2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 七百六 | トップページ | 猫に小判 »

2022年1月29日 (土)

七百七

#707「乗らない相手」

📖📴ヤングジャンプ 2022 No.9

飛信隊が扈輒軍残党龍白隊の前に立ち塞がる。

 桓騎本陣を目前にしてジャマがっ・・・ 竜布は強行突破を図る。対する李信は一騎も通すなと命じて迎撃に出る。

 

 龍白隊VS.飛信隊 双方激しく戦う。中でも龍白公は・・・

っ・・・!!どけェ 猛烈に飛信隊を斬りまくる。つ・・・強いと渕副長の口から漏れる程に龍白公の殺気は凄まじかった。龍白公はジャマをするなと吼えると、渕もたじろぐ。

 その時、するに決まってんだろうがバカヤロォと信が前面に出て龍白を押し返す。隊長信の戦いに及び腰になってた渕らが前を向く。こいつは任せろと李信。だが龍白も負けずジャマだと言っていると猛烈に反撃した。

 後続の虎白隊が前の龍白隊が敵に捕まっているのを見る。桓騎本陣を目の前にしてと虎白公の兵達が歯がみする。龍白隊を止めるあの敵が強いと分かる故に尚更だった。

 将の虎白が旗を見る。あれは影丘で岳白公を討った飛信隊、ということは将はあの龐煖様を討った信と分かり戦慄する。兵達に敵は手強いと注意を促す。
  虎白はさっきと同じ、我らが命をかけて盾となり龍白隊を桓騎の元に行かせるぞと命じる。“乱波の陣”を作り虎白隊が広がり出す。

 

 閼与城の舜とその兵は直前で敵に捕まったのを見る。両隊共にどんどん小さくなっていくのが分かる。せめて王翦軍でなく桓騎軍が攻城戦に出てきていればまだ結果は変わっていたかもと半ば諦観も浮かぶ。
 あそこで・・・彼らは全滅するのか・・・  その皆の声に舜水樹はいやまだだと跳ね返す。

 

 戦闘中、田永に討たれた兵が死に体となっても田永に取りすがって動きを止めた。桓騎の首を必ず・・・た 頼んだぞと言って事切れる。仲間が呂安と死んだ戦友を呼ぶ。
  それは他の場所でも同じくし、何としても龍白隊を突破させるぞと死に兵となって飛信隊と戦う。 田有も数はこちらが圧倒的に多いのにこの敵はしぶといと苦戦する。

 戦歴浅い羌礼も愛剣白鳳がいつもより重く感じると初めての経験を味わう。 羌瘣が時々あるぞと教える。太古の戦の神でも乗らない相手がいるんだと説明する。
  バカな・・・敵に同情しているとでもと疑問に思う礼。それでもこの軟弱者がと愛剣を叱りつけて手で叩く。やめろと羌瘣は注意する。

 扈輒軍残党の士気は遂に道を押し開ける。死に体の虎白兵が龍白隊に行けと声を上げる。龍白に行けと言う虎白。ここは虎白に任せろと。

 

 「扈輒様の仇・・・桓騎の首をその手で討て!頼むぞ」虎白公は龍白に告げる。

 「虎白公、ほんの僅かであったが貴殿と馬を並べ得たことを誇りに思う」 別れの挨拶をする龍白。

 虎白も私もだ若き龍白公、あの世で皆で桓騎の頭蓋の杯で酒を飲もうぞと餞別の言葉をかける。心得たと龍白は言うと、先に進む。

行けっ龍白兵 桓騎を討てェ
扈輒様の仇・・・
捕虜達の仇・・・たっ頼んだぞ 

 虎白隊の死の盾によって龍白隊が飛信隊を突破していく。 複雑な胸中の李信だったが俺が仕留めると言う。持ち場は楚水、渕に任せて龍白の後を追う。

 羌礼は桓騎ってクソみたいな奴なんだろ、あの敵に討たせれば丁度いいんじゃないのかと言う。それに羌瘣がそういうわけにはいかないんだよと答える。
  なぜじゃと礼には分からなかった。複雑といったろと羌瘣は信を追うことにして十騎を率いる。当然、羌礼は姉とついていく。

   

 進む龍白隊だが、さっきの敵に捕まったせいで桓騎本陣の前に守備隊が揃ってしまっていた。

 龍白は桓騎がいるのを見てこのまま突っ込む。それを予想した黒桜がバーかと言うと弓隊の一斉斉射をさせた。数が少ない中で矢を受けて倒れていく。

 

 だが彼らは矢を受け落馬しても徒で進んできた。まさかの事態に摩論、弓隊が動揺し後ろの歩兵が進めなくなる。

 

 なめるなよ桓騎兵クソ共!  僅かな停滞に龍白隊が切り込んだ。慌てて摩論が桓騎軍の懐剣・朱魔を呼ぶ。

 朱魔隊が横から突っ込む。 黒桜が大将は生け捕りにしろ、そいつが雷土を連れて行って拷問死させて龍白の長男だと叫ぶ。

 いや、そんなこと言っている場合ではと摩論が慌てる。 龍白は朱魔隊を押し込む。

 見誤ったな桓騎 俺達の力を・・・貴様への怨念の深さを  龍白の言葉にも桓騎は薄く笑う。黒桜がこっちのセリフだと言い返す。摩論はお頭にひとまず逃げましょうと言う。 逃がすかと龍白が吼えた。

 

 そこに・・・李信推参す! まさかの場面にへ?と黒桜、摩論が口に出す。

 龍白が貴様どこまでジャマをと矛を振るう。しかし李信は躱して一刀を入れる。尚も吼えて戦う龍白。黒桜が待て殺すな、そいつは雷土と同じ目にと言い出す。

 が、李信は袈裟懸けに龍白を斬る! 復讐の心を叩き斬り、黒桜は愕然とし龍白隊は悲愴の咆吼を上げる。勝利の李信も俯き歯がみする。その胸中を羌瘣は知るのだった。

 

 

             

K001_25 恥辱の死に様よりもあえて誇りを有する死を! 

  馬陽の脱出行を経験した信だからこそ分かる。「北斗の拳」ファルコの最後を思い出すなぁ。。。。

 

 

  

 

« 七百六 | トップページ | 猫に小判 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七百六 | トップページ | 猫に小判 »