2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 春の大風 | トップページ | 掲示板 »

2020年4月 4日 (土)

六百三十七

#637「鄴の命」

秦の輸送隊を襲った趙軍。しかし、荷駄の俵の中は空っぽだった!

💢他も調べろと趙兵達は荷駄の俵を斬り裂いていく。しかし、どれも外れであった。この補給部隊は見せかけ、兵糧を運んでいない。部下達は主将の舜水樹に報告する。

 補給部隊を襲撃された介億は、参ったなと一言。予想以上に早くバレてしまったと言うと、補給部隊の兵達を退避させろと命じる。兵が宜しいのですかと問う。介億は本命は他にあると答えるのだった。

🚢補給大船団 黄河を下る大船団の漕ぎ手に千切れても漕げと命じる青忠将軍。部下が霧が出てきましたと報告する。将軍は天佑、霧に紛れて鄴に向かうぞと息巻く。

 

📱王都咸陽に兵糧船団が列尾の横を抜けたと報告が来た。軍総司令・昌平君は喜ばない。

また、李牧にとっても想定内で、舜水樹に鳥で黄河を使って兵糧を運ぶと既に伝えてあった。

 そのままかと舜はぼやく。逆にさらに裏をかいてこっちが本命の線もあるかと思ったが余計な心配であったと敵の行動に落胆する。

兵糧船団が列尾をすり抜け、河水の霧が晴れてきた。青忠将軍はまた天佑と吼えて更に上機嫌だった。が、

アホ共が 水路から鄴を救う術は既に封じてあるわ 

🚢🚢🚢趙の大水軍が黄河を遡ってきた。秦の水軍を見た彼らは一斉に矢を放つ。戦闘船を前に出せと青くなった将軍が慌てて命じる。追い風を受ける趙水軍の矢が遠くまで届き兵糧船団に命中する。
 💢敵の船が迫り、秦の水船に乗り込まれていく。兵も強く、戦闘船が突破されてしまった。怯むな、秦の水軍は最強、力技で突破せよと青忠将軍は檄を飛ばす。

 🚩笑止と敵の船から声が出る。上流と下流では河の水量が違う。それがすなわちそのまま水軍の練度の差、貴様らなど我ら甲鬼央大水軍の敵では無いと趙水軍大将は豪語した。
 力の差をみせてやる。黄河に血の涙を落すがいいと攻撃を強化する。鄴の命をつなぐその船団毎水底に沈めてやると猛る。

鄴城内では兵が空腹のために動けなくなる飛信隊も。。。 兵の一人がどこからか芋を見つけて信に差し出した。信は二つのうち、一つは羌瘣にあげるように指示すると、残りの一本はお前が食べろと労う。驚く老兵。
 一兵卒を労う元気は残っていた信だったが、周りの惨状に歯ぎしりする。こんな状態でどうすればいいのかと考えはするが。。

🎪鄴の外で様子をみる李牧軍。総大将の李牧は自ら目を離さずに鄴の様子を見ていた。カイネら幕僚達は李牧に天幕で少しお休みください、鄴の様子は我らが見張っていますと大将に休息を促す。
 実は李牧は胸騒ぎがしていた。頼みの綱は水路しか無い筈なのだがと思うが未だに思いつかなかった。だが、カイネの言を容れて天幕へ李牧は向かおうとすると・・・、👤🐴🐴本陣に騎馬の足音が迫ってくる。。

 「李牧様、王都邯鄲にまでご同行願います」

👀王印の騎士団が来たのでカイネ達は驚愕する。李牧は王命ですかと確認する。騎士はいかにもと返す。続いて、今すぐですかと李牧は問う。騎士は今すぐですと即答する。断ると言ったらとの李牧に騎士団は・・・、

側近達を皆殺しにして連行するだけですとカイネ達の背後を取って答える。歴戦のカイネですら背を取られるのに気づかなかった。否応も無いと李牧は頷く。李牧はカイネにここの引き継ぎを雷伯に任せると言った。

 李牧は監車に乗せられ王都へ連行される。 手は枷を嵌めらた李牧はまるで罪人扱いですねとぼやく。騎士は王命ですのでと答える。朱海平原の敗戦の咎ですかと聞くと、そう聞いていますと答える。
 李牧があと十日くらい王翦軍が飢えて鄴を奪還できる時まで待っていたらありがたかったのですがねと言う。騎士は仕方在りません、王命は絶対ですと少しさみしく答える。

 あなた方も大変ですねと李牧は話す。騎士たちがあなた様ほどではありませんと同情ともとれるねぎらいの言葉を返す。黄河の水軍の勝利の報せを聞いてから去りたかったと思う李牧は、残した舜水樹に信じていますと祈る。

そこさえ止めてしまえば王翦軍は飢え死にします。そこさえ止めれば・・・ 李牧の読みが当たり、黄河の水戦は趙側が圧倒的な勝利で終わる。

🌙🌃夜、咸陽に水軍壊滅の悲報がもたらされた。 文官達は全ての水軍を出したのにどうしてと戸惑う。伝者は敵側が想定していたらしく趙の水軍も全てを動員してこちら以上の規模だったと報告する。 臣下達が凶報に青くなる中、昌平君は出陣前の出来事を思い出す。

王翦 お前は・・・・・・ 

鄴攻略戦に挑む前、咸陽にて王翦が昌平君に頼んでいたことが。。。

 

 

 

 

 

 

K001_25 何気ない信の配慮が光っていたわ❗❗

 水路ですら陽動だというのなら・・・もう斉から兵糧を運ぶしかないのでは? それともアツヨから趙軍に偽装して運んでくるのかも知れない!! 

 

« 春の大風 | トップページ | 掲示板 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六百三十七:

« 春の大風 | トップページ | 掲示板 »