2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 調べる | トップページ | 通常業務再開 »

2020年5月31日 (日)

月報

コロナウィルスの恐れは続く。非常事態宣言は5月末まで続行。非常事態宣言が39県で解除【15】。今年の全国高校野球大会中止と決定【20】。安倍総理、緊急事態宣言を全国で解除【25】

Φ

 🌾

  1. ㈮_🌃寝ているときに熱くて掛け布団を足で始めてひっぺがした。

  2. ㈯_📺録画番組視聴する。
  3. ㈰_⛳庭の樋を掃除した。
  4. ㈪_📺遂にメインの録画番組を視聴し終えた!
  5. ㈫_👜🍌蚊取り線香等を買いました。
  6. ㈬_📖篇「大略」を読破した。
  7. ㈪_☀30℃の気温。
  8. ㈫_日替わり出勤スタート!今週は0930出社。入力部門に人が足りていないせいか仕事量が思ったよりも少ない。
  9. ㈬_
  10. ㈭_📖篇「栄辱」「非十二子」読破した。
  11. ㈮_😖📩講習会が7月まで休講!
  12. ㈯_
  13. ㈰_
  14. ㈪_🔛仕事。💧少し忙しく汗をかく。🚄電車内も徐々に混んできた、朝も夕方も。
  15. ㈫_☔
  16. ㈬_仕事。 🍠それにしても今年は本当に焼き芋をよく食べるわ。
  17. ㈭_☔。寒いのでストーブを点けた。
  18. ㈮_
  19. ㈯_
  20. ㈰_
  21. ㈪_💤お休み。午前中は庭仕事手伝い、庭のブルーシートを片付ける。午後はPC漬け。
  22. ㈫_6月から通常業務になるとの報告を受ける。
  23. ㈬_
  24. ㈭_
  25. ㈮_💤非常事態宣言下の最後の休み。自動車税を払う。
  26. ㈯_📺大河ドラマ一気見する。
  27. ㈰_🌲庭の掃除:台風で壊れたトタン板を片付ける。

⚡📝


📝

 

!気になった記事、サイト

 

« 調べる | トップページ | 通常業務再開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うしつぎさん、こんばんは。
お久しぶりです。


いつものフルフォード情報です。


アメリカ合衆国株式会社の崩壊はエスカレートし、先週には中国のプロパガンダ屋たちが1960年代や70年代に中国が直面した文化革命になぞらえた【ほどとなった】。混乱は、この夏さらにエスカレートすると見られている。エリートが作出したこの文化革命ではなく、本物の革命が起こるまで続くだろう。

それは楽しみですね。
混乱の主導者はジョージ・ソロスの財団だそうです。


水面下に目を向ければ、ダボス世界経済フォーラムの集団が、奴らお決まりの「アブ・カオ・オルド」(混沌からの秩序)群衆制御メカニズムを使っているのが分かる。所謂コロナウイルス危機と称するものと、その結果として起こった経済崩壊を企てたのは、ダボス会議の集団だという点は間違いない。

ダボス会議はうさんくさいです。


幸いなことに、米軍の良識派と【彼らの側についている】ファルネーゼ家の家長たちは、先週しっかりと鎖を引っ張り、毅然とした行動をとった……

【何の鎖かというと、】ドナルド・トランプ米大統領が米軍を、外国から金をもらっているアンティファやブラック・ライヴズ・マターの工作員らとの【前々から】画策されていた内戦へと従事させようとしたとき【に、トランプの首にかけた鎖を引っ張ったのだ】。

ファルネーゼ家というのが不明ですが、トランプは軍を使いませんでしたね。


とはいえ目下、米軍に対しては、英国を含めたヨーロッパの長年の同盟諸国も残りの世界も、女性・子ども・非戦闘員を殺し、拷問し、命を奪った米国とイスラエルの戦争犯罪者どもの起訴を容認しており、「平和と正義のための最大の勢力」との呼び名に確実に応えてもらおう【との所存だ】。

ブッシュとかネタニヤフですね。


【そして】最大の未解決問題は、破綻した経済システムである。マイナス金利と不換紙幣は、本物の貯蓄家や本物の銀行家たちから力を奪ってしまった。各国の中央銀行とフォーチュン500企業の双方を所有し、全くもって不毛な会合に勤しむカバールの手中に【その力は】集約されたのだ。

アメリカ経済は破綻しているようです。


連中は金(かね)とメディアに対する支配力を用いて、政治システムが機能不全に陥るまで退化させた。アメリカの有権者は今日に至っては、NSA筋曰く、嘘吐きメディアとフェイクな電子投票制を介して、トランプの偽者とバイデンの偽者のどちらを選ぶかという選択に直面しているという有り様。

トランプもバイデンも次期大統領に不適格ですね。


英国のMI6筋も、ダボスのエリートに対して革命【闘争】モードだ。「現在到来中の世界革命におけるイコノクラスム【=聖像破壊運動】というテーマが重要なのです……もし最近の急速な展開が【このまま】勢いを失わなければ、一般に世界政府や支配階級と呼ばれるもの、あるいはアメリカ人が言うように“エリート”なるものが、完全に排除されると予想しています」、と指摘していた。

MI6も対決姿勢を強めていますね。

諸葛鳳雛殿、コメント遅れて済みません。

>トランプは軍を使いませんでしたね。

 使うようでは韓国と同等ですからね。

>アメリカ経済は破綻しているようです。

 だって大多数の消費者がお金を使わないし、使える環境が崩れてしまったんですからね。金持ちだけで消費運営できる社会なんて中世の先祖返りでアメリカの建前(自由の国)が崩壊してしまいます。

>トランプもバイデンも次期大統領に不適格ですね。

 というよりアメリカのパラダイムが遂に壊れたと言うべき。新戦略を打ち出せない大統領では混乱が収まらないでしょう。 うしつぎはある意味ではオバマは今なら大統領で強権が振るえる位置にいるのかと思います。

 英国も未だに立ち直れない状態・・・、いよいよもって周りが弱っているから中国がのさばってきているという世界潮流なんでしょうね。 まったく御免被りたいですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 調べる | トップページ | 通常業務再開 »