2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 六百二 | トップページ | 時務を識るはキングダム愛読者乎 »

2019年6月13日 (木)

六百三

#603「十五日目の異変」

👣💨趙中央軍が急遽、陣形変えをする。 陣形変え、しかもこの陣形はと傅抵は急な命令に本当に李牧様からの伝達なんだろうなと部下に質す。配下は何度も確認したので間違いは無いと答える。 カイネは何かあったんだ、李牧様の想定外のことがと主の心中を察していた。

そして、それは当たっていた。。。


 📲✉趙中央軍本陣に鄴からの報せが届いた。 幕僚達は一斉に不安な面持ちになった。金毛も鄴からわざわざ朱海平原の戦場に報せが来るのか、いい知らせであるはずがないと思う。 大将・李牧はどういう知らせですと問う。

 鄴城主・趙季伯より火急の報せと前置きして伝者は言う。

「紛れ込んでいた賊によって鄴城内の殆どの食糧を焼かれ消失、城内は王都圏九城の難民であふれており飢えから必ず暴動が起る。起れば鄴は内から崩壊し、半日ともたず陥落すると!!

なっ ぎっ・・・鄴が落ちる!?  一人が猶予を質すが、伝者はありませんと答える。報せは“火急を要する”とあり、李牧様には“朱海平原の戦場を解き今すぐ南下し鄴を包囲する桓騎軍を討って城を開放されたし”と重ねて報告する。
 ここにきて戦を解けとの言葉に幕僚達が困惑する。金毛は確かに朱海平原の戦場で勝っても鄴を落とされては意味が無い、城主・季伯の言うように今すぐ駆け付けて鄴を開放しないと趙国が危ないのではと揺れる。

 だが李牧は猶予はありますと皆を驚かせる。それは・・・、

  1. 鄴から中継地の邯鄲まで鳥を飛ばしてそこから朱海平原に早馬が届くまで総じて丸一日かかる。
  2. 鄴が仮に難民に与える食糧全てを失ったとしても城主・季伯は賢人であり、最低でも三日は城内の暴動は抑えられるはず。
  3. だとするならば最短の猶予はあと二日ある。
  4. 今日のこの一日をかけて王翦軍を倒し、返す刀で鄴へ一日で行き取り巻く桓騎軍を討つ!

🆔どうみても予想外が入る猶予無い強攻策ですね。。 
 余裕の長期戦が一転して強行軍に変わり幕僚達も蒼白になる。金毛が間に合いますかと問う。他に道がないと李牧は断じる。今戦を解いて鄴に向かっても王翦に背を討たれてたどり着くことが出来ませんと答える。直ぐに李牧は今すぐ攻めに切り替え、“大鶴”に陣替えを全軍に命じた。

部下達が散会後、李牧は彼方の敵をにらんだ。  やってくれましたね 王翦

 田里弥は前の乱戦を解いて一度兵を下げる。対する趙軍の中、傅抵は李牧様が滅多に見せない超攻撃布陣“大鶴”を使う意味を思う。それは同じくカイネも今日攻める気だと分かっていた。

 倉央軍副長が趙のあの陣形は穏やかではありませんと言う。倉央も同感で、全面やり合いになると気づく。副長は解せない、趙は守ればいい戦局で馬鹿でも分かるのに攻めに転じたのは何故かと思う。何かしらの罠ではと考える。
 隊長はそれか、もしくは急ぐ理由が向こうでも出来たかだと答える。そして、この状況で李牧が急ぐことがあるとしたら理由は唯一つだと。副長は鄴に異変がと閃く。なぜ今更異変が起きるかと両者が考えること数刻・・・、王翦様ですかと言葉が出る。倉央は間違いなかろうと肯定する。 本当に・・・恐ろしい御方だと倉央は、そして田里弥も主の深謀遠慮に震える。

 その王翦は列尾を越える時、あの時描いた勝機がようやく形を成して浮かび上がったと語る。あとは手に取るだけだと手を握る。秦軍総大将は・・・、李牧を討つ! こちらも全面攻勢の陣に移れと中央軍に命じた。

    

 秦右翼の戦況は更に進んでいた  あ戦況を俯瞰している軍師貂は思った以上に趙左翼の抵抗が凄い、だけど秦右翼の勢いは更に凄いと味方の優勢と見ていた。

 戦況を見ていた馬南慈が退くと命じた。部下達は李牧様の中央軍の元へですかと質すが、馬は違うと言う。そのまま真後ろに後退する、尭雲殿にも伝令を送れと部下に命じる。真意は伝わると。

 馬南慈軍後退、岳嬰軍残党も続いて後退した。 貂の参謀達が先ず二軍を退けたと喜ぶ。だが娘軍師は違う、あれは戦略的目的があって退却したんだと言う。 貂は・・・

  • 趙峩龍を討ったが馬南慈も知略が深い・・・。
  • 俺たちを止められないと見切り、この場で軍が崩壊するまで戦うより退却して遊軍とし重圧をかける気だ。俺たちが李牧軍に全力で橫撃急襲できなくするために。
  • 右翼を半分に分けて背後の盾を作れば問題ないが、果たして半分の力であの李牧を討てるか・・・

 だがここで趙左翼にも異変が起る。

その変化は馬南慈、貂の驚きが同時だった。

 馬南慈の呼びかけに応えず尭雲軍と趙峩龍軍は逆に前に出てきたのだ

十槍を前に出して秦軍を蹴散らす尭雲。飛信隊信と玉鳳隊王賁を捜せと兵に厳命する。

 

_photo 戦で大失敗な事は負けることではなく逃げられること! さて尭雲は何を考えているのか?

 

 

 

« 六百二 | トップページ | 時務を識るはキングダム愛読者乎 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六百二 | トップページ | 時務を識るはキングダム愛読者乎 »