2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 六百五十四 | トップページ | 六百五十六 »

2020年10月11日 (日)

六百五十五

#655「新たな戦術」

 秦魏連合軍に最初の被害が・・・!

馬介将軍(魏)が討ち死にする。討ち取った玄右軍は端から崩し始める。

魏軍左翼の将馬介を玄右が討ち取り玄右軍は馬介を的に攻撃を仕掛けた 魏軍は左から崩れだしたため中央の荀詠軍が左に力を割かざるを得ず魏軍全体の攻勢は弱まった

こうした前線の膠着を崩すのが最右翼に位置した魏“狂戦士”乱美迫➡💧だがいいかげん

 乱美迫、そして録尾未を同時に千斗雲は互角に渡り合っている。動揺する録尾未軍。強敵に目が笑う乱美迫に千斗雲はそうだ、もっともっと来いと更なる押し合いを望む。
 乱美迫、録尾未が止められている戦況に魏軍本陣は動揺する。荀詠の前線の援けには乱美迫の力が必要になるため、その手を幕僚達は呉鳳明に求める。鳳明が思案する。

一方、秦軍の進撃は

【蒙武軍対満羽軍】
 本陣蒙武軍は蒙武自ら先頭に立つが、満羽軍が押しとどめていた。奥に行けば行くほどこの敵は強くなると蒙武兵はぼやくが、その奥をみた途端に気づく。 総大将・満羽が放つ殺気を・・・。

【騰軍対項翼軍】
 先頭の騰は楚兵を斬り進める。しかし、満羽軍の強兵が横から入ってきているせいでこちらの勢いが弱まっていることに気づく。そこへ楚兵が飛び込んできた。  すれ違いに斬り合った結果、互いの頬に傷が入る。騰軍はその相手に見覚えがあった。

 莫耶刀を掲げた項翼! 合従軍以来六年ぶりだと項翼は、今の俺に余所見は瞬き一つでも命取りだぜと騰に吼える。騰は千年早いと静かに返す。

〈秦軍本陣〉

 秦軍だけでなく魏軍まで膠着してしまったので幕僚達が動揺する。挟撃の形なのに楚軍は地力ではねのけようとしていると。

 不敗の什虎軍の力、この挟撃で討てないのならこの敵をどうすればと皆は首席参謀・蒙毅に視線が注がれる。

 蒙毅は挟撃は最良の策だが、ただの挟撃では什虎軍には通じない。まだ何かが足りないのだと思案し始める。

この同盟軍の挟撃に一体何が足りないんだ――・・・

 💡✨何か思い当たる蒙毅

   

〈魏軍本陣〉

 同じ頃、前線の膠着、押される荀詠軍、手強い弓大隊、橫陣に加えたくても動けない乱美迫軍などで幕僚達は混乱していた。だが呉鳳明は静まれと一声かける。

戦術を変える! 乱美迫とそれと一緒に戦っている秦将録尾未に伝令を送れ 秦将録尾未にもですかと幕僚が思わず問い返す。

 伝令が録尾未の下に走ってくる。録尾未はそれが魏兵なので一瞬驚く。伝令の魏兵は魏軍本陣の呉鳳明様より録尾未将軍に伝令ですと報告する。呉鳳明が俺に伝令だとおと録尾未は大いに驚き、そばで聞こえた秦魏兵も驚いていた。呉鳳明の伝令は乱美迫にも同時に届く。その命令とは・・・

 本当に呉鳳明はそう言ったのかと録尾未は伝令に確認する。伝令役の魏兵がはい、間違いありませんと念を押す。

 よしと録尾未は部下達にここの敵を死に物狂いでぶっ潰すぞと檄を入れる。同時に乱美迫大隊も動き出す。

 乱美迫の大隊をそこから動かす必要がある そのために録尾未軍は潰れ役となってその強敵をそこに足止めしてもらいたい

 乱美迫軍を行かせろと録尾未軍が楚兵を足止めする。邪魔をさせるなと食い止め始める。千斗雲と戦う乱美迫には録尾未がさっさと行けバカと怒鳴る。

 魏の乱美迫軍があの場所から離れていく。その戦況に蒙毅ら本陣は録尾未軍だけで大丈夫かと少し不安を覚えるが、魏軍最強の乱美迫軍が自由になったので戦局が変ると喜ぶ。

 その乱美迫軍の行方は楚軍本陣ではなく・・・騰軍だった!! 一騎打ちの最中だった項翼と騰が新手に気づく。項翼軍は突然の新手に混乱した。項翼の近くまで乱美迫が来た。

 そういうことか呉鳳明 よかろう心得た 呉鳳明の戦術を完全に理解した騰。、本陣ではまだ理解できぬ幕僚に蒙毅は答える

 呉鳳明はこの挟撃の中で作るつもりです・・・ “助攻”と “主攻”を!! 

主攻となった騰軍は項翼軍から離れ、乱美迫軍の半数を蒙武軍の援兵に送るのだった。

 

K001_25 呉鳳明の頭脳が打開策となるのか❗❗

 録尾未さんがけっこう活躍してますねぇ。

 

 

ポチッとよろしく!

« 六百五十四 | トップページ | 六百五十六 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六百五十四 | トップページ | 六百五十六 »