2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 六百六十七 | トップページ | 月報 »

2021年1月30日 (土)

六百六十八

#668「裏切り」

瘣と礼、羌族同士の一騎討ち。トーンタンタンの言葉を同じくする者同士の戦いが始まる。

 矢継ぎ早に斬り合う。最初に地にたたき伏せられたのは羌瘣。 礼は止めに剣を薙ぐ。

 しかし、それを躱す羌瘣は剣を振るい、今度は礼を地にたたき伏せる。背後から羌瘣の剣が襲うが・・・、

 なんと羌瘣の背から礼の剣が襲いかかる。辛うじてこれを防ぐ羌瘣。 下にいたのにいつのまにと貂も驚く。

 上手いもんだろ“霞の術”、だが識はもっと上手かったと礼が喋る。識だったら羌瘣姉はもう死んでいる、なのに弱いお前がなんで外で息をしているのだと言う。
 「確かに識は天才だった」羌瘣は素直に其れを認める。だが私の力もこんなものじゃない、本気で倒したくばもっと深いところまで来いと礼を挑発する。 

 ぬかせよ貴様、“祭”をくぐっていない女がぁと姉の挑発に礼は怒り、向かってくる。 貂は羌瘣の語りを思い出す――


 礼が識を殺したかもしれないと羌瘣の言葉に貂が驚いた。 自分の手で身内を殺したと李信将軍だけでなく礼に怒り狂っていた崇源、沛狼、尾平たちも驚く。

 でもそんな礼を本当に救えるのと貂は羌瘣にきく。羌瘣は分からないと答えるが、礼を救う鍵も識にあると言う。


識が・・・!?

 剣撃の最中、礼は愛剣「白凰」にもっと深いところまでいこう、あの時のようにと思いを馳せる。“祭”の戦を思い出し始めた礼の動きは、信や貂が気づくほど鋭さを増す。
 その礼が羌瘣を後ろの岩へ弾き飛ばす。止めの剣を羌瘣は緑穂の反応から辛うじて防いだ。

 あれは正に狂宴だった

 礼は“祭”について喋り始める。あの時の私の巫舞は今までない深さにいた、だから周りの奴らも次々と倒せたと。羌瘣は識もその深さにいたのかと問う。 その問いに礼は・・・

 「当然だろうが識は天才だった。私より強くてかしこくてやさしくて祭を勝ち残るのに一番ふさわしい奴だった。」語りながら戦う礼の姿に信に貂、後からその場に来た尾平たちも複雑な心境になる。

 じゃあなんでその識が死んだのだと羌瘣が問う。識が裏切ったからだと礼。その言葉に驚く羌瘣や信たち。

 どういう意味だ、二人で口裏を合わせて祭に挑んだのかと礼を剣を受け止めながら羌瘣が聞き返す。逆だと礼が答える。

 私達はお前や象姉のような軟弱者じゃない。正々堂々を祭に挑んだ。祭は同族であっても手を組むことを許されない。だからできるだけ私達は離れて始めた。やったのはそれだけだ。

そう・・・私は本当に祭に挑んだんだ。識がずっとそうしようと言っていたから・・・婆が祭が行われるって言った時にも


 識は礼に仲良くするのはここまでだ、今から私達は敵同士と告げる。私は絶対死にたくない。祭で躊躇なくお前の首を飛ばすからそのつもりでいろと明確に宣戦布告までした。

 生き残るのは私だ。


 識があんな目をしたのは初めてだったと礼。私はバカだから思ったんだ、いよいよ“祭”が始まるんだなーってと始まりを喋る。顛末について聞かされ、貂と羌瘣は表情を硬くする。 礼の剣が震え始める中、羌瘣はそれで祭はどうなったのだと問う。

  • 死に物狂いで戦った、あの祭の代表者達の実力は皆ほとんど差がなかった。
  • 開始前に並んだ時に分かった。識だけが頭ひとつ抜きん出でいた。
  • 故に必死に戦った。ザコなんて一人もいなかった、皆強かったから。
  • 何度も呼吸が尽きて、肺が裂けて血を吹き・・・骨が砕けて、それでも巫舞をやっていった。私だけじゃない。皆がそうしてた。そうして死んでいった。

 殺し合いの様相を聞く貂、羌瘣はもとより李信でさえ表情に影が差す。

  • どれだけ戦ったのかも憶えていない。頭を斬られていたし自分が息をしているのかもわからなかった。
  • でも気づいたら周りの動いている奴らはいなくなっていた

     

 勝ったのかと思って気が緩むと背から倒れたら、誰かが同じように倒れてきた背中に支えられた。 思いもかけない展開に三人が驚く。

 礼は鞘も消えてたし、直ぐに背中で分かったと言う。

 もう一人生き残りがいて、それが私と同じようにボロボロだった識だった。 

 あの時、なにか私は言おうとしたのに・・・識が考える暇をくれなかった・・・背中から凄まじい殺気がっ・・・

 私の方が遅かった。私の突きよりも、識の薙よりも

なのに

識の剣が止まり、礼の剣が敵を刺し貫く! 涙を浮かべる祭の勝利者は真実を明かした。

 

K001_25 北斗神拳と南斗鳳凰拳の戦いを思い出した。礼の狂いはサウザーの哀しみだったんだな❗❗

 象姉はこうなりたくなかったから羌瘣を祭から無理矢理話したのだろうか。殺されたけれど自分の行いに絶対後悔してないよな。。

 

 

 

« 六百六十七 | トップページ | 月報 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六百六十七 | トップページ | 月報 »