2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 月報 | トップページ | 春の大風 »

2020年4月 1日 (水)

NHKアニメ「キングダム」はNHK大河ドラマの視聴率を超える

💕天が誘っているような感さえある

【うしつぎの読み】

  • コロナウィルスの恐れによる外出自粛。
  • 自室自宅在住時間におけるTV視聴時間の増加の見込み。
  • 大河ドラマ後の放送時間。
  • 大河ドラマ「麒麟が来る」ストーリーの滾る展開の少なさ。

 

 

_photo

 

現在コロナウィルスで未曾有の国難がまた日本に及んできています。9年前にも国難に打ちひしがれ、当時の愚鈍なエリート達の振る舞いに失望を禁じ得ませんでした。

9年前の東日本大震災に漫画「キングダム」で連載されたお話が、これからアニメ放送される合従軍篇でありました。

あの時、「キングダム」を読んで私は随分と元気を鼓舞され、また、当時の愚かな振る舞いをする人々に悲しみと怒りを募らせたものです。

たかがアニメ、されどアニメ。

未曾有の国難が降りかかるとき、国民はそれぞれの立場で生き抜くために知恵と力を振り絞って頑張る。それこそが最も強く生き残る生物の本来の姿である。痛みに負けて自暴自棄になり、一時の安息を願うような、心に隙がある者は、あっという間に災厄に呑み込まれ、生きる時間も潰していくのである。

男であろうと、女であろうと、老人であろうと、子供であろうと、生きるための戦いは自分が立つ場所である。誰かが代わりに戦ってくれる訳では無い。 自らの頭脳と力で生き方を選ぶのである。そこには差別など無い、須く等しい条件下である。好きも嫌いも無い。より多くを助ける選択をする者が生き残り、生き残していくのである。

死を恐れることも死を恐れないことも差別も優劣も無い。知恵を絞るために死は恐怖の対象で有り、邪念を払い集中力を高めて勇気を発揮するために死を恐れることが恥になる。自暴自棄になり、甘えを生じるときにいとも容易く此を忘れるのである。

最後まで諦めない。生きるための努力を止めるな、気持ちを断つなの意味である。奇跡を信じることもその中に入るのである。

  

あえて言おう。

こんな時にこそ凡百のアニメより「キングダム」を視聴して生きる気を絶やしてはならないと!

 

« 月報 | トップページ | 春の大風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKアニメ「キングダム」はNHK大河ドラマの視聴率を超える:

« 月報 | トップページ | 春の大風 »