2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 六百四十三 | トップページ | 月報 »

2020年6月27日 (土)

100

✐遂にコメント件数が100に達しました!

 

 

_photo

 

✨キングダム同誌様、辺境ブログに圧倒的なコメントをしてくださりありがとうございました。

他にもコメントされた方もこちらにおいでいただき感謝いたします。

今後もまだ動いてますので、これまで同様のご愛顧を宜しくお願いします。 
国家存亡の秋なのに内乱で兵を殺し合っている場合か?? 

« 六百四十三 | トップページ | 月報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うしつぎさん、こんばんは。

いつものフルフォード情報です。


破産から今や4箇月が経過したアメリカ合衆国株式会社は、ますます機能不全に陥り、内紛で引き裂かれている。これは世界中に権力の空白を生み出し、複数の地域紛争が勃発する不安を増幅させている。

あちこちに火種がありますね。


米国政府がイラク・アフガニスタン・イスラエル・ドイツなど各地で軍事的存在を撤退または縮小させている今、国際的に緊張が高まりつつある。ドナルド・トランプ米大統領がこれを行っているのは、諸々のキャンペーンの失敗・孤立主義・資金不足が重なったせいだ。

ダメリカも衰退してきたようですね。


トルコはイエメンでイランとの代理戦争を行っている。その真の狙いは、イエメンと国境を接しているサウジアラビアのシーア派が多い複数の州における油田の支配だ。つまり現在トルコは事実上、サウジアラビア・エジプト・リビア・イスラエルの支配を目指しているのだ、と情報源は言う。

エルドアン強硬ですからね。


中東で唯一トルコを止められる規模の軍隊を持っている国はエジプトしかいない、との状況にまでなった。既にエジプトは、リビアでトルコに対して介入すると脅している。

エジプトは世界の軍事力で9位に入っており、対するトルコは11位。中東の支配を巡るこれらの国家間の紛争はどのようなものであろうと、第二次世界大戦以来最大の戦争となるだろう。

エジプトとトルコの戦争はあるのか。


エジプトにとって状況をさらに複雑化しているのは、近隣のエチオピアが青ナイル川にダム建設を進め、エジプトのライフラインを脅かしているせいだ。ロシアのアナリストたちは、エジプトとエチオピア(それぞれの国の人口は約1億人)間の戦争は避けられない、と見ている。

今度はエジプトとエチオピアですか・・・あちこちで火種が


混乱に陥っているのは中東だけではない。パキスタンと中国がインドと戦争をする可能性も、非常に現実味を帯びてきた。インドと中国の間の国境では、1960年代以来最も激しい武力衝突が数週間前からニュースになっている。先週パキスタンがインドを砲撃し、この争いに加わった。

前々から仲の悪いとこですよね。


米軍は現在、中国と南米に全力を注いでいるようだ。ヨーロッパ・インド・中東に関しては、ロシア、あるいは空白を埋めたがっている其の他の連中に任せてしまったらしい。

南米では、中国・ロシア・イラン・キューバがベネズエラに手を差し伸べたため、米政権は世界最大の埋蔵量を誇る同国の石油を奪いそこねた。

ダメリカざまぁですね。


一方の中国は、インドネシアとオーストラリアを乗っ取ろうとしている、というのがアジアの秘密結社筋からの情報だ。これは最も新しいところでは、オーストラリア政府に対する国家支援のサイバー攻撃に見てとれる。東南アジアのCIA筋によると、100万人以上の中国人工作員が近年インドネシアに潜入したという。

オーストラリア人の人がそのような内容の本を出版してました。


一方、ロックフェラー一族とロスチャイルド一族は、降伏して新システムに協力することに合意した、とP3フリーメーソン筋が言っている。問題は、【能力主義の】グノーシス・イルミナティが、こういった血統【主義】のオリガルヒの如何なる参加をも反対している点だ。P3が、とりなそうと試みている。

ロックフェラーとロスチャイルドが?


諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。

>ダメリカも衰退してきたようですね。

 商人大国ですから経済が失敗すれば覇権よりアメリカファーストを選ぶでしょうね。その辺りは中国の中華主義と一緒の思考ですわ。

>既にエジプトは、リビアでトルコに対して介入すると脅している。

 シリアが生きていればトルコを押さえられたのにね。今ではブレーキが破壊されている状態です。

>南米では、中国・ロシア・イラン・キューバがベネズエラに手を差し伸べたため、米政権は世界最大の埋蔵量を誇る同国の石油を奪いそこねた。 ダメリカざまぁですね。

 全然ざまぁと言えません!!! ベネズエラに手を差し伸べた諸国がどれも対等の商売契約をしない信用ならない奴等ばかりでしょう。

>一方の中国は、インドネシアとオーストラリアを乗っ取ろうとしている、というのがアジアの秘密結社筋からの情報だ

 東シナ海から南太平洋の制海権確保に勤しんでいるということ。日本もただ事じゃ無いですね。尖閣諸島だけで注目なんて日本のニュースのバカ共の近視眼には呆れる。 南までアメリカが手抜きしたら日本も瀕死ですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六百四十三 | トップページ | 月報 »