2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 昨日、歯医者に行く | トップページ | 100 »

2020年6月14日 (日)

六百四十三

#643「覚悟の通達」

ポチッとよろしく!

信が"将軍”になってから信の屋敷では三日三晩宴が続いた  😃尾平が喜びで泣いて信に抱きつく。仲間から笑うか泣くかどっちかにしろよと言われる。飛信隊、新生李信軍の戦友達は李信将軍と隊長の出世を喜び称えるのだった。🍺祝いの酒で酔って屋敷の内外で寝る者達もいた。

だがそこからは忙しかった。信が将軍となったことで飛信隊そのものの規模も大きくなったからだった。

【飛信隊こと李信軍の陣容】

飛信隊構成隊員一万人 羌瘣隊を含めると実に一万五千人

  1. 将軍李信
  2. ┣軍師河了貂(護衛・軍侯100)
  3. ┗副将:五千人将羌瘣(騎兵1500・歩兵3500)→副長というより最早副将でしょうね。
  4.  ┃┣〃 :千人将渕(騎兵200・歩兵800)、千人将楚水(騎兵1000)
  5.  ┃┣黒飛麃-千人将岳雷(騎兵500・歩兵500)
  6.  ┃┣赤飛麃-千人将我呂(騎兵500・歩兵500)
  7.  ┃┗那貴隊-千人将那貴(騎兵500・歩兵500)
  8.  ┣千人将田有(騎兵500・歩兵500)
  9.  ┣五百将田永(騎兵500)
  10.  ┗歩兵長:千人将崇源(歩兵1000)
  11.    ┗副歩兵長:五百将沛狼(歩兵500)
  12.     ┣百将竜有(歩兵100)
  13.     ┣百将尾平(歩兵100)
  14.     ┣百将中鉄(歩兵100)
  15.     ┣五百将竜川(歩兵500)
  16.     ┗二百将澤圭(歩兵200)―弓部隊:仁、淡(弓兵800)
  17. 偵察部隊:石(兵100)

   

もはや"軍”となった飛信隊は次の実践に備えて更に凄まじい練兵を繰り返した。 田有と我呂、楚水と那貴の騎兵訓練。歩兵部隊は崇源の補佐を沛狼が行い、竜川部隊との訓練を行う。羌瘣隊との訓練で逃げ出す尾平(汗)→👊訓練で逃げてんじゃねえ! 

 新兵同士の訓練、澤圭さんの元で仁と淡による弓部隊の訓練→✨難局に強い澤さんの部隊と弓部隊の組み合わせは大変よろしい。なまじ勇猛な人に率いさせると遠距離攻撃部隊は被害が大きいですからね。 

そして一月後に軍総司令昌平君の号令の元 再び激戦の待つ地へ出陣して行った。 目指すは秦国の東端 対趙国前線最大拠点となった"鄴”である

   

 百姓から百将まで昇格した尾平。 💦昴、慶が傍目でわかるほどに尾平は緊張しまくっていた。それを和らげようと昴は尾平についに百将となって初の実戦だ、尾平隊の旗もかっこよくなびいていると励ます。慶も何か改めて考えると信が将軍になるよりもお前が百将になる方が凄い気がすると言う。→まあ確かにその方が凄いわね。。 

 二人のねぎらいの言葉に尾平は帰りたいと一言。驚く昴に尾平が耐えきれず発狂する。

いくらなんでもおかしいと尾平は騒ぎ出す。最初は百将だー、飛信隊一万だーとかはしゃいだがいくら何でもこれはやり過ぎな気がしてきたと。一万人だぞ、俺がその百人隊の隊長なんだぞと動揺する。昴が落ち着いてと言うのだが・・・。

むりむりむり百人の命の責任なんて持てない、やっぱり俺は什長くらいで丁度いいんだよと今すぐ辞退しに行くと言い出した。見過ごせないレベルになったので慶も声をかける。今更遅いでしょと昴は必死に宥める。

信の奴は一万人なんて考えるだけでと尾平はその重さを想像し、本当に吐いてしまう。→📖まあでもその地位の重さを痛感して辞退を考えるほど謙譲の気持ちがある人は実はその地位に相応しいって晋の名臣が言ってましたなぁ。。。

そんな尾平隊長に部下達は心配もするが、惇兄弟のように慰める者達もいた。お前らは黙ってろと慶が叱る。 その尾平達の目に新たな軍が見える。その軍は・・・

 楽華だ!! 蒙恬は一人連れてくる。李信も挨拶に出向く。李信将軍、蒙恬将軍と言葉を掛け合う。李信は蒙恬の格好が変っているのに気づく。

 新顔に蒙恬は新たに副長となった愛閃。親父の蒙武軍から移って来たと教える。蒙恬は玉鳳も一日遅れで同じく鄴に向かって発つと李信に教える。 俺達三万五千でもうどこかと戦争できてしまうと話す。
 李信もそうだな、まあなんと言っても俺達"将軍”だからよと素直に笑みを浮かべる。素直に喜んでると蒙恬は笑う。だがと李信は俺の目指すのはここじゃねえ、さらに上の上、天下の大将軍だと夢高く吼える。
 分かっていると笑う蒙恬は新副長の愛閃に信て面白いだろうと声をかける。愛閃はいや全くとそっけない。→この反応、誰かさんと似ているな。

 まあしかしと蒙恬は"高揚”と"緊張”のどっちが上かって感じだと言う。何に緊張するのかと信がきく。

 蒙恬はいよいよ王都邯鄲の攻略、つまり趙国を滅ぼす戦いに入ろうとしているのだと答える。信はだったらやったるぞの高揚だけだろと返す。愛閃は同意を示す。
 だろうなと頷く蒙恬だが、ここからは鄴攻略以上に大変だよと言う。趙は王都圏の半分を明け渡して軍は去って行った。つまり趙軍の多くは健在のまま邯鄲は分厚く守られているからだと。

