2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 広場で日本が負けた理由を知る | トップページ | 生命が世界の全ての理 »

2022年2月19日 (土)

キングダム最新巻

お話は#691~#701まで

(。・∀・)ノ゙桓騎、お頭の功罪の巻に尽きる。

📖始回終回      

 この後に遂に李牧復活するので秦と趙の中華天王山はまだまだ終わらないのです。

         

 

💥⚔️戦争は勝てば全てが許される訳ではない。勝ってもその後の未来で生きる人々も考える(政治)必要がある。そのために古来より軍事は政治をする人間でもあった。 日本でも武家が政治をする時代があるのはこの理由から理解できる。

 時代が下がるにつれ人々との国境は近くなり欲望も広がるにつれて、政治や福祉において対処する仕事が膨大になってきた。故に政治と軍事の担当者をやむなく分けることになった。 仕事量のため、コストパフォーマンスのために人を分けたのであって、本来の仕事の質と価値は同等にして一つになることなのである。
 

 ___*(  ̄皿 ̄)/#____故に戦争犯罪という名で軍人が裁かれても軍人のみ罪有りとは人類社会の歴史上からみても法則に反している。軍人が罪有りというなら文民も罪有りなのだ。

 

 

😨遂に桓騎軍の幹部に犠牲者が出たか。。。 那貴さん転職して正解だったかな。。

« 広場で日本が負けた理由を知る | トップページ | 生命が世界の全ての理 »

キングダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広場で日本が負けた理由を知る | トップページ | 生命が世界の全ての理 »