2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 終わった | トップページ | 六百七 »

2019年7月16日 (火)

謀攻

👀日韓間でうしつぎが予想したとおりになった

 現状ではアメリカは先ず手を出さない。出せないのではなく、出すべきでないからだ。

📖日本史でいうなれば小牧・長久手の戦いとみるべきである。この状況で池田勝入のように先に手を出した方が負けに回る。故にアメリカは日韓の現況には手は無い。 
 にも関わらず韓国はアメリカ、WTOにこの問題を解決してもらおうとしている。まさに三河入りした池田勝入の愚行を再現している。更に言うなればこの問題の原因は韓国にある。信雄の役が韓国であり、戦略的にもババをひいている。

 珍しく日本が戦略に適っている。 

✨安倍首相か、それともどなたかの入れ知恵か知らないが、今回の措置には戦略に適っており成功率はかなり高いと、うしつぎは思う。むしろ日本人らしくないの感さえある(大笑い)。

 それは、「孫子」謀攻篇にあるように、謀を討ち交を討っている。信頼関係の阻害による大義から軍事物資横流し(謀)を貿易特典の撤廃で攻撃した。正に謀攻といえる。
 貿易特典の撤廃により韓国と軍事物資を受けた人権阻害国家との交を討っている。その効果は北朝鮮の日本への抗議がそれを証明してくれた(お笑い)。

 長くなればなるほど韓国は追い詰められる。

👊国内外の不信が蔓延していくことは間違いない。反日活動が韓国で蔓延し、日本製品不買運動が広まろうとしている(2019年7月現在)。が、これは時代遅れと言っても過言ではないだろう。
 そもそも日本製品不買運動などアメリカでも昭和の頃にあったが、それが国論になるほど成功していただろうか? 中国企業と違い在外日本企業は現地人労働者をきちんと雇用しているため、不買運動で不利益を被ればそこで働き、商売する韓国人なのである。こうして益々韓国人同士の不信感を醸成していく。 これを政治家が止めるのが普通なのだが韓国大統領は其れを煽るので呆れるほか無い。

 韓国内だけでは済まされない。軍事物資横流しは国際社会でも大問題だ。ロシア、イラン、北朝鮮、中国等にでも流れていれば締め上げているアメリカにとって格好の攻撃材料である。彼らの韓国への突きあげどころか、責任転嫁さえ起るだろう。その動きによりアメリカは今後の戦略に敵に回る国々をきちんと色分けできる。

 韓国は暴発できない。

⤵追い詰められると暴発の可能性が問題に上がるが先ず無い。現在では韓国に在韓米軍がまだあるので。。。竹島上陸をする嫌がらせがまたも起きるかも知れないが・・・。 

    

今後の予想

一、韓国の横流し先の国々が騒ぎ、動く。 

👊これは間違いない。横流しが発覚した以上はそれに対する調査が進むので受けた国がどこかも分かる。それに対する反応がひっきりなしになるだろう。日韓の問題に留まらずに韓国や横流しを受けた国々とアメリカとの問題に波及する。

二、韓国孤立化に拍車がかかる。

💥下手をすると大統領弾劾まで行くかも知れない。

三、日本の対応が難しい。

このままでも成功できる。が、戦略的に完璧であってもそれが長続きするとは限らない。戦略的勝利後のその後が停滞するのは三国呉の周瑜、秀吉にも見られた。停滞から発展がなければならない。 それには何故勝ったのかの問いを先ず考え、そこから戦略性の源を突き止める。そして、その源から新たな戦術戦略に発展すべきなのだ。

🆔うしつぎならば、朝鮮総連の存在を使う。

« 終わった | トップページ | 六百七 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 終わった | トップページ | 六百七 »