れた剣技を身につけて戦場に来たのは相当なものを背負っているんだと羌瘣を庇う。その言葉を聞いた信は田有に逆なんだ、羌瘣は空っぽなんだと隠していた羌瘣のことを皆に話し始める。

こいつの育った村ではひどい掟があって、掟の中で幼馴染の姉のために死ぬつもりだった。しかし、姉は殺され自分が生き残り、姉の仇討ちの旅をしているんだと。掟の先に生きることを考えなかった羌瘣にとっては、仇討ちが全てだった。仇討ちが済んだらそこで死ぬつもりだったかもしれないと信は話を続ける。誰も口を挟まずに黙って聞いていた。⇒ ( ´;ω;`)ブワッ 頭が悪かろうが知識が足りなかろうが、仲間をここまできちんと理解して皆に説得できる人間はやはり上に立つ器なんだよなァと思うんだ。アカウンダビリティもできない政治家集団がいつまで与党なんだよ、いらつくなぁ

 だけど羌瘣は少しずつ変わり始めてきている。仇討ちの先にも生きる場所がようやく見つかろうとしているんだ、それが飛信隊なんだと。信の話に飛信隊はみんなで羌瘣のことを知った。誰も何も言わなかった。⇒人は何かしらと力を有するものにつく。某漫画であった言葉だが至言だな。

 信は気付かなかった振りをしてくれとは言わないけれど、今まで通りに接してくれと皆に言う。俺達の大事な仲間なのだからと。 渕副長は大丈夫です、田有の言うとおり羌瘣殿は羌瘣殿ですと信の言葉に従う。皆も信の言葉に従う。 そこに尾平がいままで通りじゃ駄目だと吼える。

(◎´∀`)ノ尾平って弟を亡くして以来、猛然と戦う兵士になったよなあ嗚呼。。 いつかは女だとばれる羌瘣を守れるように、俺達がこれからもっと強くならなきゃねえんだと皆に叫ぶ。本当に強くなることが仲間としてしてやれること。尾平に改めて今後の飛信隊でやる目標ができたのだった。尾平をからかいつつも皆はその言葉に納得する。その羌瘣の剣を持つ手が震えているのを信は見逃さなかった。意識が戻っているのを知りつつも信は何も言わずに心でよかったなと励ます。

 大事な仲間を改めて受け入れた飛信隊。信は渕さんに戦況を俯瞰させる。中央軍はまだ魏軍が頑張っているが、輪虎を討ち取ったのでこちらが優勢を維持していると報告する。傷ついた信は尾平と昴に肩を貸してもらうが、足の止血だけで馬を求める。 信は最後にまだ行く所があると言って渕に中央部を任せる。行き先は勿論、高台の秦本陣!

 その頃、白老大将の本陣裏では

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 廉頗が猛威を振るっています。 守れえっと絶叫する蒙驁ゴウ大将軍と秦兵の首を撒き散らす鬼の廉頗大将軍の顔が凄まじいページです

 廉頗は先頭をきって敵兵を恐怖で凍りつかせる猛将と、自分が劣りになることで遊撃の私兵を更に動きやすくさせる用兵巧者もこなし、着々と白老大将軍の砦を攻略中。

 幕僚も震え上がり、大将の顔色を伺って廉頗が来ます(=どうすんの?)と言い募る。白老大将軍はまだ二合分残っていると諦めない。罠が無いだけ逐一攻略するしかないと守勢を言うも部下はそれでも時間の問題ですと悲観する。

 時間の問題、結構だと白老将軍は語る。それこそ儂の常勝戦術で儂が生きている間に副将のどちらかが敵を討ち取るのだと。 部下は王翦は後方に後退し、桓騎は行方知れずですと言うと、大将軍は逆に敵も桓騎を見失っていることだと言う。そのまさかを信じて守るのが儂の戦だとの言葉を裏付けるかのように魏の本陣に桓騎が肉薄していたのだった。。。

 

quotation:義風捫虱堂「言いたくないこと、秘め事が表に出る時って一番緊張するよね。」 101209

« 二百三十二 | トップページ | 二百三十四 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二百三十三:

« 二百三十二 | トップページ | 二百三十四 »