2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 三百九十七 | トップページ | 三百九十九 »

2019年3月10日 (日)

三百九十八

#「戦わぬ訳」               

∑(=゚ω゚=;)絶体絶命の信たちの下に隆国軍が援軍に来た!! 援軍を計算に入れてなかった荀早は抜かったわと舌打ちする。絶体絶命の信たちは喜ぶ。隆国軍はたちまちに凱孟軍を押しこんでいく。 

 援軍の理由。それは、貂が戦場の隣にいた隆国軍と援軍要請をしていたから 

 隆国将軍の幕舎で貂が隆国将軍と対峙する。貂は自分の作戦を説明し、右翼が本陣に突撃した後で孤軍になる信たちを助けてほしいと。早すぎれば相手に気づかれる、遅すぎれば間に合わないので頃合を見計らって駆けつけるようにと。
 幕僚たちは貂の要求にこちらも激戦中、援軍要請なのに条件付きなのかと文句を並べる。当然の反応だったが隆国将軍は静かに対応する。こちらは山を越えていくのだから容易ではないぞと。しかし、貂は隆国将軍ならばたやすい筈ですと答える。⇒まさか出来ないとは言いませんよねえって煽るのかよ…。 まあなと隆国将軍は簡単に言う。
 全ては著雍を取るために。 貂がそう言うと、隆国は調子に乗るなと賢しげな軍師に一言釘をさす。戦中に援軍を要請するのは恥と思えと。一つ貸しだと隆国将軍は貂に答えて援軍を出すことに決める。

 ι(´Д`υ)アセアセ 新手の援軍〈隆国軍〉とぶつかり、たちまち劣勢になる凱孟軍。 なぜか隆国は凱孟には貸しがあるからと呟く。 凱孟が自ら囮となって儂を嵌めたのかと信に問う。信はお前を嵌めたんじゃない、魏軍全体を嵌めようとしてるんだと答える。もう戦局は一転してしまった。凱孟の部下達が一旦お下がりをと退却を口にしてくる。

 王騎らと同じく、貴様も儂との一騎打ちを拒むのかと凱孟がこぼす。おまえがこのまま戦うならもちろん戦ってやると言う信だったが…。

 どこか引っかからないと信は凱孟に疑問がわく。信は凱孟の強さは本物なのに荀早から王騎、廉頗将軍らは一騎打ちを避けたとの話に納得できなかった。信の直感が閃く。

 避けたのではなく相手にされなかったんじゃねえのか?

>> ((・(ェ)・;))相変わらず信の直感て相手を知る点で冴えるよなぁ。。 はよう戦略面でそれを活かしてね(笑)。

 その言葉に凱孟が驚くように信の顔を覗き込む。 それは思い出すには十分だった。

 かつて王騎と戦った頃の記憶。遂に王騎は一騎打ちには応じてくれなかったのだった。 王騎は言う、貴方は赤ん坊のまま猛牛になってしまった、困った人ですと。無邪気に一騎討ちと言われても割に合わないんですよ。そう言って王騎は下っていった。騰も王騎のマネゴトをしてさがっていく。去り際に王騎はぶつけ合うものができたら、いつでも殺ってあげますよと言い残して…。

 王騎の台詞を思い出した凱孟が信に貴様も“夢”だ“想い”だのと戦を美しいものに仕立て上げるバカ者かと悔しそうに言う。⇒ ((ノ)゚ω(ヾ))ううむ、凱孟さんとは臨武君と武神さんをまぜっこしたような人なのか? 廉頗さんにも同じような感じで避けられたのかも。要はうざいと(汗)。。。

 戦とは強者が欲望のままに弱者を屠る殺戮の場にすぎない。凱孟はそう言うが信は違うと否定する。⇒ ゚.+:。(・ω・)b゚.+:。秦王様、王騎将軍、麃公将軍と戦いの王道を学んできた信にそんな独りよがりの理屈は通じないもんね。 静かに否定する信。そんな信をみた凱孟は次に会うまでに儂の納得する答えを用意しておけぃと言い残して、剛刀一閃で退路を確保すると撤退した。

 窮地を脱した信たち。ほっとするみんなだったが信はお日様が高くなってると見て、次の命令を出す。大分遅れたが俺達も呉鳳明本陣へ行くぞとさらに追撃に出るのでした。⇒伊達に戦をくぐってませんね、信は。追撃できることこそが強い軍隊の基本です。その場で勝って安心です、動けませんというのは戦では甘いことは戦史が示してますから。

作戦発動中!!! 呉鳳明本陣に敵襲の報が次々にもたらされる。
 紫伯を倒した玉鳳隊が来た。 紫伯が倒されたのにはちょっと驚く鳳明だが、予備隊でからめとれと対応する。しかし…、

 続いて録嗚未軍が来襲しているの報がもたらされ本陣の幕僚たちが動揺する。そして…、

やっと敵の予備隊が出てきたと我呂が言う。明らかに対応が遅いと先頭の華奢な隊長が言う。このために少し遅れたと。 よく言うぜと返す我呂。

 飛信隊で呉鳳明の首を取るぞ! 飛信隊最強の副官・羌瘣が率いる軍が呉鳳明の本陣へ迫るのだった。

 

( ̄◆ ̄;)凱孟さん生き残り組か。。。なぜか武骨一辺とうキャラに好かれる主人公です

【問】さて、呉鳳明に一太刀浴びせる人は次のうちどれでしょう?

  1. 紫伯討ち取ってボロボロ王賁
  2. 魏火竜なしの役得で後で威張りたい録嗚未
  3. 三方面で最も武力チートの羌瘣
  4. 直感働かせて第四方面に出る信
  5. 全て予定通りと合格点確保する王翦

(・∀・)ニヤニヤ さて誰になるかな

« 三百九十七 | トップページ | 三百九十九 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三百九十八:

« 三百九十七 | トップページ | 三百九十九 »