2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 三百九十六 | トップページ | 三百九十八 »

2019年3月10日 (日)

三百九十七

#「本陣へ」

 玉鳳隊、最初にノルマ達成! 魏火竜最強の紫伯を死闘の末に葬った王賁。心臓を貫かれた紫伯は消えゆく意識の中で愛する妹・季歌の思い出と共に馬上から崩れ落ちる。大将同士の一騎打ちを制した王賁は味方の喊声と共に勝利の祝福を受ける。

 まさか本当にしとめるとはと関常は驚きを隠せないながらも、素早く配下の者達に勝利を敵味方に触れ回らせる。死闘を制した王賁が疲労で馬上から倒れそうになるが、番陽が支える。お見事ですと涙あふれる番陽が王賁を讃える。 番陽は大将の傷と疲労を考えて一時の休息を勧める。しかし、王賁はその勧めを払って直ぐに進撃を味方に命じる。 目指すは呉鳳明の本陣へと…。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*飛信隊パート○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 信と凱孟の一騎打ち続行中であった。 同時に軍師同士の戦術合戦も続いていた。

 凱孟軍を差配する荀早は飛信隊の動きを特に右翼から見ている。 飛信隊で特に危ない一人の女副長(羌瘣)が率いる部隊が最も強いからだった。 

 その右翼の攻撃に対して荀早は厚みを作って防御する。元々、凱孟軍は守備がうまい軍でもあり、その間に大将の信を倒そうと計っていた。それでも敵軍師の采配にひねりがないことが気がかりであったので、慎重に軍は現状のまま進めていた。

 このまま終わりではないだろうなと荀早から思われている飛信隊軍師の河了貂。彼女は信の左翼が押し込まれているのを見ながら何かを計っている。 更に危なくなる信の左翼に忸怩たる思いをにじませつつ、凱孟と信の戦場が左に流れたのを見て、動く。

 陣太鼓を叩かせ右翼に合図を送る。その合図を聞いた羌瘣。

右翼の羌瘣が暫し信と凱孟の戦場を見る。どう見ても信たちは劣勢と分かった。不安に思う羌瘣に我呂が声をかける。 羌瘣は右翼の攻撃を止めて隊列を整えさせると…、

 Σ(゚□゚(゚□゚*)羌瘣達は信たちから離れて呉鳳明本陣へ突撃をかけた!!! 凱孟軍の兵からも大将を見捨てる気だと声が出る。 事実、本当に大将の信は最有力の右翼の援護から切り離されて孤軍になってしまう。 

 荀早も正気かと思うほどの無謀な機動であった。呉鳳鳴本陣は友軍の連携網で2万を超える数なのに飛信隊右軍は3千位だった。念のために五百を追撃させた後、荀早は飛信隊の信に狙いを移す。 中央から左翼までの兵を全部、飛信隊の信目がけて投入する。

 軍師の差が出たなと凱孟は言いながら信にきつい一撃を放つ。 軍師の貂の側にいる幕僚からもこのままではと戦況を危ぶむ声が出る。しかし、これは作戦の範囲内であった。

 未明の軍議で貂は飛信隊が本陣に向かうには信が死地に陥らなければならないと信ら将校たちに告げていた。 あまりの危険に副長の渕さんも苦言を出す。しかし、貂は信にたたとえ凱孟に勝ってもそこから抜け出られないと。

 

 右翼が作戦通りに本陣へ突撃したので副長の渕がこのまま我らがと皆の士気を鼓舞する。その時に凱孟軍の兵に斬られてしまった。馬上から落ちる渕。

 それを見た信は田有ら百将たちを使って左に流して戦うように部隊を動かす。崇原ら歩兵には突破口を作るように命じた。⇒蕞城の攻防戦以来、信も部隊指揮が的確になってきたなぁ。指揮も成長するが戦略の成長も欲しいですなぁ。 
 だが、凱孟軍が更に増援されて信たちを押し込んでいく。 百将の田有にも敵の槍が突き刺さり、什長の澤さんも負傷する。必死に耐えている尾平の什隊は殆ど潰されていた。

 貂から逃げきれない信たちはその場でとどまって戦うのが貂の作戦であった。戦って、戦っていればとボロボロの信たちは奮闘する。それを見ていた貂がとうとうたまらずに声を発しようとしたその時…、

 援軍がやって来た! 間に合ったとか細い声が口から洩れる貂。 それは隆国軍であった。

 まったく世話の焼けると愚痴る隆国将軍は自軍を率いてきた。援軍到着に凱孟たちも驚く。 凱孟の前で信が丘の向こうにいた隆国軍だ、なにも味方の連携はお前たちだけじゃないと言う。 軍師の差が出たなとボロボロながらも信は言い返して闘志を前に出す。

 

 乾坤一擲の玉鳳隊。紫伯を討ったのは殊勲だが本陣突撃と攻略の力まで残していない。対しての飛信隊は羌瘣、岳雷が残っているので本陣突撃攻略の力を残している。

 王賁は紫伯が要とみて〈目前の障害〉、
 貂は本陣攻略が要〈本陣突撃が目的〉と見ている。

 φ(・ω・ ) フムフム 戦場戦術に重きを置く武将としての王賁。戦略目的から戦場の戦術を考える軍師としての河了貂。 なかなか考えさせらえますなぁ…。

« 三百九十六 | トップページ | 三百九十八 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三百九十七:

« 三百九十六 | トップページ | 三百九十八 »