2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 一百四十 | トップページ | 一百四十二 »

2019年2月23日 (土)

一百四十一

第141話

さあ、荒ぶる神を「宿す者」と「墜とす者」どちらが天に選ばれし強者か、存分に示そうぞ!!

#「神の業」
 姜廆は龐煖(ホウケン)を前にして遂に蚩尤シユウの力を使う。シユウの神を呼吸法で身にまといながら、嘗ての象姉との会話が蘇る。 武神と戦えるのはあんた、姜廆だけだと。気の無制限な武神と戦うには歴代のシユウを超えている呼吸を持つ姜廆が超短期戦で戦う、そうすれば誰にも負けないのだと。

 フルパワー蚩尤・姜廆 vs. 武神・龐煖のバトル

さあ、舞うぞ緑穂!

 人に在らざるシユウの戦いはまるで舞っているかのように飛信隊の隊員達に映っている。しかし、その市の舞から繰り出される技は早過ぎて龐煖の大刀ですら捕らえきれない。剣術使いの崇原伍長でさえ理解できるのは、人にできる業ではないの一点だけだった。

 一方、秦軍本陣では王騎が干央の陣地から銅鑼が鳴ったことを部下の紋から報告を受ける。王騎は銅鑼が鳴ったことでひょっとすると趙軍総大将・龐煖がでてきたのではと予測を語る。部下の紋は驚く。 副官の騰は出陣しますかと主に促すが、王騎は憶測で本陣は動かせないと行動しなかった。たとえ起こっていても前線の兵士を信じるしかないのだと。

 姜廆は呼吸が最も深い状態でシユウの力を発揮する。シユウの姜廆は龐煖の大刀をかすらせもせずにかわす。更に龐煖の腕や服を切りつける。龐煖を翻弄する姜廆が遂に背後を取り、剣で薙ぐ。しかし、龐煖はその必殺の剣すら受け止めるのだった。

 呼吸の制限がある姜廆、遂にタイムリミットか?

 

quotation:義風捫虱堂「天に選ばれし者」 090109

« 一百四十 | トップページ | 一百四十二 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一百四十一:

« 一百四十 | トップページ | 一百四十二 »