2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 終戦日 | トップページ | 山の竜と虎:蜀漢甲斐分析㈠ »

2020年8月15日 (土)

私の三国志評価変遷史

😉今でも三国志が好きなうしつぎが、自分にとっての三国志評価をしてみます。

 

評価悪党史 +は悪ポイント追加 ―見直し再評価あり

 

〈起〉

横山三国志、コナミ三国志→

 曹操、董卓陣営(呂布含)、袁術、何進、十常侍、劉禅の宦官って悪い奴等だよなぁああ

  

〈承〉

安岡正篤書籍、三国志関連書籍→→

 +袁紹 -曹操 +劉備 +孫皓の宦官

 

〈転〉

更に書籍、正史三国志、戦略の思考、地政学追加→→→

 +++孫権 ---魯粛 +関羽 ++呂蒙 +陸遜 ---黄権 ---蒋琬

 

〈現在の結〉

 ---魏延 --王平 -甘寧  ++姜伊


☆ベスト評価☆

 戦略家:魏〔曹操、荀彧〕 蜀〔諸葛亮、蒋琬、黄権〕 呉〔周瑜、魯粛〕

 君主:曹操≧劉備>孫策>>>>袁紹>>>>>袁術>>>>>>>孫権

 

 うしつぎが三国志に始めて接したのは、小学生でした。漫画ばかり読むからと伯父から買ってもらったのが横山三国志。それからコナミの三国志ゲームで楽しんだ

 悪い奴だなぁと宦官、董卓、呂布、袁術、袁紹、曹操はその時に植え付けられました。でも曹操は関羽の旅立ちを見逃したり、迷信を追い払うシーンがあったりしたので良いところもあるんだなの印象でした。 今思えばそれが評価を固定化されずに良かったと思う。

 

 学研漫画の人物日本史を読みあさり、次第に活字で色んな作家さんの三国志演義も読みました。漫画やアニメは勿論(笑)。

 8月15日終戦の詔勅を起草した安岡正篤氏の三国志の本は大いに為になり、そこからうしつぎの曹操再評価、劉備の欠点について学べた。夷陵の戦いは政治的には明らかな失点でしたが軍戦略的には致命的ではなかったと今では思えます。だがしかし、戦術では正に致命傷でしたが。この頃で他に印象に残ったのは『蒼天航路』でした。逆にアニメ「恋姫無双」は切れかかりマシた。。

   

 更に色んな作家の三国志本、地政学の本にも手を出して歴史を色々考えてみたり、正史三国志も読んだりしました

 横山三国志読破した頃からここで孫権の評価が大逆転しました。生涯この不評価は普遍でしょう。ついでに晩学の呂蒙将軍も戦略の才は自分の中でかなり落ちましたね。陸遜も落ちました。
 今ではうしつぎの陸遜は王平、姜伊の類あたりの評価です。宰相としての政治面もイマイチ。

 逆に株が上がったのが魯粛! 呉を中国全土から戦略を観ていたのは周瑜、魯粛で間違いないと確信の評価です。長生きしてくれたら魏の一強はもっと早く崩れたかも知れない。 黄権はかなり戦略の才が柔軟蒋琬は孔明の戦略を受け継ぎながら戦術の柔軟さは孔明を超えていたかもと評価してます。

       

 小学校から今も三国志ほか歴史をたしなみ続け現在では魏延の株が上がりました! うしつぎはひょっとすると"蜀の周瑜”だったかもと思ってます。詳しくは記事を参照。 

 横山三国志、演義では散々に孔明の忠実な部下の楊儀ですが、今のうしつぎ評価は蜀にとっての逸材殺したなぁと嘆息。 後、姜伊も大将軍としての力はありますが、戦略の柔軟さは先輩達に及ばないと観ました。連戦して疲弊するこの辺り、武田勝頼に似通っている。疲弊後の戦略転換も勝頼も覆轍してますからね。

 

 これまでの総評ですと戦略家で三国一なのは明らかに曹操、荀彧でしょうね。地理的にも全土をにらむには近いし。蜀は言うまでも無く諸葛亮が随一、次点は蒋琬>魏延>黄権≧王平になってます。 呉は周瑜、魯粛のみ。呂・陸は中国から戦略を観ていないですね。宮城谷昌光氏は陸遜を持ち上げてますが、陸一族は呉の安泰で一杯です。

 理想の君主像ですが曹操と劉備が三国時代で筆頭評価ですわ! 次点で孫策が度量の広さを見せますが、前者二人に比して忍耐がちょっと足りない。但し臨終の遺言は三者同格に値します。 

故に孫権評価は孟徳、玄徳と決して同列ではない! 魏蜀呉と並べて初代皇帝なので孫権の名が必ず出るのですがねぇ。。。支える人が重しでいないと、迷走する。うしつぎはスターリンもどきとまで思ってます。💧官僚系政治家ってイメージですね。与えられた材料から裁ける才人ですが、その枠を超えられない人物にみえる。



   

 📺NHKで「キングダム」がまだ再放送していないせいで、「銀英伝」読んでいる故なのか黄権と劉備のお話を思い出す。ああいう関係が作られている組織って本当に素晴らしいことなんだと、終戦日で日本の敗戦を思うと尚更痛感しますね。 

 💿司馬懿主役のドラマも視聴したけれど、司馬親子はどうにも器量人とはとても言えないですね。諸葛亮以上の軍才あるでしょうが大戦略家、人間の器量のスケールでは武侯・孔明様に及ばないね。まあ、三国時代後半はどこの国も疲弊していたから彼ら親子でも乱世を統一できたのでしょうが・・・後年の趙匡胤とは比べもんにならない。

  

 温故知新といいます。今でも三国志は為になるし面白いです。

 

ポチッとよろしく!

« 終戦日 | トップページ | 山の竜と虎:蜀漢甲斐分析㈠ »

戦場の匂い 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 終戦日 | トップページ | 山の竜と虎:蜀漢甲斐分析㈠ »