2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

分類毎に読む

無料ブログはココログ

秦戦紀

  • Sample01
     歴史大作漫画「キングダム」全感想記事を戦争毎にまとめた目次録。リンクを張る場合はコメント欄に一言あるように。
     ◆目次解説並後書 
     

« 読書感想 | トップページ | 七百二十二 »

2022年6月11日 (土)

読書感想

  理性的な核保有国は、「核兵器を気ままに使ったあとには、自国の政府所在地や大都市が大量破壊兵器で報復される」といった、「その先」にやってくる結末をよく考えるように、互いに、仕向けられます。

かわぐちかいじ氏の漫画で核兵器の長所は威嚇のみと看破したのは凄いわ。

 しかし、スンニ派イスラム教国のパキスタンが1998年に原爆(原子核分裂爆弾)実験をしてみせたあとの現在の世界では、核兵器の保有者がいつまでも理性的であるのかどうかは、誰にも分からなくなっています。パキスタンの国歌構造は「政府」と「陸軍」による二重統治です。肝心の核爆弾は、政府でなく軍が管理しています。 政府はその貯蔵場所すら知らない・・・・・・。

 💧無知なうしつぎ。。。読書はすべきだわ。。。

 いまどき誰でも、小荷物に偽装した原爆を、民間の飛行機や商船等に隠してアメリカ領土内まで運び入れ、アメリカ本土内で「核爆発テロ」を敢行することは理論的に可能なのです。

 北朝鮮やゲリラ活動組織が恐ろしいのはその点もある。。。核兵器はその破壊力故に拡散する恐れ。

 1991年にソ連邦の解体が急激に進んだとき-ソ連の一部だったウクライナやカザフスタンなどに冷戦中から大量に配備されてきたロシア軍の核地雷や核砲弾などの戦術核兵器(小型核爆弾)が、領土の分離や独立の混乱に紛れて、国際闇マーケットなどへ流出しそうになりました。
 テロリストやジハーディストや「ならず者国家」の手に渡ってしまう危険が生じたのです。アメリカもこれを機に、海外の基地に貯蔵していた核砲弾の類いをどんどん廃棄する方針に転換したぐらいに、それは真剣に懸念された事態でした。

成程。核兵器廃絶の流れがあった時期はそういう理由からか。命を大事になんての理由ではないだよね、やはり😞。。。

 

中国大陸では、「反日教育」は、近年に始まった国民洗脳ではありません。もう1920年代から、蒋介石政府が小学校以上での反日教育を開始させていました。つまり反日宣伝は、中国大陸で一世紀近くも連綿と続けられている一大国家事業といえるのです。 (中略)途切れたことはありません。

💦すなわち東アジア、東アジア半島は反日半島というべきなのだな。

  • 中共の核兵器が一番に狙う日本の街は横須賀。米国海軍の極東海域における「代替が利かない」利便性を提供してくれている根拠地が理由。
  • あくまで軍事基地狙い、アメリカ領土でなく日本領土。と北京が公式に声明されれば、アメリカ政府としてもそれと「同等」の報復以上のことはやりにくい。
  • 結果、アメリカ軍のお返しは海南島のミサイル原潜基地が最有力候補。北京から遠く、死の灰を浴びることはないため「相互エスカレーション」を沈静化できる。次の敵の攻めにも釘を刺す。もしやるなら次は近くにやるぞと。
  • 中共の核攻撃は対米戦争の序盤の政治的駆け引きであるが、ロシアの核攻撃は「米露相互確証破壊」による「ドゥームズディ」を覚悟した時。

とするとロシアの核兵器は日本には無差別になる恐れがあるのか。道連れにすると。。。

日本列島には、米軍が利用できる滑走路や海港は、それこそ何ダースも存在するからです。~横田基地や、嘉手納空軍基地の機能ですら、戦時には柔軟に、その一部をあちこちへ分散・移転させることが可能です。

