2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 六百三十四 | トップページ | 雉 »

2020年3月20日 (金)

六百三十五

635「宝の山」

 

💥鄴城内で民と兵が争い始めた ひもじさから脱出したい民達。鄴城の門を開けさせたくない兵士達。遂に城門前の柵で暴動に発展した。

 もはや兵士は民を暴徒とみなして容赦なく槍を突いた。だが数で勝る民が仲間の死にも怯まずに柵を越えていき、やがて武器を奪って兵士の傷害を超えて城門の扉まで寄せてきた。
 扉を叩き始める民衆だがそれだけでは開かない。それが分かっている者達は武器を持って城の階段を駆け上がる。それは・・・ 城門の開閉室だった。管理している兵士達が難民達に気づくも・・・。

 🎵しばらくして、城門で待っている民達に大きな音が聞こえる。何事だと思っていると目の前に光が差し込んできた。

 その音は鄴の外で戦っている趙・秦兵にも聞こえる。そして、その音は李牧軍を絶望に落とし込んだ⤵⤵。 カイネ、傅抵から血の気が失せる。趙軍総司令の幕僚達も例外ではなく、鄴がと総大将につぶやくのみ。李牧は何も答えずに歯ぎしりして眼前の光景を見ずにうつむいた。

鄴が・・・ 城内の難民が鄴の門を開けて飛び出した。

 包囲していた桓騎軍は本当に中から開きやがったとその光景をあざ笑う。むちゃくちゃ腹は減ったけど面倒な城壁攻めしないで済んだぜと喜ぶ。 

 摩論はなんとか忍耐勝ちしましたかとホッと安堵する。忍耐弱い俺達がと部下も言う程のことで、ある意味奇跡だったと摩論は言う。黒桜隊は難民達の流れが弱まったら一気に突撃すると部隊の配置につく。

 城内では止められずに難民達を全部出してから守ることに切り替える。入れ違いで桓騎軍が入ってきたらここで返り討ちにして、再び城門を閉めれば良いと。🆔それが出来ればもっと前にやるべきでしょうね  📱しかし、城内から報告が来る。

 城門の滑車が民達に壊された!! 修理にかなりの刻が必要だという。将の胡魯が修理を急がせよ、我らが侵入を食い止めている間には必ず動かせるようにしておけと厳命を下す。
 胡魯は柵を用意、侵入した場合に弓隊を配備させる、後ろの予備隊も呼ぶ等矢継ぎ早に命令を下して対処を計る。その彼の前で難民たちがふきとばされていた。

だが彼ら(ゼノウ隊)は流れなど無関係に入って来てしまった

 て・・・と呼ぶ前にゼノウが胡魯を瞬殺する。守城隊も迎撃に出るが、くいものに飢えていた餓狼のようにゼノウ隊は趙兵を駆逐していった。黒桜、摩論が驚く。何より雷土が李牧軍の押さえで持ち場を離れやがってと怒る。

ゼノウ一家が城内で凄まじい暴威を振るったせいで鄴の守備軍は混乱し他の門からの侵入は容易であった

黒桜隊も入城する。先に入城した摩論はこれはこれは宝の山ですねと髭を撫でて言う。

元盗賊団の集合体である桓騎軍は巨大な城塞都市鄴に入城して更に士気が爆発し守備軍を一蹴 財宝を求めて奥の貴士族の居住区に突入したのである🆔なんか咸陽の戦いでも見たような光景があったなぁアア亜。。

一方、李牧軍は鄴へなだれ込む桓騎軍の姿を外から眺めることしかできなかった 目の前の雷土軍を突破し鄴を救う力はもはや残していなかったのだ 何よりもここまできて目の前で鄴の城門が開かれてしまったことで完全に士気の火が消えてしまっていた🆔カイネの目が死んでいるわ。

💨鄴城内では城主の家族や貴士族達が難民に紛れて騎馬で脱出を計る。だが、ここで妻が夫がいないことに気づく。皆が周りを探そうとすると、乳母が抱いている子供が空を指さしてじーじと言ってくる。皆が上を向くと・・・、

