2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 星が落ち | トップページ | 試行 »

2020年2月15日 (土)

六百三十一

#631「朱い階段」

死者の魂が行き交う"天地の間” 信が歩いて行くのを見つけた羌瘣は止めようと必死に叫ぶ。だが羌瘣の声は信に聞こえなくて・・・。

 やがて信のあるく先に朱い階段が現れた。 駄目だ、その階段を上ったら本当に戻れないぞと羌瘣が叫ぶ。その時、叫び続ける羌瘣の足場がぬかるんでいった。 信は階段を上ろうとするが・・・、

 待て 待って信 羌瘣は必死で叫んだ。すると・・・、

信が振り向いた。 しかし、信の後ろには誰もいなかった。今、誰かに呼ばれたような気がしたがと戸惑うが気を取り直した。羌瘣は信には自分の姿が見えていないが、声は一瞬だが聞こえたとかすかに希望を見いだす。 

 だが、そこに・・・、漂が現れた!

何でときく信。漂は案内だと答えて階段へ誘う。上がらないと彷徨ってしまうぞと二人で階段の方へ進む。そして、何故か漂は羌瘣の方に振り向いた。

 自分の所だけがぬかるんでいる、しかも沼になって力を吸い取られる。イや・・・命を吸われている・・・多分・・・このまま吸われて私も沼に・・・・・・

ふざけるな そうなる前にあいつを戻すんだ 信を・・・ 飛信隊の元に

くじけそうな心を奮い立たせる羌瘣は信を止めようと進む。

 信は漂と楽しげにこれまでの事を話して進む。隣村との喧嘩、戦場で強い敵をいっぱい倒した、千人の隊の長になったまで話す。漂はなんて隊の名前だ、何のために鍛えていたのか覚えているかと問う。それの問いに信は思い出せず、答えられなかった。

 見えない後ろでは羌瘣が追いかけていた。だが追いつけない、声も出ない、挙げ句に力が落ちていき吐血する。それでも羌瘣は諦めなかった。信と念じているにも関わらず・・・

 遂に漂と信は朱い階段の前にたどり着いてしまう。漂は他に話すことはないのかと信に確認する。信は色々あった気がするがと記憶がぼやけていた。しかし、一つ思い出したと言う。
 それは・・・、秦の国の王様と会った、しかも、そいつとダチになったんだと答える。下僕の俺がどうして王様と会えた?と自分の言葉に疑問を持つ。漂が王の顔を覚えているのかと聞くが、信は思い出せなかった。ダチの顔なのになぜだと。

 漂はじゃあ行くか、階段が消える前にと進もうとする。信はでもなにか一番でけーの忘れている気がするんだとぼやく。漂は黙っているが・・・。信はユメと一言だけポツリと言い残す。しかし、それだけで後は思い出せないと答える。漂が目をつぶり、もう行くぞ、さっさと上っちまおうと言う。信は階段を上ろうと足を進むが、何故か身体が動かなかった。前に進めないと言う信。それは・・・、

   

 羌瘣が抱き留めていた!!! 顔は涙でぐしゃぐしゃ、身体は弱って呼吸もままならない。それでも行かせたくないと必死に信を抱き留めていた。

 お前の隊の名前は飛信隊だっ 忘れるなバカ 羌瘣の悲愴の声は信に確かに聞こえた。夢を言おうとした羌瘣だが漂に口止めされる。それは、信自身が思い出せなければいけないのだと。 羌瘣の必死の声に信は・・・、

 階段を上るのを止めた。 信はまだお前達の元に行けないとはっきり断る。漂はなんでだとあえてきく。

 決まっているだろ、二人の夢だった天下の大将軍にまだなってねー 信はユメを思い出した。そうだったなと漂は応える。
 漂は今すぐにその光の穴から向こうへ行け、それでも戻れると言う。遂に戻すことに成功した羌瘣はよかったと何度も呟き、涙で顔をぬらす。その羌瘣に漂は俺は役割を制限されていたから、本当にありがとうと礼を言って消えた。

 足下にようやく羌瘣がいるのを信が気づいた。立てないので起してくれと羌瘣は言う。信が羌瘣を立たせると、羌瘣は涙を浮かべて信を抱きしめた。

 頑張れと言って羌瘣は信を光の穴に落とす。信が羌瘣を呼ぼうとするがそのまま消える。頑張れ信と羌瘣はそのままその場で崩れ落ちた。駆け付ける者がいるが・・・、

 沼に嵌まる羌瘣を二人が引き上げた。死んだ去亥、松左は役目がまだありそうな気がして留まって良かったと言い合う。二人が自分を助けてくれているのに羌瘣は涙がこぼれ落ちる。 

 そして、松左と去亥は羌瘣を光の穴に落とした。 じゃあな羌瘣、うちらの大将たのんだぞが別れの言葉。


羌瘣に言われてから飛信隊は必死に隊長の名を叫んでいた。 信どころか羌瘣まで息が止まってしまっていた。

何にも起きないぞと竜有。部下がもうと根を上げるが、田永が叫びが足りないんだと必死で叫ぶ。初陣以来の澤さん、沛狼も必死で叫んでいた。皆が絶叫合唱の中・・・

   

 信はひょこっと起きた。 

    

 たっ(隊長) しっ(信) 皆一斉に仰天の心地になる。 

 

 

 

 

 

 

K001_25 連載以来、これほど必死の形相の羌瘣は初にして最大でしょうね❗❗

 羌瘣は遂に漂を知ったので貂のアドバンテージがなくなっているのに、原先生は意図的にヨメレースで羌瘣の位置を上げてない?

« 星が落ち | トップページ | 試行 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六百三十一:

« 星が落ち | トップページ | 試行 »