2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 水害対策 | トップページ | 即位礼正殿の儀 »

2019年10月22日 (火)

読書感想

金を負担するのだから使わせろ。

日本政府は「武器」に関するものは、全て輸出を止めていると思い込んでいるために、こうした技術や製品の輸出入までは調べていません。これも、武器輸出を禁止していることによる一つの欠陥でしょう。

日本の防衛産業は、輸出を規制されているため、市場が国内に限定されています。平たく言えばお客様は自衛隊だけ。だから、その産業規模は自動車業界の二十分の一に過ぎません。(中略) 他方、海外では、米国のロッキード・マーティン社をはじめ、軍事事業費率が90%を超える企業も有り、比率が過半数を超える企業が珍しくありません。

武器輸出三原則と政府統一見解を見直すべきでないでしょうか。むしろ、積極的に国際共同開発に参画し、日本の技術レベルを向上させて、我が国の防衛力の強化を図るべきだと思います。(中略)武器を売っても、いざというときには輸出をストップすればいい。

2009年(H19)久間章生防衛相が提言したが、「原爆投下発言」により辞任してその後は検討されていない。三木武夫以降、「三原則」の「対象地域以外の地域について」も、「憲法の精神にのっとり、『武器』の輸出を慎むものとする」と決めてしまった。これが諸悪の根源です。

もし、日米同盟が失われたら、日本の安全保障にとって、死活的な事態をもたらすということです。失われる最大のものは情報です。

🏨

  • 日本の核武装を求む。
  • 核分担システムの導入
  • 日米同盟を維持しつつ非核三原則の段階的廃棄
  • グアム移転の反省から米国とはガラス張りの交渉をすべき
  • 自衛隊で大使館警備
  • 防衛省内局の弊害:文民の武官抑圧
  • 二兆円予算で自衛隊を強く出来る。

📟

防衛面では麻生は口だけ。浜田靖一、福田康夫、小沢一郎、五百旗頭眞、亀井静香、石破茂の文民統制論、

F-22は3つのS:ステルス、アフターバーナーを使わずの超音速巡航、短距離離着陸

文民統制は予算関係、軍の高級幹部の人事権、軍事行動の決定権のみ。2015年でアジア最強は中国にひっくり返されるのでは⁉

😃2009年発売の書籍ですが今でも懸念する点が述べられてました。現実は厳しいですわ。。

 

« 水害対策 | トップページ | 即位礼正殿の儀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水害対策 | トップページ | 即位礼正殿の儀 »