2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 近況報告 | トップページ | 私の三国志評価変遷史 »

2020年8月15日 (土)

終戦日

😱日本が負けた日です。

しかし、今日はPC使って記事を書きまくり、アップします。

 

ポチッとよろしく!

              

物心ついた頃から歴史や伝記を嗜み、最近はシリーズ本まで読んで考えたり思ったりするのですが・・・

😠🙅‍♂️🤷‍♂️👎日本が負けたのは戦略が致命的に下品下劣としか言い様がないですね。

 東京裁判で勝者アメリカが裁かずとも、うしつぎは今では政治・軍事の枢機を預かっていた要人は全員死刑妥当と思ってます。軍部が処刑されましたが、外交など政治家要人も同罪!

 それほど愚劣な戦略。負けて当然の戦争戦略であり、昭和天皇の御覚悟がなければ奴原はさらに小田原評定を長引かせて犠牲が増えたと確信しています。故に枢機に関われずにいた天皇陛下は不問、罪に問いようがない。

 天皇に罪有りとほざく❎加虚❎の輩がいたりしますが、仮に英国がナチスに負けた場合は英国王室も裁かれると言うのでしょうか?どこの戦国時代の価値観でしょうか?近代でもあり得ません。ナポレオンでさえやりませんでした。 ま、その点だけはアメリカが敵で運が良かったといえるでしょう。

 そのように国民と共に耐えがたきを耐え、忍び難きを忍んだ昭和天皇でありますから、そんな祖国を蹂躙させる羽目に落とし込んだ戦略ミス甚大の松岡らのA級戦犯が靖国神社に入るなんぞとは参拝拒否の抗議をしても心中お察しでごもっともと今では思えます。

           

 😪そもそも海洋国家、貿易立国である自覚が大日本帝国に無かったのがWWⅡにおける日本の致命的な敗北戦略でした。 

 この遠因は間違いなく朝鮮半島の併合です。そして、これを招いた長州閥の国家への罪は深刻であるとうしつぎは思ってます。

 この毒が抜けきれないまま日本は負ける戦争をやってしまったという他にないです

 最近では石原莞爾の再評価もありますが、うしつぎに言わせればトラウマが抜けきれない精神病持ちの秀才というイメージです。どんなに才能があろうとも心に傷を負っていることに客観的に気づかないならば、もしもの失敗では重大な災厄を招くものなのです。

 降伏はマリアナ沖海戦の敗北で通達すべきでした。この点を見切れない時点で首脳部の戦略頭脳はザルですわ。

       

 小学生の折、学研の雑誌で歴史漫画のページか、付録を読みました。その時に幕末ものでしたが、西郷隆盛と坂本竜馬をツインの主役でした。

 今思うに・・・

 大日本帝国は、明治日本は西郷さんと竜馬を失ったことが最大の痛恨事と言わざるを得ない。 西郷さんは日本国独自の大戦略を描ける柔軟さが、竜馬さんは貿易立国としての日本の富国戦略を。。。 

 故に大久保利通は官僚としての才は日本で随一ですが、大戦略を描く政治家としては日本国では傷でした。この理由は以前に記事で書きましたので割愛します。 うしつぎはこの方もやはりトラウマを抜けきれない才人であったと思います。

 今の日本で尚も大久保に人気がある秀才達がいること事態が、日本のエリート達の戦略能力の不足を思わずには居られない。そして、首相が安倍さんで一応の安心を保っている保守世論でさえも。。。

          

✒さあ、記事を書きまくりですわ。。

« 近況報告 | トップページ | 私の三国志評価変遷史 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

戦場の匂い 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近況報告 | トップページ | 私の三国志評価変遷史 »