2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 励記 | トップページ | 六百八十六 »

2021年7月17日 (土)

六百八十五

#685「断罪の時」

影丘攻略間近の飛信隊。騎兵たちはこの歩兵を抜けばもう本陣だと気合いを入れる。

が、目の前に丸い槌を持った武将が現われた。  趙本陣の参謀長曰く。 

全く・・・困ったお人だ 

その困った人の振るう槌で飛信隊騎兵隊が吹き飛んだ

       

 吹っ飛ばされた人や馬の肉片が後続の田永隊にまで降ってきた。田永の後ろに乗っていた羌礼は気をつけろ、何かおるぞと危険な気配を察した。
 何かって何だと田永はぼやくのだが、羌礼が気づいて横じゃと声を出す。 気づかぬ田永隊が蹴散らされる。 馬ごと飛んでくるので立て直しがきかない。

 こしゃくなと戦闘モードに切り替えるのだが・・・その飛んできた馬に羌礼は身体ごと取られ、崖に落ちてしまう。→😅活躍期待したのに今回は脱落か。。 
 礼と田永が叫ぶ。落ち際に礼は気をつけろ、そ奴はおかしな体術を使うぞぉおおと叫んで落ちていく。礼――と叫ぶ田永。

  

 崇源ら歩兵団も動きが止まる。敵本陣までもう少しなのに騎馬隊の勢いが止まったからだ。前で何かあったのかと歩兵たちが心配し始める。

 李信将軍が前の部隊においついた。どうしたと問う。騎兵は新手がいるので気をつけてください、でかいくせに動きが速いのですと答える。
新手に李信は神経を張る。騎兵はあの巨漢を見失うとはと索敵に苛立つ。

 李信が気づき、そこにいるぞと左側に声を出す。が、既に遅く李信配下の騎兵が吹き飛ばされる。李信も馬から落された。 目の前に現われた男はまさに巨軀であった。

「よくここまで来た飛信隊信 扈輒様が側近三公の一人岳白 この趙右翼の将である」 本陣に迫られて逃げるかと思ったがそっちから来るとは手間が省けたぜ饅頭ヤロォと李信。

 逃げるの李信の言葉に岳白公は、まさか、これほど素晴らしい時を私はずっと願っていたのだよと答える。彼は言う、 お前のような侵略者の将であるクソ極悪人の頭をこの手で叩きつぶす時が来ることをねェ。✒🖊でかいしフォントが違いますね。。。

 

 なっ何だと貴様と怒る騎兵は馬蹄の音を聞き取る。 変な兜をかぶった鎧武者の部隊が来た。→🧙‍♂️🧙‍♂️魔女狩りでもやってきたような岳白公。。。

「扈輒様が“邯鄲の守護神”となり我らも邯鄲に引きこもりました。そしてあなた達が侵略戦争をしてバカ騒ぎしている間、私はひたすら戦闘の研究と修練に明け暮れてきました。

私の近衛兵団“閃叫”も同様に。」

 何だあいつらの気配と騎兵がぼやく。李信は気をつけろ、こいつら相当やるぞと注意する。そこに我呂、岳嬰ら飛麃隊が到着した。

 

「この世は複雑そうに見えるが実は単純です。 ただやったことが返ってくるだけ、つまり暴力には 暴力(殺気をためる岳白)。」

 よくしゃべる饅頭野郎だと李信。俺もずっと思ってたと我呂。このおかしな敵将を討てばこの戦場は勝ちだぞ信は田有。

 ああ一気に決めるぞと李信。断罪の時だ飛信隊信、皆殺しにしなさいと岳白公。 信に続けェと田有が檄を飛ばす。

 

 《 扈輒軍本陣 》

引き据えられた雷土達。その場に扈輒大将軍が入ってきた。どっかで見たようなへんなやつと共に。

 

K001_25 魔女狩りでもやってきたような岳白公の兵達だわ!!

 だんだん羌礼が笑いとギャグツッコミキャラになってきてよかった。暗黒部分が残ってくるんじゃ無いかと心配したからね。。

 さて扈輒大将軍とはいかなる人物なのか?まあ雷土死亡確定でしょう。

 

« 励記 | トップページ | 六百八十六 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 励記 | トップページ | 六百八十六 »