2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 外堀 | トップページ | 読書感想 »

2020年5月 6日 (水)

落胆

 GWでネットネタを探していると、上記の情報に当たって読んで見た。

💔

😵バカなんじゃ無いのか??

地政学上のリーダー? 

リーダーシップグループだと??

👊地理観点で日本とその周囲を見たら、日本が世界のリーダーになるなんてあり得ないだろうが! 地理的環境、国土の広さにおいて日本は圧倒的に小国でしょうが。

課題妄想。

そもそもその地政学を覆してリーダーシップを取るならば今の国力に加えて自衛隊を更に精強にして、核兵器も使用できる程にならなければ世界の大国は同等の目線になってくれません。 憲法すら改正できず自衛隊(軍隊)を行使できない法律下では苦笑されます。

第一、連合国側の世界で、世界の大国間で平和憲法になっている国がありますか??

« 外堀 | トップページ | 読書感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うしつぎさん、こんにちは。

いつものフルフォード情報です。


アメリカにおけるバビロン借金奴隷制度の崩壊が全面的に進行中だ。クリティカル・マスとなる約30%のアメリカ人は、自動車ローン・学生ローン・家賃・住宅ローン・企業ローンなどを払っていない。このことから、バビロニア式借金奴隷制度が債務超過に陥り、崩壊していることは、どう見積もっても確実である。

ダメリカ人はとうとう借金返済を拒否しはじめたようです。


「新しい金融システムは、【カバールが握っていた】全ての内密のコントロール下から切り離されました……つまり、生物兵器を用いて当システムをハッキングしようという試みがシャットダウンされたということです

カバールのコロナ騒動は失敗したようです。

悪魔崇拝者らはというと、まだ完全に降伏しておらず、電磁波攻撃をまた行うと脅迫している。

言い換えれば、奴らは依然として望みを捨てていないのだ。電磁波攻撃や其の他の攻撃を仕掛けることで、中国とアメリカに互いを非難させ、奴らが長らく待ち望んでいたハルマゲドンを開始させようとしている。

カバールは徹底抗戦する気のようですね。

これ以上の攻撃を防ぐため、5Gの推進に関与している重役が着々と排除されていっている。先週退任すると【発表された】中で一番の大物は、AT&Tのランドール・スティーブンソン最高経営責任者だ。AT&TはCNNも所有していることから、いよいよ同局も真実を報道せざるを得なくなる可能性がある。

CNNがカバールから解放されましたかね。

悪魔崇拝者どもは北朝鮮の絶対的指導者、金正恩の殺害も自分たちの手柄にしている

「彼らは、高度なウイルス・エネルギー兵器を金正恩に向けて照射しました。完璧な"射撃"でした。こうしてモルジェロンズ病【症状についてはこちらを参照】を発症したのです。バイオハザードのモルジェロンズ病は、彼の体を乗っ取り、その電気システムを遮断してしまうことで、彼を文字通りショートさせました。医学的に言えば、彼のナトリウムのブースターがおかしくなったのです。


もちろん奴らが金(キム)を攻撃しようとした本当の理由は、彼が米国株式会社の破産を食い止めるために必要としていた、北朝鮮の莫大な鉱物資源の引き渡しを拒否したからである。加えて、彼の死の責任がアメリカ側にあると思わせることで、またもや米中戦争を勃発させようと目論んだのだ。

北朝鮮側は現在、金が生きていると言っている。これはおそらく、彼らが安定性を維持するためにそっくりさんを使って進めていくことにした、ということだろう。

キム・ジョンウンは使い捨てにされたようです。
また影武者が登場のようですね。


諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>ダメリカ人はとうとう借金返済を拒否しはじめたようです。

 というよりコロナで被保険者が大量に死んでいるので返すにもあの世に返っているから回収できないのでは??

>キム・ジョンウンは使い捨てにされたようです。

 生きていようが死んでいようが、日本にとっては拉致家族が問題なのであって金王朝三代がどうなろうと勝手にしろである。

 秋田県がイージス艦配備を拒否した現状では未だに日本は呆けてますわ。古代の日本では渤海が興ったときに日本は越後、出羽の開発を急いだと言うのになぁ。 渤海はお調べください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外堀 | トップページ | 読書感想 »