2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 月報 | トップページ | 世界中傷 »

2019年4月 1日 (月)

令和

平成の後の新元号。

「令和」 

なんじゃらほい 初見のうしつぎが最初に思った気持ちがそれでした。ココログのつぶやき広場にいってみると、どうやら万葉集から引用されたらしい。 前に元号を漢籍からでなく日本の古典から引用すべきではと誰かしらの声があったので、嗚呼それでなのかと思う。

 もう決められたことなので直しようも無いのであるが・・・、今日一度だけのたまう。

      

 これ選んだ人って日本文化舐めてんな。 日本文化が日本人独力で成り立ったのだろうか。

 そもそも文化にも起源がある。西洋文化にもギリシア・ローマ文化がまず土台になってそこから各国家の文化が成った。その派生分派の所以は文字である。だからこそ国たる社会は文字を厳正に守る。それは民族が外の勢力から団結するための柱とする防衛措置であり、それ故に国、民族としてまとまる文化として文字が最大に活用されてきたのが人類興亡の歴史に必須の足跡であった。

 だが日本においてそのような諸外国のようにまず争いありきの歴史では無い。古代では難民部族たちが大挙して入れる国土では無かった。それゆえに半島や大陸からの文化も軍船随伴で来なかった。それゆえに日本では漢字がもたらされても、それ故に民族間の諍いは起きていない(宗教は流石にあったが)。

 やがて菅公により遣唐使廃止が朝廷で決まり、国としての文化の成長が始まる。漢字をかなに変えて、日本語の文化が始まる。しかしながら、諸外国に起こったようにそれ以前の外来文化に対する排斥や差別をしなかった。 
 そして、白文とも言われる漢籍の読みを日本人はさらに日本語として改良した。漢文の授業を受けた人ならわかるであろう、返り点、レ点を発明したのだ。漢籍の漢字のままで日本語として漢文を読む。漢字の形をなるべく壊さずに、且つ日本語として漢語ではない国語にしてしまったのだ。 故に例え中国から来た漢字であろうとそれは日本語として歩み続けているのである。

 たとえ中国の古典ないし漢籍であろうとそれは日本文化の一部、同志でもあるのだ! 

 独自の独自のとオリジナリティーを掲げ、自分の存在価値を発掘することが悪いとは言わぬ。だが、自分の中に自分がなじんできた他者の恩恵があって、それが自分を支え続けてきたことに敬意を払うことが邪道であろうか? オリジナリティーを掲げた挙げ句に他者の恩恵を排除して蛮族的な行為に及んだ歴史は昔も今も人類史の愚行であると当代の知識人達は証言していた。

 日本国では、日本人は、早くからその愚行に無縁であった。それこそ日本文化と誇っていいのだ。

 そもそも元号で何より必要なのは文字に託す願いであろう。縁起でも構わない。日本の歴史は元号に自分たちが生きる世の中に願いを託してきた。その願いを託した(提案した)人物がいかなる人物であろうともだ。
 「令和」に何の願いを託したの? 万葉集から引用した和歌では自然の美しさの意味に取れるとしても、それは人の願いを映した歌なのか。天なにをか言うやとは「論語」の教えである。天、自然は何も言わない。人の世の願いを叶えるのは最後は人であろう。

日本文化の成り立ちと誇りを知って、日本語として共に使ってきた漢字ある漢籍から元号を選んで日本国として独自性がないと引け目を感じる必要があるのか

« 月報 | トップページ | 世界中傷 »

金甌論」カテゴリの記事

平成焉誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月報 | トップページ | 世界中傷 »