2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 六百五十一 | トップページ | 台風 »

2020年10月 7日 (水)

六百五十二

#652「主からの言葉」

 右方奥から敵の援軍が出現 数は二、三万の報せに蒙毅ら本陣が動揺する。

 しかし、千斗雲はどこのどいつだと文句をつける。兵が王都からの援軍と言うと、いらねえよと苛立つ。満羽でも部下から王都から何か聞いていないのですかと問われ、んーと言うばかり。覚えていなかったのだった。更なる敵の援軍に蒙武、騰、録尾未も行軍を一時停止させる。

 項翼は何かくるから力業でねじふせてこいと媧燐から言われたら、あっちの援軍はあれだけかと笑い出す。白麗があちらに騰がいるから油断は禁物と注意する。項翼は油断するなじゃないぜと返す。

 あいつは臨武君の仇、蒙武の前にてめぇの首をすっ飛ばしてやるぜと前進する。白麗も先ずは前方の録尾未を倒す、弓大隊を展開させる。

 千斗雲の後詰めに来る項・白軍。千斗雲は来るな、来るな、来るんじゃねえといらだち紛れに蒙武兵を斬り飛ばす。そして、蒙武を急いで殺しにいくか、邪魔な友軍ぶっ殺してから蒙武を殺すかと本気で迷い出す。どう考えても前者でしょおと部下がツッコむ。 騰がまずい展開、このままでは録尾未が直ぐに死ぬと口にする。

 遠弓隊構えと白麗が一声。矢の雨を降らせる。 あんな遠くからでは届かないと本陣、録尾未兵も思った矢先、矢の雨はそこまで届いた。混乱する録尾未軍。 そこに項翼の騎馬隊が素早く突撃を駆けてきた。録尾未もたまらずに全軍反転、一時離脱を決めた。

 蒙武軍本陣は録尾未軍が敵右翼から後退に参謀達が動揺するが、蒙毅が正しいと皆を制する。直ぐに全軍退却の指示を出す。録尾未軍に敵が気を取られている間に。
 あの援軍三万の出現で戦にならなくなった。全軍で立て直しをする必要がある。とにかく大将蒙武を前線から外に出す、急がなければ全滅だと。

 本陣からの退却の合図が聞こえた騰軍。 騰は敵右翼への攻撃を中止する。部下が反転して退却しますかと問うと、蒙武の脱出を助けるため敵中央軍に突撃すると決める。→退却援護は騰様がよくやりますねぇ。 だが騰の動きを敵右翼・玄右が前に出て阻む。

 本陣【蒙武軍】

 騰の動きが阻まれる。蒙武が動けない。まずい、このままでは本当に一刻ももたずにと蒙毅は焦る。

 本陣【什虎軍】

 ため息をつく寿胡王。十のうち一しか出さずに勝ってしまうとため息をつく寿胡王。なぜ“什虎”が各国から手出しせぬようになったのか久々に秦軍にしっかり教えてやろうと思っていたのにつまらんと湯を飲み始める。我ら四人がいる限り"什虎”は落ちぬと呟く。

 その寿胡王が振り向いた。その方角に敵味方も視線を移す。何か来ると。次に馬蹄が聞こえてきた。

魏軍キタ――――!!! 凛々しい呉鳳明。久々の乱美迫、戦車隊も出た――!!!!

きたか、やはりと言う騰以外、戦場の諸将は本当にきたのかと驚きを示す。

 什虎本陣に動揺が広がる。 あの魏が秦と同盟を組んだのか、第一将呉鳳明軍、敵軍多数、奴等もこの戦に干渉してくるのかと異見が噴出する。

 その方向を見ていた寿胡王は・・・、笑っていた! なるほどのー、やればできるじゃんか、やーっと面白くなってきたとむしろ喜んでいた。

 喜ぶ楚の諸将たち。白麗、項翼、そして千斗雲は本陣から右に回って魏軍に当たれと命を受けた。秦と魏と二人と同時に殺して良いのかよと興奮が高まっていた。

蒙武軍本陣

 よおしと皆が拳を固め喜んだ。本当に魏軍が来てくれたので、命拾いどころか形勢逆転したかも知れないと期待感を大きくする。それを蒙毅は落ち着いてくださいと釘を刺す。

我々はまだ魏が同盟を受け入れたという正式な言葉を受けていない。急いで魏軍に使者を送って確認させるのが先だと。最悪、こちらに牙をむいてくる恐れもあるからと急がせる。そこに魏軍から使者が来ましたとの報せが来た。

 魏軍総大将呉鳳明が側近の一人 荀詠と使者は名乗る。そして、呉鳳明の言葉を伝えに来たと。 側近の将軍が使者に、呉鳳明の言葉を伝えにきた。これだけでも魏の本気度を察するが蒙毅は興奮を抑えてどうぞと言葉を促す。 荀詠将軍はお前は名乗らないのかと言われ、恥じた蒙毅は改めて本陣預かり軍師の蒙毅と名乗る。 荀詠は大将蒙武の子供かと言う。ハイと答える蒙毅。

暫し沈黙する荀詠に蒙毅が急かすと分かっていると切り出す。主からの言葉は単純だと。

“秦軍・魏軍共闘し楚軍を討ち倒す。単純な挟撃でそちらに合わせてやる故自由に戦えと荀詠は伝える。蒙毅らは一様に驚く。やったぞ蒙毅と参謀達は心中で喝采を上げる。

 ではまたな若き軍師蒙毅と荀詠は踵を返す。蒙毅が待ってくださいと声を挙げる。本当に魏国は同盟を受け入れたのですねと念を押す。

 それに荀詠は軽く笑うと、三年だけだぞと答えた。 同盟成立。

 魏軍に荀詠様が戻られました、秦軍から友軍感謝するとの使者が来ましたと報告が来た。受ける呉鳳明はやかましい、さっさと左右展開しろとそっけない。 死ぬほど不本意であると不満たらたらの魏軍第一将。

 秦軍と共闘し楚軍をすりつぶす! 👊呉家伝統のポーズ来た――!!!

 

 

 

K001_25 因縁の合従軍以来の組あわせとなったわ!

 梅雨払いは秦軍に任せて城攻めは魏軍の算段ですかね。。。 

« 六百五十一 | トップページ | 台風 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六百五十一 | トップページ | 台風 »