2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 月報 | トップページ | 変化 »

2019年10月 1日 (火)

消費税10%・軽減税率

☀😵10月に入ったというのにまだ暑い。

👜早速にデパートで食品を買った。

とりあえず下書き。。。

☕全部飲食物だったので軽減税率でした。つまり消費税増額分をまだ経験していないのでした。

 

🎁実際にデパートで買い物をした時に・・・、

某漫画の小栗とアメリカ人との会話を思い出した。小栗なら軽減税率に賛成するのだろうが。。。

 軽減税率をウィキペディアで見ると、賛成した政党は公明党だけとあった。 嗚呼成程ねと納得しました。公明党は現状維持オンリーですからね。

 現状維持についてなら軽減税率は消費税8%より上がらないが下がりもしない。失敗も無ければ成長もしないとは言い過ぎか。

  

今日、デパートで少し物を買った。飲食物だけなのに消費税10%で計算をしていたので予想が外れてしまった。

👀しかも、税抜きの値段が上がっていた。

 軽減税率なので無理矢理値段を少し上げて端数を稼ごうという魂胆である。そこまでして四捨五入で利益を上げようと涙ぐましいというか、たくましいと言うべきなのか。。。

 しかしながら、値段を変えていても商品そのものや売り方が劇的に変わるわけでは無い。これからはむしろ、その方が問題になるのでは無いだろうか?

 現状維持税率のままでは税率がちっとも小売業の生産力・企画力向上に貢献していないのでは無いのか! 商売力が上がらない、努力が同じ域を繰り返していると言えないだろうか!!

 幕末に咸臨丸で米国に渡った幕府の侍・小栗は通商条約改正を米国に迫った。しかし、叶わなかった。漫画ではアメリカ人はレートが変わったのだから物価もそれに合わせて上げれば不都合は解消できると言う。対する小栗はそれが最も適していることは認めるが、レートに合わせて物価を上げまくったら庶民の生活では物が買えなくなり困窮してしまうと抗弁した。 アメリカ人はそんなことはどの欧米諸国でも経験してきたことです。改正するなら米国政府に言うしか無いと突っぱねた。

 どちらに理があるかではなく、どちらに利があるかという話だと考えなければならない。幕末の日本であるなら鎖国で国力が国際経済の流れに太刀打ちできぬほどに商業力が弱いので小栗に票を投じたい。

 だぁが、これが今ならどうであろうか?? 

 うしつぎならアメリカ人に票をあえて投じる! 

 幕末期ならいざ知らぬ現在の日本であるならば食うに困らない経済力を誇っている。であれば、今後のためにも軽減税率で同じ域での商売企画力に堕するよりも、全商品に消費税10%施行することで商業力、小売り業の企画力を負荷をかけて伸ばそうとは考えないのだろうか???

 軽減税率などといつまでも現状維持に甘んじるならばこの先に企業らの商売企画力は伸ばそうとしないだろう。同じ域を往復するだけになってしまうのではないのか?

 全商品に消費税10%をあえて賭けた方が良い。

  1. 💴10%だから会計予想が立てやすい。→家計から戦略が立てやすくなる。
  2. 🎁物が買えなければ困るのは企業、小売業。 だからコストコのように量によるまとめ買い企画を考える店が増える。

 😃増税とみれば不満が出るだろうが、10%と考えれば暗算しやすいから家計で予測立てやすいと思えないだろうか?

« 月報 | トップページ | 変化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うしつぎさん、こんばんは。

どうやらトランプは良識派の側についたようです
今、弾劾とかいう話がでてきたのはそのためだそうで。
ジェームズ・マティス、ジェン・ケリー、ジェセフ・ダンフォードといった人物が
トランプを支えているそうです。

英国は英国勢が2対1の票差でブレキシットを推し進めるのに賛成している一方、支配層は
狂ったようにブレキシットの実現を阻止しようとしているそうです。

イスラエルの戦争犯罪人ベンジャミン・ネタニヤフは組閣に失敗し収監されるそうです。

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>どうやらトランプは良識派の側についたようです

 私はトランプは“変わった”のではなく“変わっていない”との見方です。ツイッターを多用しているのもそうですが(笑)・・・、

 この方は最初から白人の米国を掲げ続けてます。不法移民への強い対応。中国巨大市場の自由化を迫るのはジョン・ヘイ以来の富裕白人層の夢ですので。 中国はそれを見抜いているので妥協譲歩が出来ると知っているでしょう。

 中国はアジアの覇権を握るために米国と対等に渡り合いたい。自分たちの力と富を伸ばす時間を稼いでおいて、力をつけたら対等の交渉(天下二分)をする腹でしょう。ソ連と米国を天秤にかけた昔のように。押し寄せる曹操(米国)に周瑜(中国)が対抗している感じに見えます。

 そう考えれば魏呉に呑み込まれたくない側ならば諸葛武侯のように天下三分を構想して日本が戦略を描けば良いのですが、安倍さんでは役不足でしたね。 小泉さんではそれ以前に舞台に上がっていないし。。とにもかくにも日本の政治家は歴史から戦略、地政学を学ばないのが最悪です。

>支配層は狂ったようにブレキシットの実現を阻止しようとしているそうです。

 英国は海洋国家ですから貿易の孤立化はなんとしても避けたいでしょう。日本のTPPに積極的なのは当然の理屈です。 かといって難民対策が止めきれないのは英国人の気質を難民労働者達で削がれかねないとブレキシット賛成派は思っていると。

>ベンジャミン・ネタニヤフは組閣に失敗し収監されるそうです。

 経済が立ちゆかないのが理由でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月報 | トップページ | 変化 »