 米軍だからか。航続距離、遠距離の兵器は戦略面で重大。長期的な利益(軍の活動が不可逆的に不活性化する等)を考慮している効率よき軍隊。

  • 核爆発は地表〈接触〉爆発、海中か、海面に接触させるタイプ。水中の爆発エネルギーは空中より凄まじい。地表ではクレーターに出るガラス状「トリニタイト」のガンマ線が永久に放出していく。
  • 核のドゥームズディはピルグリムファーザーズから建国した米国は強く、国民の愛国心が足りない中露は弱い。露は国境の外に緩衝地帯を設ける(国境の外側も支配)。

衆生の祖国愛が足りない国家は弱い。

  • WWⅡ直後に旧満州(東北三省)支配したがアメリカ指導部(1931年満州事変以前の現状維持路線支持者ヘンリー・スチムソン派)が東京裁判前に直談判して撤兵させた。
  • 中共は清朝領土だからロシアから返還してもらう権利がある、と主張して宣伝する。
  • 戦時には兵力差が大きいために露は戦術核兵器でその差を減らそうとする。

故に中ロは辺境戦争でも戦術核兵器を使うことをためらわない。

核兵器は在庫を意識するために全てを戦時に投下しない。「核兵器は余らない」=保有国にとってはいくらあっても安心できない。故に日本には数発。目標は東京都。次点候補はの造船所がある神戸(兵庫県)、東海村(茨城県)、六ヶ所村(青森県)、熊取町(大阪府)、大洗町(茨城県)、日本の地中海の出口である馬関(関門海峡)。中共はインドの核兵器を無視できない。

日本が軍事同盟を組む国家にインドは相応しい。日本の核武装は確かに効果絶大だ、アメリカにとってもだが。。。

発射の早さはICBM(大陸間弾道ミサイル)>SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)>戦略爆撃機からの発射。重力地図があるから戦略兵器の正確さが確保できる。中共はオーストラリアからのミサイルが脅威。中共が射程を伸ばそうとするとロシア、アメリカが黙っていない。長距離弾道ミサイルは弾頭を非核にすると破壊する敵資産よりもロケット製造費用が高額になり財政が悪化する。核兵器は圧倒的な結果〈破壊・殺傷・恒久汚染〉をもたらす兵器。

あに

gっy」東京には真面目の防空壕は付帯していない。大病院や消防救助機動隊も外に分散していない。核はでかくても破壊力に直結するわけではない。核の破壊は地形にも左右され起伏の激しい場所では最大の効果は期待できない。 儒教圏内人は日本を嫉妬する。呉越のように相手を下げることで破壊しやすくさせる。

弾道ミサイルの射程にはできるだけの余裕が必要、狙われやすい場所では攻撃されてしまうから。毒ガス、ウィルス兵器は暗殺特化兵器で大量破壊兵器には適さない。核兵器に備えて皇居から離れた朝霞駐屯地にこそ防衛省の場所に相応しい。他にも分散配置できるように整備すべきだ。重傷熱患者の治療が出来る公務員や医者その他の人達を研修で増やしておく。所沢が被害に遭っても長野、群馬に救援補給品のストックがあれば大丈夫。巨大な上水真水タンクがどの家や建物に必要。火傷対策は核兵器攻撃には何より大切。地下蔵、急角度の屋根。都市の同心円状の発展かを阻止して一本線上に発展させる都市計画。米軍基地との共有化。敵潜水艦の破壊による潜水艦発射弾道ミサイルの阻止。岩国航空基地は13㍍の水深があり、海兵隊サポートが充実している佐世保軍港、呉軍港は弾薬庫などが広島や長崎に近いので攻撃したいが、その後の非難報道からの攻撃が激しいので攻められにくい。

ああ北朝鮮は米軍基地には攻撃できない。自衛隊の小牧、千歳基地が対象になる。

恐怖は見せしめによる威嚇。見せしめは実害を想像させるものであって、実害を与えるものではない。

どんなハイテクレーダーでも飛来する敵ミサイルが非核か核かはわからない。

ああ

釜山が万単位の上陸港になるので必ず破壊される。THAADは釜山を核ミサイルから守るためのもの。ソウルは地下への避難路や案内表示もある砲撃にはずっと東京より強い都市。

 

 

« 読書感想 | トップページ | 七百二十二 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書感想 | トップページ | 七百二十二 »