2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 七百二十三 | トップページ | 七百二十四 »

2022年6月25日 (土)

今期いちばん

🥵兎に角暑い暑い。⛱️梅雨の筈なのに殆ど雨が降っていない。😰長雨はどうした? 😺猫のために梅雨の寒さ対策としてホットカーペットがあったが本日しびれを切らして片付けました。

春期からアニメ番組を視聴していましたが、1クール作品はほぼ完了。今期は珍しく楽しめた期間でした。やはりいちばんは・・・、

[]~( ̄▽ ̄)~*パリピ孔明ですね!! 最初に原作から読んだ頃は相当苦労しましたが、馴染んで本当に良かったと思ってます。 👍🏻大当たりでした。 📀ブルーレイ買おうかなと思案中です。

「キングダム」も勿論見ています。第四期のテーマは王の夢ですからね。第三期とは異なり、正に李牧の言うように内乱期の戦いでして、自分達が求めるモノが何かをはっきりさせる戦い、自省の戦いであります。

《キングダム記事特集》

  1. コミック最新巻
  2. 連載記事「簡」

 

「スパイファミリー」は途中から会社の先輩に勧められて視聴しました。😁結構嵌まりました。 2期めも視聴予定枠にしました。楽しみです。

 うしつぎはアーニャから日本近隣の大陸国家の攻撃手法を学ばせて頂きました。         

 📺😐「カッコウの許嫁」「デート・アライブ」も見ましたが、パリピ孔明の喜び度半分ですね・・・。

 

 _photo_20201231071601

やはり原作があるアニメだと予防線張りやすい。予防線はすなわち戦略ライン。

    

💥現実の世界ではロシアがまだウクライナと衝突していますが、

╯︿╰現在のうしつぎはニュースを見る度にヤン提督と諸葛丞相を思い出しております。

 

« 七百二十三 | トップページ | 七百二十四 »

四寅2022」カテゴリの記事

コメント

あまりの暑さに、へばりそうなCIC担当です。
 
この暑さには、本当に参りました。
昨日は群馬で観測史上最悪の40度越え。
埼玉在住の私は、熊谷で38度。
埼玉のすべての観測点で猛暑日というニュースを見て、顔が引きつりました。
 
春期のアニメ番組で見ているのは、キングダムだけですね。
SPY×FAMILYも途中までは見ていたのですが、メンタル面の異常がぶり返して、楽しいと思えず見るのが苦痛になって、やめてしまいました。
その中でも、キングダムは楽しめるので、偉大な作品だなとひたすらに感じています。
夏期には、何か楽しめる番組はないかな…?
アニメに限らず、テレビはどれを見てもつまらない。
お笑いタレントばっかりのくだらない番組だけで、テレビを見るのはニュースくらいです。
本は、ラノベでリハビリスタートです。
 
今、最も関心があるのは、防衛費GDP比2%に引き上げるとして、財源をどこから持ってくるかです。
増税か、国債発行かのどちらかでしょうが、どちらも茨の道。
5000億から1兆くらいかなと見ております。
装備品の更新等で、5兆増でも足りないと見ておりますが、今の自民党に国民も茨の道を覚悟はできないでしょう。
 
それでは、暑さと体調にはくれぐれも気を付けてください。

 まさか6月からクーラーを付ける羽目になろうとはと電気代が嵩む→岸田総理の無夢手に選挙に自民党はずそうかと本気で考えてます。
          
>埼玉在住の私は、熊谷で38度。埼玉のすべての観測点で猛暑日というニュースを見て、顔が引きつりました。
        
 うしつぎの地元県が住所とは。。。 今の今まで関西か北陸だと本気で思ってました。自分のメル友の傾向がそっち方面なので。
          
>夏期には、何か楽しめる番組はないかな…?
       
 うしつぎは原作頼りでいくつか視聴しますがおそらく一ヶ月持たない。。。パリピよりも喜び度数が三分の一でしょうから、キングダムのおさらいになるでしょう。
      
 キングダムではいよいよ秦国の政治バトルがクライマックスシリーズですよ!!! 政治とは何を目指すかよく吟味視聴できるでしょう。 しっかしこのアニメって本当に時勢の流れにマッチするなぁ。。。。 私は今でも国会議員(特に野党)はキングダム愛読してから出馬せよと言いたい。
        
>今、最も関心があるのは、防衛費GDP比2%に引き上げるとして、財源をどこから持ってくるかです。
    
 確かに国防予算は当今の世界情勢から間違いなく問われ、今後は大事になることは疑い在りません。 だがカネも大事ですが、それ以上に大事なのは人であります。
            
 きれい事と思うかも知れませんが、本当に大事なのだから仕方が無い。 装備が良くてもそれを振るう兵士を支える法律、兵站、基地整備がそれ以上に先に行わねば為りません。 そして、そういうことを考える政治家、世論を助ける言論の自由こそまた大事であります。 カネカネとマスゴミが騒いで予算問題に転嫁してうやむやにしようとする声に乗せられてはいけません。
        

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七百二十三 | トップページ | 七百二十四 »