2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 五百七十二 | トップページ | 五百七十四 »

2019年3月27日 (水)

五百七十三

#573「立ち向かう者」

 キタリがカタリの仇ブネンを討った! 背後の喊声に壁とフィゴ王ダントがメラ族の勝利を知る。後は犬の王との決着だとダントがちと厄介な犬戎王との戦いを仕切り直す。が、ロゾの猛威は止まらない。
         
  犬戎王ロゾはダントを矛で弾き飛ばし、フィゴ族の戦士達をなぎ払い、時には片手で彼らの頭蓋を握りつぶしていた。再度、ダントがフィゴ王の名乗りを上げて犬戎王に挑む。だが、ロゾの矛はダントを近寄らせない。破壊に悦に浸ってきたロゾはたかが一部族の分際で王を語るな下郎がと罵声を浴びせる。貴様らは西の山界で山の民などとほざいておるが、元をただせば我ら犬戎こそが西戎の祖、我こそ貴様らの王なのだ、王に刃向かいし愚か者がどんな報いを受けるかその身をもって知るがいいと山民兵たちに告げる。 
        
 犬戎王の言葉にダントが何が王か、何が祖だ、何百年前のことをほざいているのだと言い返す。我ら山の民と貴様らは違う。貴様らが陸の孤島撩陽ですくんでいる間、我らは西にあって戦に戦を重ねてきた。我らは己が手で覇を挑んでいたのだ。己の夢に向かい常に立ち向かってきた、
  そしてそれは秦人も同様だ。だからこそこうして同盟を組んでいる。貴様らが王などと片腹痛い、勇者共の王なら貴様自ら夢に挑まぬか山界の王・楊端和のように。立ち向かってきた者の力はお前の威力より百倍強いわ。山の民としての誇りを叫ぶダントの矛が犬戎王の身体をたじろがせる。  
  
 しかし、それでも犬戎王の力はダントを押し返す。ダントはロゾの矛をこらえながら、こちらがここまで囮になっているにいい加減に討ちとらんか平地の将軍よと壁の力を待っていた。

 楊端和の元に新族長キタリがやってきた。相当にしんどい戦をやったな楊端和とキタリは死王をねぎらう。楊端和もまたお前もカタリを失ったと哀悼の念を表す。キタリは仇を討ったからそれは言いっこなしと返す。そこに大将を討ち取られたブネン軍が楊端和達に襲いかかる。
  ブネン様を失っては我らは家族まで犬戎王に殺される。そうなる前にせめて楊端和の頸を挙げるしか生き残る術は無いと必死で攻撃する。メラ族が楊端和の周りを固めてブネン軍を迎撃する。キタリは約束だから楊端和を守る、だから、お前も犬戎王を討ち取れと壁の武運を祈る。
    
 💧当の壁将軍は犬戎王の背後の精鋭がどうしても抜けなかずに焦っていた。側近もフィゴ王の疲労が激しくてこのままだと討ち取られるのも時間の問題だと言う。尚も焦る壁だが着実に犬戎王との距離を詰め始める。

 

 そして、フィゴ王の時間稼ぎで遂に壁は犬戎王の背後から斬りかかった。だが、その気配を察したロゾは巧みにかわして矛を横に薙いだ。壁は接近しすぎたために刃で斬られずにすんだが、柄を横腹に受けた。それでも犬戎王の怪力の一撃により壁は口から泡を吐くほどにその場で悶絶してしまう。愚か者がとロゾが捨て台詞。
   

 しかし、同時に背からダントが矛をたたき付けた。振り返る犬戎王とダントが同時に横を薙ぐ。斬られたのは共に乗馬の首のみだった。しかし、馬から初めて落ちたロゾ王に犬戎達の叫びと共にダントが止めの矛を振り下ろす。それでも尚犬戎王の怪力はダントの矛を跳ね返し、逆に地面にたたき付ける。逆に止めを刺される形になったダント。だが、彼はロゾの矛を自分の側で押さえつけてしまった。不審に思うロゾ。そう、ダントは尚待っていたのだった。

仕方ない。今宵の英雄の座は譲ろう、壁将軍 その言葉と同時に犬戎王の背後から死に体だった壁が虚ろな目と泡を残した口のままで襲いかかる。☆こ、これは…、 ☆あの時の形ではないか!! まるで五千将の弟の如き気合いを叫び、壁将軍が犬戎王の頭蓋を深々と断ち切るのだった。 ☆代打逆転サヨナラホームラーン!!!

 

 

 

« 五百七十二 | トップページ | 五百七十四 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五百七十三:

« 五百七十二 | トップページ | 五百七十四 »