2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 五百四十 | トップページ | 五百四十二 »

2019年3月24日 (日)

五百四十一

#541「預言の地」

中央軍から一万もの援軍で活気づく趙左翼。古参の兵が塩様と呼ぶ。塩は三日目にして李牧様は早くも堯雲様を送られたと言う。塩は若者たちによく見ておけと声をかける。堯雲様の周りを書こう騎兵の姿、他とまとう空気も違うのだと。

あれこそは正真正銘の堯雲様の直下兵団“雷雲”。数は二千程に減れど噂では領地内の練兵で当時の精強さは保たれている。 つまり、あれこそ現存する

 あの廉頗と肩を並べた“幻”の三大天藺相如の軍勢だ。 若者たちが固唾をのみ見続ける。しかし、幻と聞いて戸惑う者がいた。塩はそうだ、幻だと答える。

三大天藺相如は実力絶頂の時 突然病に伏しそのまま絶命した➡えええええ!!!

 秦六将、魏火竜、そして趙三大天。天地を震わせた英傑たちの乱舞の主役のお一人がなんと病であっけなく姿を消した。その儚さ、切なさに藺相如様はまるで幻のような御方であったと…。 

そして、その時に誰よりも深く悲しみに暮れたのが…、堯雲様だった。 ☔雨の中、その慟哭は邯鄲中の人間が聞いたと言う。 部下は藺相如様の将は十人いたと問う。 藺家十傑と呼ばれた彼らは藺相如様が病死した後、八将は殉死するがごとく無理な戦場に身を投じて壮絶に戦死した。 相如様の死後、矛を置き戦場から離れて生き残ったのが堯雲様と趙峩龍様…相如様が息を引き取る時に戦場から離れて、相如様の左右の手を握っていたのがお二人だ。 その二人だけが戦場から離れて生き残った。

それは何か相如様から伝えられたのではと聞かれる。塩はそう考えられておる。だが、それが何かは当のご本人にしかわからぬ。この大戦でお二人がともに揃って戦われるのは嘗ての…。

 その栄光を塩が言う前に堯雲が趙峩龍と会う。こうも早く呼ばれるとは予想外だったと互いに言い合う。 堯がお前に予想外があるのかと言う。趙は王賁という若き将がそれだと答える。 堯は亜光だけではないというのかと聞く。 今はまだ亜光が格が上だが、いずれ追い越す。それがいつか分からぬがと高い評価を下す。 

 敵の評価にまあいいと話を止める堯雲。相手よりまずは己だと。 見えざる敵を相手に練兵はしてきたが実戦は久しぶりだ。まして本気の戦いとなると十数年ぶりになる。 趙がまずは汗を流すつもりかと言うと、堯はそういうことだと答える。趙もお前らしいと言って、その戦いぶりを了承する。

堯雲が気づいているかと趙峩龍に言う。この地こそ偉大なる主が最後に我らに預言された朱海平原だと言う。趙は主の死の間際の言葉を反芻し、やがて思い出した。 あれは、本当にそういう事だったのか…。馬上で趙が流す涙と共に震える。

 やがて戦いが始まる。

 堯雲軍が瞬く間に亜光軍の前線を粉砕してしまった。 敵味方共にその力に瞠目する。汗を流すところか雷雲は全く衰えておらぬと趙峩龍軍から声が出る。 

趙峩龍は馬上で主の言葉を考えていた。あれは 我らの殉死を止める死の際の虚言とばかり…

 死の間際に藺相如は堯雲と趙峩龍に二人が殉死することを止めた。夢を見た、お前たち二人が朱き地に勇ましく立ち大いに矛を振るっていた。二人にはまだ役割が残っている。故に我の後を絶対に追ってはならん! 涙で応える二人。

 堯雲、その時は朱き平原を……敵の地でさらに深き朱に染めてやれ。 故主の言葉通りに堯雲が戦う。

« 五百四十 | トップページ | 五百四十二 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五百四十一:

« 五百四十 | トップページ | 五百四十二 »