2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 六百五十二 | トップページ | 六百五十三 »

2020年10月11日 (日)

台風

🌀はとりあえず本土から離れました。  現在は☁です。

ポチッとよろしく!
昨日は正午まで寝ていました。。。 ほんとに疲れていたからなぁ。 最近は遠出もしない。読書も疎かになっているなぁ。。。

« 六百五十二 | トップページ | 六百五十三 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うしつぎさん、こんにちは。

今週のフルフォード情報です。


悪魔崇拝カバールに対する待ちに待った10月攻撃【作戦】が本格的に始まった、とペンタゴン筋が報告してきた。この中には、カリフォルニア、スイス、ポルトガル、スペイン、ニュージーランド、オーストラリア、ドイツにある深層地下軍事基地への攻撃も含まれていると、同筋は言う。

ダメリカで変な群発地震起きているそうです。


またペンタゴン筋は、「ビビ[※ベンヤミン・ネタニヤフ【プライムミニスター(総理大臣)ならぬ】クライムミニスター(犯罪大臣)]に対する抗議行動が続く中、1,600人以上のイスラエル人が超法規的措置を受けた可能性がある」、と言っている。

おまけに、イスラエルはアゼルバイジャンとアルメニア間の紛争を煽って第三次世界大戦を起こそうとしていたのが露呈したそうだ。中東和平の条件として、イスラエルは核不拡散条約への署名と非核化を迫られているところだ、と同筋は付け加えた。

ネタニヤフのやつはなんとかならないのでしょうか。


トランプには依然として暗殺の危険が差し迫っている、と複数の情報源が言う。【中でも】最大の脅威は、義理の息子ジャレッド・クシュナーから寄せられるものだ、とP3フリーメイソン筋とMI6筋が口を揃えた。

「トランプ【を取り巻く】状況は【錯綜して】分かりにくいが、彼が暗殺を免れたとの説は確かに存在する……おぞましきクシュナーがヒックス家の一人と滑走路にいたという【話だ】」と、MI6筋たちが指摘する。名前こそ言及しなかったが、彼らが指していたのはトランプの広報アシスタントだったホープ・ヒックスの親戚の一人のことだ。トランプにモサド【が所有する】毒を盛ったのは【ホープ】だと言われており、そのせいでCovid-19の陽性反応が出たのだ、と同筋は言っていた。

トランプのこの前のコロナ感染は毒を盛られた?


「米国は、社会全体がボロボロになり、国土の広大な範囲が壊滅状態にある中で、全面的な内戦の危機に瀕している無法国家なのです。その一環として、現職の大統領が殺害される可能性もゼロではありません。」

今まで何人も大統領殺害されてますからね。
ダメリカは悲惨な状況のよう。


また、東京証券取引所が“不具合”とやらのために閉鎖されたのは、米国株式会社の会計年度初日である10月1日だったことも注目に値する。

日本軍の諜報部門によると、東証が閉鎖された真の理由は……

日本銀行からハザール・マフィアへの金(かね)の流れを断ち切ったためである。この背景として、2001年9月11日のナチス・ブッシュによるクーデターの後、日本は(地震兵器で攻撃するとの脅しに曝され)、上場企業全社の支配権をブッシュ、ロックフェラー、ロスチャイルド家などのハザール・マフィアの親玉が所有するヘッジファンドに引き渡すことを余儀なくされた。

それ以来、日本銀行(※銀行でもなければ日本のものでもない)は資金洗浄した金を東証経由で奴らに送ってきた。この流れが今や断ち切られたのだ、と同筋は言う

だとしたら言い流れです。


KGB、MI6、NSA、バチカン・シークレットサービスにおける我々の情報源は、トランプの義理の息子ジャレッド・クシュナーが悪魔崇拝者の中で筆頭格【の一人】だと口を揃えた。なので、トランプが国の利益を何よりも第一に考えて行動していることを確実に【アピール】したければ、トランプ【自身の口】でクシュナーの逮捕を発表してみせるのが良いだろう。

ジャレッド・クシュナーは悪魔主義者だそうです。


さらに、ここまでの諸々に関連してくるのが、アメリカ空軍はアメリカ陸軍の指揮下に置かれたというニュースだ。空軍の司令部がハルマゲドンを始めようとする宗教的狂信者によって徹底的に潜入されていたため、これは重要なことだ。

特に日本にとって関係がある。東京西部の横田空軍基地に潜伏していた悪魔崇拝者らによって恐怖に陥れられていた国だからだ。奴らを率いていたのが、バーバラ・ブッシュの従弟であるリチャード・アーミテージと、CSIS(Center for Satanic and International Studies【※本来CSISとは戦略国際問題研究所のことだが、「悪魔国際問題研究所」の頭文字だと揶揄している】)所属のロスチャイルド工作員マイケル・グリーンバーグである。

ジャパン・ハンドラーズの大元はリチャード・アーミテージだそうです。


何はともあれ、地球に話を戻そう。善の側が勝利しているという証しは【表舞台にも】沢山現れている。例えば、ニコラス・サルコジ元フランス大統領は、汚職で服役するかもしれない。

ロスチャイルドの下僕のマクロンはどうなんでしょう


またベルギーでは、ルワンダ人大量虐殺の容疑者らが逮捕された。ルワンダの人々は、人口増加を抑制しろとの命令に従うことを拒否したため、ハザール・マフィアの命令で虐殺されたのだ。自分たちを保護してくれていたベルギー王室の連中がいなくなった今、正義が果たされた。

ベルギー王室もハザールの一員でした。


オランダ王室の面々は殺されたとの報告を寄せられた件だが、【我々で裏付けを取ろうとすると】MI6筋は「コメントはできない」と言った。しかし、イギリス王室筋がこれだけは言っている:

オラニエ=ナッサウ家[【※現】オランダ王家]は、ヨーロッパのヴェネツィア黒貴族を構成する数多の家系の一つに過ぎません。ヴェネツィアに定住した元々のフェニキア人がオランダ人のルーツであり、後に大英帝国の企業民兵【部隊】だった東インド会社となりました。彼らが黒貴族と呼ばれていたのは、卑劣な行いゆえのことです。

王室の基準に照らし合わせれば、【イギリス】女王もこれまたヴェネツィアの貴族家系の一つであるハノーヴァー家の代表となります。」

フェニキア人がオランダ王室のルーツだったんですね。


以上です。

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>ネタニヤフのやつはなんとかならないのでしょうか。

 この方って武田信玄っぽいですね。自分の国守るなら相手のその後などしったこっちゃないって。。。

>だとしたら言い流れです

 日本の戦略は日本を守って日本の豊かさを育てるもので在るべきです。今、倉田満の本で勉強してます。

>フェニキア人がオランダ王室

 成程、だから中東に関わるのですねオランダも。フェニキアは古代で地中海、ことに中東に関わった歴史があるからなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六百五十二 | トップページ | 六百五十三 »