2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 月報 | トップページ | 六百六 »

2019年7月 2日 (火)

時務を識るはキングダム愛読者乎

🆕韓国への輸出規制、トランプ大統領の電撃北朝鮮訪問。。。

 

 

_photo

 アメリカが中国へ攻勢をかけていくことに変わりは無い

 アメリカが欲するのは中国の"市場”であり、アメリカと対抗するランド・パワー国ではないからだ。メキシコと関税問題で休止した以上は、背後をきにせずにすむ。

 📖そもそもランドパワーの海洋戦略線がシーパワーの海洋戦略線にかちあうと冗談では済まないレベルになるのは歴史で証明されている。 パナマ運河近くに中国が手を出した時点でアメリカの警戒レベルは確実に上がった。

 中国とは当面は現状維持となった。だが戦をしても間に和睦したケースはいくらでもある。そもそも目的は市場なのだから実戦する必要も無い。(中国が台湾に侵攻するならその限りでは無いが)

 電撃的な北朝鮮訪問は中国へのプレッシャーとなる。 言うまでも無く中国と北朝鮮は唇歯の関係である。本丸に迫るのに堀を埋めるのは常套手段ではないか。

 💣今後は????

  • 益々韓国は包囲され孤立化していく。 :アメリカは北朝鮮領に直接入っていくのだからバランサーなど不要、かつ厄介者でしかなくなる。一番韓国が揺れに揺れると思う。
  • 北朝鮮も揺れる :アメリカ大統領が北朝鮮まで来た。これは相当の圧力。これで開き直って自国の外交勝利を歌う場合は譲歩を引き出せなくなる。かといってアメリカを選べば中国とはどうするのか?
  • 結果、半島と中国が揺れる。。。

 

 

« 月報 | トップページ | 六百六 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月報 | トップページ | 六百六 »