2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 帰った 見た 感動した | トップページ | 桜花散る »

2020年4月12日 (日)

六百三十八

#638「水路」

 咸陽 ­ 鄴攻略戦前、

 

 

 王翦は総司令に出陣前にひとつ頼みたいことがあると言う。何かと昌平君がきくと王翦は総司令だけにともちかける。 

介億は自分はともかく昌文君にも聞かせられぬ程かと考える。それほどの極秘の事かと昌文君も察してその場を下がった。王翦と昌平君の二人だけの場になる。

王翦が仮に鄴を落しても恐らく兵站を断たれ鄴は飢える。その場合は――

私の目に狂いはない――――。

無い

撩陽(楊端和占拠中)

 外に張っているパコイ族から鳥が来たと秦人通訳担当ポナンが壁達に話をする。

📝王翦軍と桓騎軍が鄴に入城した。だが城には食糧は無い。 

 何故だと壁はポナンに問うも、ポナンはそうとしか書かれていなかったと答える。壁は本当なら大変なことになる。我ら撩陽は備蓄で持っているが王翦軍達はとっくに兵糧が尽きていると焦る。今すぐにここから兵糧を送らねばと息巻く。 それに楊端和が無理だと言う。

 同じくパコイ族からの報告で撩陽と鄴間は趙軍が幾重にも道に構えて遮断している。とても兵糧を抱えたまま鄴へ運ぶことは不可能だと。キタリがアホがと毒つく。
 続けて、鄴を救うには撩陽からでなく秦国本土から食糧を送らねばならぬと言う。壁はそのためには再び列尾を抜かねばなりません、だが、今では前とは比べものにならぬ程に軍が強化されているからそれこそ不可能だと反論する。
 楊端和はその通りだと肯定する。だから残された道は一つ・・・・・・鄴に兵糧を運ぶには水路しかないと言い切る。

だが――

 介億は兵糧船団が壊滅した光景に愕然とした。黄河の岸で突破に失敗しボロボロになって引き返していく補給船団の生き残りを見て、まずいと声に出す。

 舜水樹率いる趙軍は戦況を眺めていた。そこに趙水軍甲鬼将軍から完勝、秦の兵糧は全て河底に沈めたとの報告を受ける。配下がまだ尻を追っている船がいるぞと笑う。
 これで鄴に入った王翦軍はと部下が言うと、舜は終わりだと言い切る。ひいては此度の秦国の目論み・・・・・・鄴の攻略が失敗に終わったということだ! 舜は主の読みに絶対の信頼を寄せていた。

鄴(王翦軍占拠中)

 王翦軍兵士達と同様に飛信隊のみんなも空腹で倒れていた。 一人が呂安大丈夫かと声を出す。反応が一応返る。たまらずに泣き出す兵も出た。隣にいる同僚が空腹くらいで泣くな田羊と言う。だが泣いているのは其れが理由では無かった。

松左さんも去亥さんもいっぱい犠牲が出て・・・それでやっと朱海平原で勝利して鄴に入城した・・・・・・そ・・・そして結果は最後に鄴でみんな飢え死になんて・・・・・・そ・・・そんなの在るかよと悔し涙の声だった。

みんなの犠牲は・・・松左さん達の死はなんのためにとまだ田羊が泣いている。たまりかねて同僚が泣くな。少しでも体力をと慰める。その悔しさの声を聞いた干斗が松左さんここまでですと横たわったままで涙を浮かべていた。為す術無く時間は過ぎるが。。。

    

🌓🌃その夜、監車で運ばれていた李牧が突如、止めてくださいと大声を出した! 王都騎士団の者も驚く。

 見落としていた 一つ ひとつだけ・・・と虚ろな目の李牧が口惜しさに震えながら声を出す。そして、今すぐ鄴へ戻ってくださいと言い出した。騎士団はできません、王都に向かいますと慌てる李牧を宥める。では早馬をカイネに、伝令をと李牧は必死に形相で言う。

     

鄴(王翦軍占拠中) 🌓夜、異変が起こる

 空腹で倒れていた尾平が仲間の動きに気づく。仲間の一人が南の城門が開いてどっかの軍が外に出たらしいと答える。その声を聞いた仲間達が起きて逃げた、敵が来たのかと気にし始めた。

そして、尾平の近くの門が突如、開きだした。尾兵達は空腹だろうとも槍を手にして門の側まで駆け付ける。そして、彼らが見たものは・・・

🐴🍚🍚馬車に山と積まれた兵糧!!! 🚙🚢🚙🚢それが何十台もあった。

 文字通り目玉が飛び出るほど尾兵達は驚愕した。驚きの余り二の句が告げない。そして、ようやく認識し始めた尾平達は震え始める。

 邪魔だ、どけぃ通れぬわと王翦兵から尾兵達は怒鳴られる。しかし、まだ後ろから兵糧が山ほど続いておるのだ、お前達はさっさと晩飯の準備をせよと王翦兵は涙を浮かべて言った。 途端に尾平達は号泣して仲間達と抱き合い、喜び合った。

 郊外で外巻きしていた趙軍カイネたちが鄴の異変に気づいた。だが長蛇の補給団列を秦軍が護衛していて、趙軍がまだ集まっていなかった。焦れたカイネはうるさい、何故だ、あの大量の補給は一体どこから来ていると問う。
 列尾以外のどこかが抜かれていたのかと憤激しているカイネに、一人が違う、陸路にそんな路はないと答えた。続けて、あれはすぐ近くの黄河の岸に兵糧船団が着いて車に移していると告げる。今度はカイネが本当に驚く。

 そんなバカな、我らの水軍が抜かれていたのか、そんな報告は受けていないぞとカイネは動揺する。部下も大勝としか聞いていないと言う。伝騎兵は趙水軍は抜かれていない、こちらの水域に入った秦水軍は兵糧もろとも河底に沈めたと言う。 

 カイネはじゃあ何故秦水軍が鄴の岸に着いているんだとまくし立てる。伝騎兵は違うと声を張り上げる。分からないカイネに伝騎兵は岸に着いたあの補給船団は・・・ちっ違うんだ、あれは・・・。

 

咸陽

 もし鄴が飢えたなら兵糧を運ぶには水路しか無いと王翦は語る。昌平君も私もそう思う、そして恐らく李牧もそう考えるという。ああだから、"逆”から運ぶと王翦。 ❗

流石の昌平君も理解できずに今何と・・・と再度問う。  つまり、

分からぬカイネ達に伝騎兵はあれは秦の船じゃない。あれは・・・

"趙”をはさんで反対側の"斉”から運ぶのだ

斉国の船団だ!! カイネ達は驚愕する。

   

斉国王都-臨淄-

 蛇を口にする者が食料船団が無事に鄴の岸に到着した模様ですと報告を受ける。口にしたままほうかと返す。その者は笑いつつ仕方なかろうてと言う。

 斉王・王建王は秦が倍の値で食糧を買うというのだから売らぬ手は無い。買ったからには届けねばのう指定の場所にと指で輪っかを作って言い放つ。 その家臣も本当に良い商談でございましたとご満悦であった。

 

 

 

 

 

 

K001_25 予想通りになったわ。❗❗

 王建王様、アニメ第二回初顔見せおめでとうございます。 

 

« 帰った 見た 感動した | トップページ | 桜花散る »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六百三十八:

« 帰った 見た 感動した | トップページ | 桜花散る »