« TB機能はそれほど不都合? | トップページ | 桶狭間戦記‐最終章‐〔改訂版〕第19・20話。天に挑みし勇者達の時代。 »

「塚原卜伝」第二回_BS時代劇 

#「御前試合」

あてもなく都に上った新右衛門。道中で狼藉者たちから女性たちを守った。女性たちを助けた新右衛門は構わずにそのまま京への道を進む。

京に入るが宛ても無いので困ってしまう。鹿島の地では新右衛門の武者修行の成果を知って家族はご機嫌だった。

その頃、宿に停泊していた新右衛門は突然の来客が訪ねる。

その者は新右衛門が助けた女性が大内家の家中の娘だと明かされる。驚く新右衛門を屋敷までご同行願うと家中の者に連れて行かれる。 

助けた女性は平賀丹波守の娘だった。丹波守は新右衛門の素性が鹿島の太刀の使い手であることも知っていた。後をつけられていたが新右衛門は気づいていた。従者がいたのだった。

京八流の使い手と試合を求められる。三人と試合をしたが全部勝利した。丹波守は新右衛門を当家に留める。 隠密を後で呼び、思わぬ拾い者だと驚きつつも喜ぶ。

                         

丹波守は新右衛門を御前試合に誘う。管領と管領代・大内義興でそれぞれ武芸者を出して戦わせることになった。管領からは鞍馬流の大野秀孝といい、二十戦全勝だという。新右衛門は海内無双相手に不足はないと御前試合を受ける。        

暫く稽古する新右衛門。その間におみつという商人が丹波守の屋敷に来た。唐物の壺をたくさん見せられる。大内家では京都の将軍様のおもてなしに唐物を出そうとしていたのだった。 壺を見せられた新右衛門は壺は水が漏れないのが良いと言う。皆はそれを聞いて笑うのだが、あとでおみつは面白い人だと心に留め置く。

         

死ぬのはつまらぬ。自分の父は戦乱で殺されていた。命を懸けて何になるのでしょう、腕比べなのにと丹波守の娘に新右衛門は言われてしまう。試合、しかも真剣試合に焦りが出ていたので機嫌をそこねて、屋敷から外に出る。

そこで風流踊りを見る。後を追いかけてきた娘から風流踊りと教えられる、祈る踊りだと。

新右衛門は踊りから鹿島での楽しい踊りを思い出す。鹿島でも踊りや祭りが多かったと。

新右衛門は一緒に踊ろうと娘を誘う。風流踊りから悟る。思いつめては勝てぬ。身が硬くなっては勝てぬ。伸びやかにして己の剣を振るうことに専心する。

遂に足利義尹将軍の御前試合が始まった。 相手の大野秀孝が強い。左門から見てもヒヤっとする場面がいくつもあった。新右衛門は苦戦している。倒されもした。踊りを思い出す。 

虚実惑わされるな、天、地を思え、ただ心を伸びやかに

人中を守るように剣を構えて、そのまま進む。 大野が戸惑い、鹿島の太刀に誘い込む。
舞を舞うように剣を振るった新右衛門は最後は大野に突きで勝った。

勝利した新右衛門はその夜、酒席で義興に褒められる。 大野は誠に剛の者だったと新右衛門は述懐する。

(* ̄ー ̄*)一度の価値に慢心する人ではない。。娘が恨みによる報復を恐れるが、丹波守は新右衛門が御前試合が終わった後でも鍛錬を積んでいたのだった。

          

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙下手に盛り上げようとしない時代劇。見ていていい気持ちになりますね。

|

« TB機能はそれほど不都合? | トップページ | 桶狭間戦記‐最終章‐〔改訂版〕第19・20話。天に挑みし勇者達の時代。 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/52945613

この記事へのトラックバック一覧です: 「塚原卜伝」第二回_BS時代劇 :

» BS時代劇『塚原卜伝』第2回 [悠雅的生活]
〜御前試合〜 [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 22時47分

» 神様の統治の下に、地球は再編される・3 [【 日々の感謝 】]
「精神と肉体の本質はどちらか」 人の身体は、神様が霊成型(ひながた)にて造られ、それに神々様の御霊を分け入れて頂いたものです。 人の本体は霊魂です。神様から与えられた「分け御霊」です。 この霊魂は、変幻自在の形に変化し得えますが、一つの基本の型もあ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 07時09分

» BS時代劇『塚原卜伝』 第二回 御前試合 [レベル999のgoo部屋]
『御前試合』 内容 新右衛門(堺雅人)の小田原での一件は、故郷の鹿島に影響を与えていた。 鹿島の太刀を習いたいと者達がやってきていたのだ。 思惑通りになったと喜ぶ実父・卜部吉川(中村錦之助)松本備前守(永島敏行) が。。。真剣勝負ということもあり 母・藤枝...... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 20時44分

» BS時代劇「塚原卜伝」第2話〜痛快、御前試合で堺雅人の超速剣が舞う!! [世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)]
「塚原卜伝」第2話『御前試合』 鈴鹿をこえて、京の都にいよいよ着こうかという時に、賊に襲われている鹿乃(京野ことみ)の一行に出くわした新右衛門(堺雅人)と左門(平岳大)は、賊を簡単に撃退。 なにやら、冒頭に賊が現れて一悶着ある流れは『勇者ヨシヒコ』を思い出させちゃいます。(「塚原卜伝」ではボケもギャグもないけどね) −◆− この鹿乃が、大内家の家老・平賀丹後守(風間杜夫)の娘だったことから、大内家の屋敷に招かれた新右衛門&左門。 単に娘を救ったことへの感謝かと思いきや、平賀丹後守は... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 10時46分

» BS時代劇「塚原卜伝」第2話 [またり、すばるくん。]
第2回「御前試合」 [続きを読む]

受信: 2011年10月13日 (木) 15時00分

« TB機能はそれほど不都合? | トップページ | 桶狭間戦記‐最終章‐〔改訂版〕第19・20話。天に挑みし勇者達の時代。 »