2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 遠きは近し、近きは遠い。 | トップページ | 当葉 »

2019年9月19日 (木)

読書感想

ジャレド・ダイアモンド:資源を巡り文明の崩壊が起こる。

😞これまでも資源の獲得はありましたが、文明は崩壊していません。。。日本の原発についてはエネルギー源の代替を考えるべきだとおっしゃっている。小泉元首相が脱原発を言ったがその代替エネルギーは自然エネルギーでまかなうに値するだろうか?

 人口の減少問題については良い方に受け止めている。資源需要の増大を抑えられるから

⁉資源需要の増大は人口に比例するのに一理はある。だが今では効率化による消費力、需要の大きさは昔より遙かにでかい。老人であろうとも介護コストは資源需要の増大に繋がると言えまいか。

 日本のように平均余命が長い社会は人類史上ありませんでした。 (中略)日本の超高齢社会において重要なことは既に多数存在する高齢者を活用することです

✨同感です! 定年退職制度、年齢制限を撤廃しましょう。

米国でもかつては定年退職制度がありましたが、雇用における年齢差別禁止法(ADEA)が制定された1960年代に廃止されました

✊流石だ。米国では81歳でも大学で教鞭を執ることができる。

孤独というコインの裏側は匿名性。誰にも邪魔されることなく動ける。。

👀成程、確かに言えている。

  • 15~19世紀にかけて中国が欧州と伍せなかったのは「統一の弱み」が現れたからだ。多様な王が出費を厭わず海外に出た
  • 米国は連邦制度で日本と同じように中央政府が存在しますが、独自の権限を持つ50州から構成される。その50州は政府が行う政策の50通りの実験場といってもいい。 ex.教育への投資額について増やした州と減らした州がある。数年後、成果をみて多様性から最善を選べた。
  • 人間の多様性。文化の多様性、文化的なクリエイティビティを生みやすい。科学的イノベーションも産み出せる。ノーベル賞受賞者が一番多い米国

💣欧州が海外に出たのは多様性からではなくイスラムに塞がれていたからではないか。第三の道模索で海外に出た。多様性と文化的クリエイティビティは比例できるのは一神教教徒であるからだろう。日本は島国人だが文化への寛容度は一神教文化でさえ取り入れるほど広い。だが、文化的クリエイティビティはやはり衝突・競争が前提なのかもしれない。

  • 富の格差が広がるとテロリストは贅沢な豊かさを憎み、贅沢な国へ移動していく。
  • 格差是正は日米の豊かな国の政策如何
  • グローバルな崩壊。連鎖的に崩壊する

📱移動はコストがかかるが、情報知識はコストがかからない。怪電波、フェイクニュースなどで昔より遙かに情報に触れ始める。しかし、移民移動のコストは高く、定住はさらに高い。おそらくテロリストが貧しい国で受け入れられるのは民族意識、一所懸命(=移住できぬ)の不平不満のはけ口になるのではないのか。 情報目安箱や瓦版(フェイクニュースから情報の是正、書籍の提供まで行う)を海外でもやったらいかがかなぁ。

バイリンガルがアルツハイマー病の予防になる。日頃の行動に注意を向ける

★すばらしい。早速サイヨウしたい。


ユヴァル・ノア・ハラリ:近い将来「役立たず階級」が大量発生する。自殺者が多いのは日本だけでなく韓国や東南アジアにも多い。人間だけが虚構というストーリーを信じて其れを守り戦争までする。人間はパワーを獲得する術を手に入れているが幸福に転換する方法は分かっていません。

二十一世紀になり民主主義は人類が今直面している難題を処理する能力を失いつつあるように思います。意外に思われるかも知れませんが、その主因はテクノロジーの進展です。テクノロジーによって、経済や社会が変化するスピードが加速しているからです。(中略)三十年後の社会がまるっきり分からない

📱分析する量が飛躍的に増えている。状況が予測できないので、将来のビジョンが持てない。。確かにスマホも新機種の出るのが早いから困るのだよねぇ。

 AIやロボットの出現で、今日存在する殆どの職業は三十年以内に消えるでしょう。そして、どういう職業がそれに取って代わるかも分かりません

💧❗❗❗❗❗

AIは大量の「役立たず階級」を創出する可能性があります。環境問題、テクノロジー、AIなどのグローバルな脅威がたかまっているのに政治が逆方向に行っているのは危険だ

🚩😖そういえば鎌倉~室町にかけて貨幣経済に幕府や武士階級は対処できずに政治が逆方向に走っていったなぁ。。

どんな大戦よりもジャガイモの方がはるかに重要であった

⁉👀それはジャガイモが病気や連作に強かったが故であろう。むしろ米こそが日本における不朽の重要さであろう。

 経済がモノベースから知識ベースに変化しました。エンジニアや経営者の頭の中にある知識になった。つまり、無形です。それを力づくで戦争で獲得することは出来ません。今日、戦争が広がっている地域は、まだ旧式のモノベースの経済が強いところだけです。

テロリストがやったのは、単にアメリカ人を過剰反応させることだけでした。(中略)核兵器はテロリストに対して抑止力として機能しません。テロリストはひとつの国ではないからです

💔でも北朝鮮はこの場合はどうなるのだろうか?拉致問題はテロに入るのだろうか??

