2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 四百七十五 | トップページ | 四百七十七 »

2019年3月16日 (土)

四百七十六

#476「煙の真実」

突然、羌瘣が走り出す! 一騎で先に駆けていく羌瘣。それを追いかける信や貂たちは、副長の突然の行為に戸惑うばかりであった。どうしちまったんだと信が貂に話すが、貂もわからない。 けれども、貂は樹海の先に煙が立っていたことを思い出す。

 羌瘣は助けられた村の婆さんのことを思い出しながら馬を奔らせていた。敵兵であってもたすけてくれた婆さんは羌瘣の傷がまだくっついていないと心配する。羌瘣はそれでも仲間が待っていると言う。守り子は機会があったら返すと婆さんに言い、去ろうとするが婆さんは呼び止めて…。

 中央丘では趙軍が砦化を更に強めている。 対する桓騎は砂鬼一家に何かを命じてある。

 焼かれた集落にたどり着いた飛信隊。 黒羊の中にこんな集落があったのかと田永は意外に思う。貂は昨日の羌瘣が手当てしてもらったのはと思い出す。 信は全部焼かれているその場に違和感を覚える。 それを目にする貂はまさかと小さく冷や汗をかく。 飛信隊は人の気配がないことに不安を抱き始める。
 去亥が焼かれる前に逃げたのかと言う。田永も樹海に入れば隠れられるしなと同意する。そんな二人をよそに信が別の方向に目を向け、すぐにそこに馬を走らせる。隊長が動き、三案が慌てて後を追う。そこで待っていたのは…、

阿鼻叫喚の形相で死んだ人の死体の山だった━━Σ(゚д゚;)ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ━━!!

il||li _| ̄|○ il||li やっぱりかぁああ  余りの光景に声が止まる飛信隊の面々。彼らをよそに桓騎の兵たちが死体を荷駄車に積み上げている。女の死体を抱えて笑う奴もいる。女子供まで殺されていた光景に貂だけでなく田永も息をのむ。 信の目が見る見るうちにすさまじい色になる。 

 「何をしてんだ…、何をしてると聞いてんだクソ野郎共がァ!!」 激怒した信。駄目だと貂と渕さんが必死に止める。渕さんは乱銅の時とは違うと両手で信を止める。貂も上には桓騎がいる、ただでは済まなくなると必死に説得するが…。
  その騒ぎを聞いた反対の道にいる桓騎の兵たちが向こうでもめてんなと笑うが、彼らの横で誰かが立っていた。

 ∑q|゚Д゚|p羌瘣だった。 兵たちがせっかく積んだんだ、触るなよと言う。離れろと言われるが、羌瘣は何かを凝視する。それは…、

 ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ば、婆さんがァ嗚呼!!! 自分との縁で村の紫水晶のお守りを作っておいてやるから、終わったらここへ来なと言ってくれていたのに…。

 貂が横に羌瘣がいるのを見て、信を止めてと言う。 羌瘣はお前らがやったのかと桓騎の兵らに問う。 だったら何だガキと苛立って答えた兵達は…、

羌瘣の二度目キタ━━━( Д) ゚ ゚━━━━!!  止めてと言ったら虐殺した羌瘣に貂と渕が仰天する。 瞳孔が落ちて向かってくる羌瘣に桓騎の兵らが震えあがる。 
 待ってくれと命乞いする彼らは全部、お頭の命令でやっただけだと喚く。 信と羌瘣が憤怒の炎をまとう。

 

Photo

( ´・ω・`)アニメでも放送した高狼城の回以来、二度目の試練。  あの時は蒙恬が信をかばいましたが羌瘣は全員口封じしたのよね(汗)。 戦争の暗部をあれ以来、出世した信はどう対処するのだろうか。

« 四百七十五 | トップページ | 四百七十七 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四百七十六:

« 四百七十五 | トップページ | 四百七十七 »