 鄴城の屋根に鄴城主・趙季伯がいた。城主は上から鄴の様子を眺める。

取り返しのつかぬことを・・・この鄴は趙の生命線であったにも関わらず 本当に取り返しのつかぬことを・・・天よ・・・儂が間違っていたのか・・・難民を受け入れてしまった儂が・・・  

 鄴城主・趙季伯、死を以て償う。 遙か下から城主を呼ぶ声は届かない。城主は鄴城から身投げする。
 この時になり、ようやく李牧軍後軍の紀彗と馬呈が追いつく。軍を再編成した李牧は乱戦を解いて離れていく。桓騎兵は情けねぇ奴等だと笑うが、桓騎はムダな死人出したくないんだろう、それにと別の点に気づくが言葉に出さなかった。

         

李牧軍は桓騎軍との戦いを止め溢れ出た難民らと一緒に鄴を離れた

つまり ここに 鄴が 陥落したのである

桓の旗が鄴に上がったのを見て信たちは喜ぶ。手柄は桓騎だが朱海平原の戦いのおかげだと田永は信と抱き合って喜んだ。信もこれで後から来る渕さん達が合流できれば完璧だと喜ぶ。

 王翦、桓騎と合流する 机に座ったままの桓騎に王翦軍が乗り込む。桓騎は思ったより遅かったなと最初に切り出す。王翦はやはりそう容易い相手ではなかったと答える。 お前らの兵も大分くたびれてやがると桓騎は気を遣う。
 我らも中に入るぞと王翦が言う。桓騎は構わないぜ、もうそろそろ中の大まかな掃除は終わっている頃だと返す。当然に桓騎兵は略奪している。 桓騎はだがやはり中には今俺達が一番欲しいものはほとんど残ってなかったみたいだぜと言う。王翦もそうであろうな、李牧が早々に一度離れたのもそのせいだと話す。舌打ちする桓騎。

 その理由とは・・・

 喜ぶ飛信隊に浮かれている場合ではないぞお前達と王賁が話す。今は喜んでいいだろと信、田永が言うと、それとは別の問題、大問題だと蒙恬も言う。ここに来る途中で王賁が王翦軍の将校から聞いた話だと。

 鄴は食糧がないから人が外に出て内側から陥落した。つまり、あの城に入っても俺達が食うものは残っていないことだ

 蒙恬の言葉に愕然とする信たち。鄴に兵を紛れ込ませて食糧を焼いたらしいと蒙恬が言うと信は何やってんだ王翦将軍はと当たる。貂はあの九城の難民の中にと王翦将軍の策に気づく。感心している場合じゃねえと信が言って貂が黙る。
 じゃあ最初から食い物がない俺達が鄴を落しても飢え死にするしかなかったのかと信が言う。王賁が李牧が早々に去ったのもそのためだ、鄴に秦軍を閉じ込めて遠巻きに包囲して餓死を狙うと。

 でっでもと貂はこうなることが王翦将軍には一番分かっているはずだから何か手があるんじゃと言う。🆔鄴侵攻前に最低の策とか罵っていたのが今ではここまで掌が返ったか。。。 
 蒙恬は勿論それがあると俺も王賁も思いたいと返す。だがと、蒙恬はどう考えても籠城してこの軍を食わすほどの食糧を手にすることは不可能としか思えないんだと嘆く。

しかし・・・・・・ 王翦はこの食糧問題を驚くべき方法で解決するのである

 

 

 

 

K001_25 趙の要害・鄴が陥落する❗❗

 食糧問題を解決する策として王翦がとれるものは次のうちどれでしょうか?

 ①他の城を奪取してそこから食糧を奪う。 ②昌平君との事前の打ち合わせによりアツヨを落して黒羊から食糧を持ってこさせる。 ③撩陽城から食糧を持ってこさせる。 ④人肉でまかなう。

 

 

 

« 六百三十四 | トップページ | 雉 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六百三十五:

« 六百三十四 | トップページ | 雉 »