2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 買い溜め | トップページ | 六百十六 »

2019年10月13日 (日)

台風一過で西郷さんの気持ちを察す

🌀☔台風が来て雨風荒れ狂う中、昨日は電車にお店と休業した。文字通りに外に出られず動けない状態になった。さらにはうしつぎは一昨日から風邪をこじらせていた。喉が荒れ、痰に鼻水が止まらない。咳も止まらない。 

風邪をこじらせたのは一昨日の仕事の服装で寒気を覚えたからだった。あの時から身体が寒かった。

🎽下着はもう袖なしは無理だな。。

台風一過の今日、うしつぎは生存確認。 近くの大河は氾濫水域まで達して避難警報が鳴ったが自宅の二階で待機して一夜明けました。まだ喉はガラガラですが、10時頃に川の水位が下がったので警報解除されました。

 台風の最中、風邪をこじらせた昨日のお話。。。

風邪をこじらせたうしつぎは、当初は外出出来ずにいた状態を深刻に受け止めなかった。

  1. 📖読書をすればいい。
  2. 📲ネットをしていればいい。

以下の理由から自室お籠もり状態を楽しもうと思っていた。

   

        

💥甘かった!!

 読書というが散々読んだ本ばかりなので読む前にストーリーがわかったり、記憶にあるもので直ぐに読み終わってしまう。

 ネットをやっても普段からのなじみのサイトやカテゴリーを使うので、新鮮でない。

 気分転換をしようにも外に出られない。外に出て時間を過ごす場所にたどり着けないし、OPENしていないではないか!

 ・・・・

 ・・・・

 ・・・・

時間が経つのが遅すぎる!!! 本当に朝7時から正午まで地獄だった。時間が潰れない。

お昼以降はそれなりに時間がすぎていった。これはおそらくは暮れ時が迫るので後は就寝と身体を休める時間が近づくと生体リズムがそう記憶しているからだと思う。 だからこそ迂闊に生活リズム(生体リズム)を壊すような徹夜を繰り返すのはしこたま身体を損ねる、生命力を削ると思った方が良いだろう。

 💡この時にうしつぎの長年の歴史知識が閃いた。

 閉門謹慎が本当に過酷な刑であるとようやく実感した!! 

 私達が籠もりで楽しんでいられるのは実は外に出られる、気分転換の自由があるからなのだ。本当になにも出来ない、自由が無い空間とは過酷なのだ。 江戸時代に閉門謹慎が重い懲罰刑であるとは知識でだが、それは本当に辛いことだったのだ。

⏰労働刑は疲労が辛いが、蟄居謹慎は精神が壊される。

 幕末、西郷南州は薩摩藩から沖永良部島で閉門蟄居させられた。死罪一歩手前とされた刑罰だったと知識だが、今になってそれが真実だと会得した。 

 本国から贈られた手紙や書籍があろうともいつかはそれも読み切ってしまう。今よりも娯楽が極小の江戸時代では永い時間を読書で費やすなど無謀である。ましてや西郷さんは勉強家でもあるので本といえども既読書ばかりではなかったろうか。終わらない刻こそ地獄。自害する者が出るのもさもあらんである。

🔍まさに知識は胆識になって初めて活用できる。学教教育はいかに教科書の知識を実体験と共に身につけさせ、学生生徒の胆識とさせるか。これが日本の未来の学校教育の目指す所ではないか。 いじめより生活の感動こそ教育の急務なのだ。

« 買い溜め | トップページ | 六百十六 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買い溜め | トップページ | 六百十六 »