2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 掴み損ねた | トップページ | 七百十九 »

2022年5月14日 (土)

予報通りの雨の朝に記す

岸田首相はミシェル欧州理事会議長が、広島の平和記念資料館を訪問した際に、被爆地広島出身の総理大臣として、「核兵器のない世界」への歩みを共に進めていきましょうと言ったそうな。
韓国議員・徐秉洙は政治的問題や両国間の感情問題を離れて必要なものを互いに助けて協力すべきという立場から韓日通貨スワップを再開すべきと言ったそうな。

プーチンもそうだが・・・

 

 _photo_20201231071601

 ( ̄_ ̄|||) 上のお二方も人は未来しか観ていないと思う質の人物なようですね。

 過去・現在・未来

 未来だけ観ていれば明日は変わると思えば、歴史という過去と現在は人の世に要らないのだ。

 現在を積み重ねて過去がある。ヤン提督の台詞ですが全く同感ですわ。彼を知りて己を知れば百戦して危うからず。と孫武も記した。

 人を知るには形となっているものから当たって調べる。形とは記録、歴史は当然該当する。同族でさえ行うのに他人他種族でなら尚更のこと。

 人は人を知るには現在から過去を遡って観察する。過去は消えない。過去は忘れない。故に過ちを繰り返すのが人であり、過ち無い人など重みが無い人で有ろう。

 過去を水に流して未来の醜行愚行が許されるわけが無い。

 痛みを知ることは素の自分らの非力を知ることであり、そこから何を目指して思い生きて進むことが始まりになる。その誠の積み重ねが過去の痛みと挫折から克服していく現在になり、未来の信義の積徳となる。

 過去の罪を振りかざし現在に醜行を働く者は恐喝犯と同じである。国家レベルなら人に対して悪と見なされぬのだろうか。
 現在の困窮を無視して未来に委ねさせる者は扇動者と同じである。国家レベルなら人に対して悪と見なされぬのだろうか。
 未来の理想に進みて現在の苦しみ哀しみを負わぬ省みない者は心ある人から犬畜生に堕ちた者である。国家レベルなら人に対して悪と見なされぬのだろうか。

 

 

   

« 掴み損ねた | トップページ | 七百十九 »

四寅2022」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 掴み損ねた | トップページ | 七百十九 »