ああかつて農業や工業の仕事が機械に置き換えられたとき、サービス業で新たな仕事が出現しました。(中略)今我々が子供たちに教えている殆どのことは、彼らが40歳になる頃には役に立たないでしょう

さて💣さて第三の仕事がAIの前に現れるか??

ベーシックインカムは他国の労働者に支払う?テクノロジーで失業した第一次産業の人に払えるのか??

  • 人間には生涯を通じて、自分をどんどん変えていく能力がこれから益々必要になる。
  • 狩猟民族のように、自分たちの力では環境を変えることができない世界に生き、自分自身を環境に適応させる柔軟性・適応力に学べ。
  • 自分の期待をある意味で制限。自分の限界を、これはここまで自分は及ばないと認める。広く学ぶ必要性

💡それこそ日本人が自然と調和しつつ育んできた積み重ねが世界で生きる時代になるのではないのか!


リンダ・グラットン: 心理学博士号取得→航空会社の臨床心理士→コンサルティングの仕事→ロンドン・ビジネススクールの助教授。来るべき長寿社会では「教育・仕事・引退」という「三ステージの人生」は終わりを告げ、「マルチステージの人生」が到来すると予言。年齢を重ねてからの「学び直し」が重要となる。

  • 金モノの有形<友情、健康、心などの応変力な無形
  • 学ぶ時間:5分、週末、二・三ヶ月
  • 共働きはストレスや負担軽減。働く人にとっても家事をする人にとっても。
  • 人の出会いを求めて都市の集中化が進む。
  • イギリスは求人に年齢制限を設けることは違法である。
  • 日本は義務教育費用で国民の学ぶ意識を支払ったとするのではなく、生涯学習をサポートする仕組みと作れ。ex.シンガポールや北欧。
  • 日本は60代以上の人が働けるようにする。女性がもっと働けるようにする。この二つを十分に活用せよ。
  • 定年制は廃止すべきだ。そのためにロボットも必要になる。
  • 大人と大人の関係の社会。それは互いに正直であること。真実の前に。
  • 会社を変えるためには個人でも生きられる才能キャリアを有していなくばならない。辞職して会社を揺るがせる方法も出来る。

😞やはり先の義務教育無償化はそのためのものなのだろうか??


ニック・ボストロム: 人工知能、人工配偶子。

😃人類進化に肯定的な学者。


ダニエル・コーエン: 労働者の生産性を上げるテクノロジーではなく彼らから取って代わるテクノロジー。もっと働けばもっと稼げるが幻想になった。良くなっているのに一般人には実感がないのはどの国でも同じ。経済成長の限界はムーアの法則が適している。AIはバファロッティ効果を促進させる。

👤今後、ますます人間そのものへの探求研究に時間が割かれていくのではないだろうか?そのほかの時間をAIに任せたまま。


ウィリアム・J・ペリー:北朝鮮がノーマル国になる分岐点?? 北朝鮮は日本にダメージを与えるために米国が配慮する。『核戦争の瀬戸際で』金正恩はレジーム維持のためにうごくから核兵器は使用できない。使用すればレジームは終わる。2000年の合意に署名すべきだった米国。全ての選択肢がテーブルにある=これから何をすればいいか分からない。


ジョーン・C・ウィリアムズ: アメリカン・ドリームは神話に化した。ホワイト層は夢が実現できなくて、プロフェッショナルに怒りと妬みを抱く。トランプのガキ大将の振る舞いに親近感を覚える。コンピュータが分極化を早めた。

ネル・アーヴィン・ペインター: 黒、オバマ嫌いトランプ。白人至上主義・・・1865年誕生。麻薬で死んだのが白人ならば他の理由だがカラーの人が麻薬で死ねばそれはその本人のせいと考える人々。少数派な現在。ヒラリーは女性だから当選できなかった。組織の長が肌の色で雇用しない理由だと言えば、雇う側は人種差別主義者だけでなく偏狭さ(bigotry)で違法、大問題になる。米国を再び偉大にする=米国を再び「白く」する。


😞AIの発達が社会に影響力が強い。米国がトランプのせいで分断化が強くなった。日本には年齢制限はマイナスでしかない。 

この三点は研究者達の意見で良く重なりました。やはり年齢制限がある就職、転職なんておかしい!! 

« 遠きは近し、近きは遠い。 | トップページ | 当葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠きは近し、近きは遠い。 | トップページ | 当葉 »