 邯鄲周囲には"武安”と"番吾”という強力な城もある。こっち(秦)は鄴という巨大前線都市をうまく使って邯鄲陥落を狙った大戦略を展開していかないといけないと、蒙恬は李信に戦略を語る。 そして今こそ絶好の機会なのだと。李信も李牧のことだと理解する。

 未だに牢に繋がれたままらしいから、こちらは今のうちにどんどん攻め込むべきと蒙恬は言う。考えながら信は死罪になるって噂もあると話す。蒙恬はなってくれると助かる、こちらとしてはなと蒙恬が言うと、俺はなってほしくねーと信が反論する。
 俺は王騎将軍を倒した李牧をこの手で討ちたい、李牧を討って天下の大将軍になるのだと。愛閃も聞くと蒙恬が李牧がこのまま死ねば恐らくこちらの数万の兵の命が救われると反論する。それはわかると李信は言うが、蒙恬は分かっているならそんなことを軽々しく声を大にしていうものじゃないと信をたしなめる。

 俺だって李牧には敬服していると蒙恬は言う。今この中華で誰より国のために戦っているし、それでもしこのまま死罪となればあまりにもかわいそうな人だと哀れむ。だからといって俺達がどうこう言うことでもないとあっさり割り切る。

 信は本当に死罪になるのか李牧はと問う。蒙恬は先生がいうには時間の問題だそうだと答える。信は舌打ちする。


趙王都邯鄲

 🌙夜に何者かが屋敷に忍び込んできた。寝ていた家主が気配に気づく。起き上がると賊が妻子達を人質にしていた。驚く家主に賊の一人はお前の子らの目をえぐりだして殺してやると脅迫する。
 止めたかったら李牧様のつながれている地下牢の所在を言えと賊は家主に迫る。戸惑う家主に賊は一人殺せと言い出した。たまらずに家主は待ってくれと声を出す。脅しに負けた家主は北喜殿の地下だと白状する。

北喜殿

 カイネら李牧兵たちが忍び込む。一刻も早く主を助けたい一心のカイネ達だが・・・

 💥🔪王都兵が待ち構えていた! カイネ達は弩と王都兵の攻撃を受け、少なくない損害を被るのだった。

 李牧兵たちが潜伏しているアジトへ仲間が北喜殿の地下は虚報、カイネ達が伏兵に遭い危険な状態ですと報告する。仲間達は悔しがる。奥で控えていた舜水樹は俺が行くと十騎を従えて救出に向かう。その際、家主の晋儀の首を落してさらせと命じる。

邯鄲城内では李牧を救出せんと舜水樹を筆頭とした腹心達が武力行使にでていた。舜水樹は国内の要人を派手に殺めたがそれは李牧を処刑すれば本気で暴走し戦を始める覚悟の通達であった。

それに対し趙朝廷側も王都の兵を動員し応戦したため互いに血を流す内戦状態となっていた。 

 舜水樹達の援兵によりカイネらは救出される。アジトにもどるカイネは相当の痛手を負っていた。驚いた仲間が急ぎ手当をしようとする前にカイネは倒れる。李牧様と何度も口にするカイネは泣いていて・・・。

 そこに別に淋大臣の屋敷を襲った隊から報告が来る。李牧様は東呉殿の地下にいるという。仲間達は罠かも知れぬと疑い、詳しく調査が先だと言う。そこに手当をと傷で倒れていたカイネが立ち上がろうとする。驚いた仲間達はそんな身体で何を、休んでいろと言う。カイネは落ちる涙を拭わずに東呉殿の地下に行くからさっさと手当てしろと怒鳴る。

   

♨いつもの風呂で悼襄王は子らと魚遊び(汗)をしていた。王はまだ殺さんのか李牧をと郭開に問う。郭開はもう少し李牧兵を削らねば、主を失えばあ奴等は必ず決死隊となって攻めてきますのでと答える。 この俺が危ういとでもいうのかと王が苦笑する。
 郭開は大王様は安全ですが私は危うくなり、大王様の手足となる者がいなくなりご不便かと追従の言葉を述べる。王はほざきおるわと笑う。しかしご心配なくと郭開は大分向こうも減ってきたのであと少しですと答える。全てはお任せをと大王に言う。

 さっさとせねば奴の酷い殺し方の考えがどんどん浮かんでくるぞと王が笑みすら浮かべる。この邯鄲の大衆の面前で末代まで語り継がれるおそましい殺し方でおくってやろうぞ李牧と遂に笑い出す。 楽しみですと郭開は王に応じる。→💧なんという暗君佞臣の関係。。。

趙国の運命が大きくうねり狂おうとしていた

 

 

 

_photo

 

😵なっなにやってんの❗❗❗ 国家存亡の秋なのに内乱で兵を殺し合っている場合か?? 

😞いきなり要人四人抹殺している舜は何してくれてんの💢 いきなり交渉の余地減らしちゃっているって・・・(呆)。そんな知恵さえ無いってのは。。。








 

K001_25 廉頗、楽毅が亡命したのは大正解だったんだなぁ。。。無用に祖国の兵を削らないための処置だったのかも知れぬと納得しましたわ❗❗

 色々とツッコミ多いよなぁって今回のお話でしたわ。

 

« 昨日、歯医者に行く | トップページ | 100 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日、歯医者に行く | トップページ | 100 »